審美歯科

審美的歯科治療のご案内

審美的歯科治療

口元というのは、案外他人に見られているものです。口元の印象がその人のイメージになってしまうことも実は少なくありません。歯の治療は保険治療でも可能ですが、保険の場合、見た目に問題が出てしまう場合もあります。

審美的歯科治療なら口元の美しさを求めつつ、歯を健康的に治すことができます。審美的歯科治療というと、見た目だけをよくする治療だと思われがちですが、実は見た目だけでなく、健康上でも大きなメリットがあります。

審美的歯科治療ではより歯や体に優しい、生体親和性の高い材料を使用しますので、見た目を美しく治療できると同時に、歯や体の健康を保ちやすくなります。

保険治療と自費治療の違い

保険治療と自費治療

保険が適用される治療と保険外の治療は見た目以外にも大きな違いがあります。それは、治療の精度の違いなのです。保険でも最善の治療が出来るかというと、それは現実的には難しいのです。

歯科治療の質はどれだけ時間と手間をかけるかによります。金額が大きければそれだけ時間をかけられますから、手間のかかる治療法であったり、保険が効かない高価な材料を使うことも出来ます。

  • 自分の口元に自信を持って生活していけること
  • 自分の口を健康に保つために、最高の治療を受けること

これらに、あなたはどれだけの価値を見出すでしょうか?価値を感じる方には、保険外の治療も検討されることをオススメします。

体にも優しい審美治療

「奥歯で目立たない場所だし、銀歯でいいや」という方は結構多いものです。確かに「銀歯は強いし、目立たなければいい」、そういう意見もあるでしょう。

ですが、保険で使われている銀歯は種類が決められており、歯の機能を最低限に回復する程度の材質でしかなく、決して歯や体に優しい材料とは言えません。実際に、銀歯の腐食などによって数年後虫歯の再発を起こすケースは珍しくありませんし、銀歯によって金属アレルギーを起こす方もいます。

また、金属イオンの溶け出しにより、歯茎が黒く変色してしまうこともあります。審美歯科治療で使用する材料は、歯や体になじみがよいので、虫歯を作りにくく、体への悪影響もありません。

できるだけ見た目を良く、体に害がなく、長持ちする材料で治療をしたい、という方は審美的歯科治療をおすすめします。

銀歯は気になる?気にならない?

前から4番目の奥歯を保険が適用される銀歯にすると、笑った時にキラッと見えてしまう方が多いです(口の大きさによって変わります)。また、もっと奥の歯でも、下の歯だと大きな口を開けて笑うと、たとえ奥歯であっても、かなり見えてしまいます。

人と話をしていて、「あっ、銀歯が入ってるんだな」と思うことがあるのではないでしょうか。もちろん、銀歯が入ってることが全く気にならないという方もいらっしゃるかと思います。しかし、一方で「銀歯は入れたくない」という方がほとんどです。

しかし、白い歯を入れたくても、金銭的な事情で入れられない方が多いのが実情です。ということは、「別に銀歯で良いよ」と言っている本人は気にならなくても、それを見ている人の多くは気になっているのではないでしょうか。

白くてキレイな笑顔と銀歯がキラッと見える笑顔ではどちらが良いでしょうか?その違いにはどれだけの価値があるでしょうか?

審美治療メニュー

オールセラミック

全てがセラミック(陶材)でできている人工物です。部分的に詰めるインレー、全体的に被せるクラウンがあります。金属を一切使用しませんので、天然歯に最も近い、透明感のある美しさを再現できるのと同時に、金属アレルギーや歯茎の変色を起こす心配もありません。

メタルボンド

金属のフレームの上にセラミックを焼き付けてあるセラミックの被せ物です。オールセラミックほどの透明感はありませんが、強度に優れるため、力が強くかかる部分やかみ合わせの強くかかる部分、ブリッジなどに安心して使用することができます。

使用する金属は保険のものと異なり、貴金属を多く含んだものとなりますので、金属アレルギーや歯茎の変色が起こりにくいメリットがあります。

ジルコニア

ジルコニアはセラミックの一種ですが、透明感に優れているだけでなく、非常に強度に優れ、金属よりも硬いという特徴があります。

ジルコニアは非常に硬いため、一昔前までは歯科材料として応用することが不可能でしたが、現在ではジルコニアを加工できる機械が日本でも認可されたため、ジルコニアを使用した治療が可能になりました。

これにより、以前だとメタルボンドでしか治療ができなかったブリッジや、力のかかる場所に対しても、メタルフリーで、セラミックのみでの治療ができるようになりました。

ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチックをかけ合わせた材料で、両者の利点を兼ね備えた特徴を持っています。

例えば、セラミックよりは摩耗しやすく、プラスチックよりは摩耗しにくいという特徴があり、透明感はセラミックよりは劣りますが、審美性は高く、変色しにくい、またリーズナブルというメリットがあります。

