子供の矯正

成長段階におこなう矯正治療

子供

早期段階での矯正治療のメリット

子供の時期に行う矯正治療が小児矯正です。歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことにより、より理想的な治療を行うことが出来る場合があります。

なぜなら、顎骨の成長が終わってしまっている大人は、歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供は成長段階にある為、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。

また、子供には虫歯や歯周病の治療跡がほとんどないため、大人に比べて矯正装置がつけやすいのです。

小児矯正が必要な理由

  • アゴの成長をある程度コントロールできる
  • 矯正のために歯を抜く確率が低くなる
  • 成人矯正する際矯正の治療期間が短く、良い結果が得られやすい
  • 矯正期間中の通院で効率的に虫歯予防ができる
  • 大人になってからの矯正を行う必要がなくなる場合がある

治療について

有効な時期

アゴの骨が成長する6歳~14歳までの間に矯正を行うと有効だと言われています。この時期に矯正を行うことによって、歯とアゴや上アゴと下アゴの大きさのバランスをある程度コントロールすることができるからです。

抜歯を避けるために

永久歯が生えそろってから治療を始めると歯を動かす空間作りに抜歯が必要になることがあります。抜歯を避けるために永久歯の生え変わりの様子を見ながら矯正を行っていきます。乳歯の時期から治療をはじめると万全な準備ができます。

治療期間

永久歯の生え変わりの様子を見ながら矯正を行って行くため、通常の矯正よりも長い治療期間・観察期間が必要になることが多くなります。(通常、歯の生え代わりが終わる15歳前後までは経過を観察する必要があります)

また、永久歯が生え揃ってから再度矯正が必要となる場合もあります。

小児矯正のレパートリー

床矯正

床矯正

入れ歯のような装置を歯の裏側に入れてあごを広げ、歯が生えるスペースをつくる治療方法が床矯正(しょうきょうせい)治療です。歯をできるだけ抜かずに歯ならびを矯正できます。

顎がきちんと育っていないと細くて狭い顎に歯がきれいに並びません。そうならないように、「顎を拡大する治療」が床矯正です。また床矯正は咬合誘導の一種とも言えます。

咬合誘導は、生える時期が異なる永久歯が正しく生えるように誘導する治療です。永久歯の生え具合いを診ながら“きれいな歯並び”と“適切な咬み合わせ”を目指します。

床矯正の特徴

  • 歯を抜かずに矯正できる
  • アゴの成長を良い方向に促す
  • 必要な時に矯正装置を外すことができる

ムーシールド(反対咬合矯正)

ムーシールド

例えば、乳歯列期に受け口(反対咬合)を比較的簡単に改善できる矯正装置として「ムーシールド」があります。

寝るときだけ、この装置を装着する事によって舌や口腔周囲筋の状態が整えられ、反対咬合が改善してきます。

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 矯正歯科
  4. 子供の矯正