診療の特徴

今井歯科(LMGグループ)3つの特徴

コミュニケーション

痛みを極力
抑えた治療

マイクロスコープ
を用いた精密な治療

コミュニケーション(対話)

コミュニケーション(対話)

患者さんとコミュニケーションをとることによって、患者さん1人1人にあわせた治療プランを提供できるからです。当然、スタッフや他の医療機関とのコミュニケーションも大事です。それは質の高いチーム医療の提供につながるからです。

人間の歯やお口の中は年齢とともに変化します。それはその人の辿ってきた体の歴史です。1人1人お口の中は違っていて当たり前、だから患者さんと話す事で、いろいろな情報を得ながら治療プランを立てていくことが必要なのです。

痛みを極力抑えた治療

歯科が苦手な患者様に対して、安心して通院いただけるように、最先端の医療機器と技術で痛みの少ない歯科治療をご提供します。

痛みを極力抑えた治療とは、歯の治療を行う際はもちろん、治療前の麻酔の段階から、痛みを最小限に行う歯科治療を指します。非常に多くの方が歯医者での治療に対して『痛いし、怖い』とのイメージをお持ちだと思います。

今井歯科では、全ての患者様に対し、極力痛みのない治療を受けていただけるよう努めております。

使用する麻酔

表面麻酔剤

表面麻酔剤

針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させ、注射針を刺す痛みを減らします。

電動の麻酔注射器

電動の麻酔注射器

電動注射器を使用すると 従来より細い針が使え、刺した時の痛みがおさえられます。注入時の圧力が一定で、 手ぶれもなく、ゆっくりと痛くないように麻酔ができます。

静脈内鎮静法

治療に際して不安感・恐怖心を今まで経験されている方には静脈内鎮静法という治療方法があります。腕に点滴をしながら鎮静剤を投与することで、少しぼーっととした眠くなる状態を作る方法です。

うつらうつらとした状態になりますが、全身麻酔とは違って、意識が完全に無くなる事はありません。治療中の記憶が無い場合もありますが、治療後にゆっくり体を休めることによって意識は徐々に明瞭に戻りますのでご安心ください。

マイクロスコープを用いた精密な治療

今井歯科ではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用した精密治療を行なっております。マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)により肉眼の約20倍の拡大ができ、丁寧な治療が可能となります。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)のメリット

高い精度での治療

肉眼ではわからない箇所を拡大可能なため、非常に小さなポイントでも診断でき、高い精度で治療ができます。

審美性に優れている

虫歯で治療をする際に、必要最低限の箇所を削ることができるため、歯質保存可能となり、結果審美性に優れます。

術後回復が早い

インプラント治療や歯周病治療で手術が必要な場合でも、術後の腫れや出血量が少なくすみ、痛みが少ないなど、術後回復が早く、治りもきれいになります。

コンディションの良さ

口腔内治療は、歯科医師サイドが覗き込むことになり、無理な姿勢を要しますが、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を利用する場合は、肉体的負担がなく、万全の体制で治療に臨めます。

  1. ホーム
  2. 診療の特徴