強度の関係で、大臼歯の被せ物としては適用できない場合があります。

ラミネートべニア

セラミックのベニア(薄い板状のセラミック)を歯の表面にくっつけて、歯の見た目の改善をします。歯をたくさん削って被せる、ということをせずに、歯の表面を薄く削るだけで見た目が改善できるため、歯にとても優しいのが特徴です。ホワイトニングで白くできないような濃い変色、すきっ歯の改善などに適しています。

歯のクリーニング

歯の表面についた着色やタバコのヤニをお取りします。歯石が付いている方は、この治療の前にスケーリング(歯石除去―保険適応)が必要です。PMTCでは茶シブなどの色素が沈着した歯の、表面の汚れを研磨して取り、歯を白く、きれいにします。

また、歯の表面へのカルシウム補給を助けて汚れをつきにくくします。歯肉の溝の中の細菌を減少させるので、健康になります。はれていた歯肉は治まり、歯肉が引き締まってきます。虫歯予防とともに、歯周病の予防に大きな効果があります。

ホワイトニング

歯をお薬で白くします。ホワイトニングには2通りの方法があります。歯科医院で行うオフィスホワイトニングとご自宅で、自分自身で行うホームホワイトニングです。

セレックシステム

セレックシステム

セレックとは、セレック(CEREC)とはCEramic REConstruction(セラミック修復)のことです。

コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。

院内で修復物を作成できるので、一般的な修復物より経済的。また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も非常にスピーディーです。

セレックの主な特徴

よりご自身の天然歯に近づいた審美性

数多くの大きさと色調のものの中から、患者様の歯に一番近いセラミックのブロックを選択します。自然感あふれる白い歯は、美しくお口の中で調和します。

さまざまな歯の色に対応し、隣り合う歯によく馴染む新素材の高品質セラミックブロックは、審美性に非常に優れており、噛み心地や舌触りなどの質感もご自身の歯と同じような自然な感触です。強度は天然歯とほぼ同じで、噛み心地もとても自然です。

安全で安心、体に優しいセラミックでできています

セレックはセラミック(陶材)を使用しており、金属アレルギーの心配がありません。生体親和性が高く、変色や摩耗などの心配も不要で体に優しい素材です。また、水銀過敏症、経年劣化・腐食・金属溶出などが無く身体に優しい素材です。

とにかく早い!短期間での治療も可能です

歯科技工所に依頼することなく医院内で全ての工程が完了するため、即日仕上げも可能となりました。大半の症例は約1時間で終わるほど短時間の治療です。そして、1回の通院で修復物をセットできるため、通院の回数を大幅に削減できます。通院の時間がなかなか取れない患者様に最適な治療です。

コンピューターを使用した精度の高い修復物

最新のコンピューターシステムを利用し、従来の手作業に比べて大きく時間を短縮しただけでなく、高い品質と精度を持つ安定した修復物の提供が可能になりました。

治療にかかる費用も抑えられる

セレック治療では、歯科技工所に依頼せず修復物を院内で作製します。そのため、人件費を削減でき比較的リーズナブルにご提供できます。治療が短時間で、少ない通院回数で治療が終わりますので経済的です。

こんな方におすすめです

  • 忙しくて、治療時間がなかなか取れない方
  • 審美性が高く、白くてきれいな歯を希望されている方
  • 比較的、リーズナブルな審美歯科治療を受けたい方
  • 金属アレルギーの方
  • 銀歯を自然な白に替えたい方

ホワイトニング

ホワイトニング

歯の黄ばみなどの変色にお悩みの方はいらっしゃいませんか?歯の変色が気になっていると、口元に自信がなくなってしまいます。

歯科のホワイトニング治療なら、専用のホワイトニング剤を使うことで、内部に入り込んだ着色まで白くすることができ、ご自分の本来の歯の美しさを引き出すことができます。

こんな方におすすめです

  • 歯の黄ばみが気になる方
  • 年齢とともに歯の色のくすみが増してお悩みの方
  • 歯を削らずに白くしたい方
  • 効果的な方法で歯を白くしたい方

ホワイトニングの種類別のオススメ

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院の診察室で行う、全てお任せのホワイトニングです。歯科医師または歯科衛生士が専用の薬剤、器材を用いて丁寧に行いますので、ムラのない仕上がりになります。

通常、高濃度のホワイトニング剤を用い、効果を高める光を当てるなどして行いますので、効果が出るのが早いのが特徴です。一回で目に見える効果が現れる場合がほとんどですが、ご希望の白さになるまで何度か行うこともあります。

メリットとデメリット

メリット

  • 一回の施術でも効果が出やすい
  • 全てお任せでできる

デメリット

  • ホームホワイトニングよりも一時的な知覚過敏が出やすい
  • すぐ効果が現れる分、後戻りが起こりやすい

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ご自宅で、好きなタイミングで行うことができるホワイトニングです。

ホワイトニングに使用するマウスピース型のマウストレーは歯科医院で作る必要がありますが、その後はご自宅でご自分のペースで進めていただくことができます。

安全性のために低濃度のホワイトニング剤を使用しますので、効果がゆっくりではありますが、じわじわとエナメル質の内部まで白くしていってくれるため、より自然な仕上がりなのが特徴です。また、低濃度のため、知覚過敏の症状も出にくいメリットもあります。

メリットとデメリット

メリット

  • ご自分ペースで進められる
  • 施術のために歯科医院に通う必要がない
  • 知覚過敏が出にくい
  • より透明感のある自然な白さにすることができる
  • 色が長持ちしやすい

デメリット

  • 効果が見えるまである程度期間がかかる
  • ご自分でやるのが面倒な方には向かない
  • 毎日決まった時間続ける必要がある

ホワイトニングをする上での注意点

ホワイトニングは歯を削らずに、薬剤を使って歯そのものを白くします。そのため、ホワイトニングを実施するにあたっていくつか注意する点があります。どんな注意点があるのか見ていきましょう。

  • ホワイトニングはどんな歯にでも適用できるわけではありません。次のようなケースではホワイトニングがあまり適さないか、効果が現れません。

    被せてある歯

    ホワイトニングには、天然の歯に薬剤が作用し、着色の原因となる着色物質を分解することで白くしていきます。そのため、差し歯や被せ物の黄ばみなどには全く効果がありません。

    被せ物や詰め物が多い方

    上で挙げたように、プラスチックの詰め物や被せ物には、ホワイトニング効果は現れません。天然歯の部分だけ白くするということもできますが、そこだけ白くなると、それまで入っていた周囲の差し歯や被せ物の色の黄ばみが目立ってくる可能性があります。

    その際、周囲の被せ物もやり直すと費用や治療期間もかかってしまいますので、その辺をよく考えた上でホワイトニングを行う必要があります。

    神経がない歯

    神経がない歯はだんだんと黒ずんできます。これは歯の内部に栄養が送られなくなったことにより、コラーゲンが変性するというようなことによって起こります。ホワイトニングは歯の表面からの着色に対しては効果を発揮しますが、内部からの変色を改善することはできません。

    神経がない歯を白くしたい場合には、セラミックを被せる方法か、歯の内部から歯を白くするウォーキングブリーチという方法が効果的です。

    薬剤の影響で歯そのものが濃く変色しているケース

    幼少期に服用したテトラサイクリンと呼ばれる抗生剤の影響で、歯全体にグレーの縞模様が出てしまっているケースがあります。軽度の場合にはホワイトニングでも改善が見られますが、変色が重度の場合にはあまり満足のいく効果が得られません。

    歯に亀裂が入っている方

    歯に細かい亀裂が入っている場合、その部分に薬剤が浸透して知覚過敏症状が強く出てしまうことがあります。そのため、このような場合には慎重な対処が必要です。

    知覚過敏の強い方

    すでに知覚過敏がひどい場合、ホワイトニングの知覚過敏も強く出る可能性があります。そのため、この場合にもそのリスクを踏まえた上で慎重に行う必要があります。

  • お体の状態によってはホワイトニングを避けた方が良い人もいます。それは次のような人です。

    無カタラーゼ症の方

    無カタラーゼ症は、遺伝的な病気で、ホワイトニングの薬剤に含まれる過酸化水素が分解できません。そのため、過酸化水素が直接体内に入り込んでしまい危険を伴いますので、行うことができません。

    妊娠中の方

    ホワイトニングが妊娠中に問題を引き起こしたという報告はありませんが、妊娠中は虫歯や歯周病にかかりやすく、お口の状態が悪くなりがちです。また、あまり不必要に薬剤を使った治療は避けるべきです。そのため、通常は行うことはありません。

    成長期のお子様

    成長途中にあるお子さんは、歯の神経部分も大きいですし、歯の成長に影響を及ぼす可能性も否定できないため、ホワイトニングは行いません。

  • お体の状態によってはホワイトニングを避けた方が良い人もいます。それは次のような人です。

    歯をクリーニングしてから

    ホワイトニングの効果を最大限に発揮できるよう、まずは歯の表面にある歯石や歯垢、着色をまずクリーニングしてきれいにしておく必要があります。

    虫歯や歯周病がある場合にはそちらを優先に

    ホワイトニングを行う場合でも、虫歯や歯周病のチェックは必ず行います。もしホワイトニングを行う場所に虫歯や歯周病がある場合、まずはそちらの治療を先に行い、トラブルが起こらない状態にしてからホワイトニングを開始していきます。

歯科医院のホワイトニングがオススメな理由

歯のホワイトニングには、サロンで行うセルフホワイトニングというものもありますが、こちらは歯科医院で行うホワイトニングとは薬剤も設備も全く別なものです。

ホワイトニングサロンで行われるホワイトニングは、美容的なものであり、国家資格を持たないスタッフが行うため、歯科医院で使用するような薬剤を用いることはできません。

使用する薬剤は表面の汚れを落とすだけであって、歯そのものを漂白する効果はありません。そのため、歯科医院で行うホワイトニングとの差は歴然です。

また、当然ながら事前に虫歯や歯周病のチェック、歯のクリーニングなども行ってもらえないため、歯が不健康な状態、歯にステインが付いたままの状態で行ってしまう可能性が高くなります。歯の健康を保ちながら確実な効果をご希望であれば、歯科医院でのホワイトニングをおすすめします。

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. 審美歯科