pediatric_test

小児歯科サービスの取り組み

当院の小児歯科サービスの取り組み

今井歯科は、子どもたちに「この歯医者さんなら大丈夫」と思ってもらえるような歯医者さんを目指しています。小さな頃に歯医者の苦手意識を植え付けず、抵抗なく通える習慣を身につけておくと、大人になっても健康な歯を維持しやすくなります。

ママ・パパが安心できるように

小児歯科専門ドクターが在籍

専門的に悪い部分を見落とすことなくしっかり診ます。

成長に合わせたキットのご用意

成長段階から正しい咬み合わせや歯並び育成をトレーニングしていきます。

ベビーカーでのご来院も楽々

今井歯科クリニック八潮、今井歯科WESTはバリアフリー設計となっておりますので、ベビーカーでのご来院も可能です。

お子様の「また歯医者さんに行きたい!」を引き出します

がんばったら最後は表彰式

虫歯治療を最後までがんばったら表彰式で賞状とメダルをお渡しします。

楽しく学べるキッズクラブ

表彰式あり。歯医者さんの事が楽しく学べるLMGキッズクラブあり。

診療後はガチャガチャができます

成長段階に合わせて来て遊べて楽しんでもらえるプレゼントもあります。

慣れるまで治療はしない安心感

お子様に早く慣れてもらえる当院独自のテクニックで心を掴みます。

子供の年齢に合わせた治療法

当院ではお子さんの年齢に合わせた治療方法、治療手順、ケア方法を重視しています。

未就学児の小児歯科(1〜5歳)

未就学児の小児歯科

ママ・パパへのメッセージ

そもそも泣かないでっていうのは難しいんです。怖いものは怖いんです。子育て中のママ・パパは子供の泣き声が迷惑になるかもしれない・・なんて思ってばかり。でもそんなに周りに気を使わずに、たまには肩の力を抜いてぜひ先輩ママスタッフたち頼ってください。私たちはママ・パパの気持ちにも寄り添える歯科医院でありたいと思っています。

1歳~5歳くらいまでの小児歯科

虫歯のチェック

お子様とコミュニケーションをとりながらスピーディーに虫歯をチェックします。

定期検診

定期検診に来ていただく事で虫歯を未然に予防します。

強い歯をつくるフッ素塗布

フッ素を定期的に塗布する事で歯の表面に結晶を作り、虫歯に強い歯を作るのに役立ちます。

虫歯予防のシーラント

シーラントと呼ばれるフッ素入りの材料で奥歯の溝を塞ぎ虫歯を予防します。

乳歯のむし歯を放っておくリスク

  • お子さんが痛みに苦しんでしまう
  • 食べるのに支障が出る
  • 歯並びや顎の成長に悪影響が出る
  • 永久歯の質や色が悪くなることがある
  • 永久歯もむし歯になってしまう

乳歯は永久歯より薄く、歯の質も弱いため、一度むし歯になると、あっという間に神経に達して強い痛みを引き起こし、痛い歯があると、そちら側では食べないようにしますが、あちこちむし歯があると、どこでも噛めなくなってしまい、食事がうまく摂れなくなってしまいます。

乳歯のむし歯がひどく、生え変わりの時期よりも早い段階で抜歯になってしまうと、周囲の歯がずれて、その後に生えてくる永久歯の生える場所が足りずに、ずれた位置から生えてきてしまい、むし歯でしっかり噛めなくなると、顎が健全に成長しなくなったり歪みが出たりする原因にもなります。

乳歯のむし歯がひどくなり根の先に膿が溜まると、その下に控えている永久歯が変色してしまったり、歯の質が弱くなってしまったりすることがあります。最終的にはお口にむし歯菌が多い状態になるため、永久歯にむし歯ができるリスクが高くなってしまうのです。

小児歯科における目的

よく、「乳歯はどうせ生えかわるから、むし歯になっても放っておいて大丈夫でしょ」と考えているお母様がいらっしゃいます。しかし、これは大きな間違いなのです。お子様の頃のむし歯をしっかり治さないと、丈夫な永久歯は生えてこないのです。

また、永久歯が生えてきてからの歯並びにも大きく影響します。お子様の頃から、しっかりと歯を治すことはとても重要なことなのです。しかも、乳歯は永久歯に比べてむし歯になりやすいのです。それにはいくつか理由があります。

乳歯は永久歯に比べエナメル質も象牙質も半分の厚さで再石灰化の力も弱い

乳歯は弱い歯です

永久歯は一生使う歯ですが、乳歯は永久歯が萌えてくるまでの歯です。永久歯よりも歯の構造が簡単になります。そのために、むし歯になりやすいし、痛くもなりやすい歯です。

乳歯は交換します

乳歯は交換する歯なので、一生持たせるだけの治療はする必要がありません。すなわち、永久歯とは治療方法が違います。永久歯ほどしっかりと削らなくてもいいし、詰め物も永久歯とは違ってきます。

乳歯は永久歯がきれいに見えるための隙間を確保してくれます

乳歯の奥歯は、その下から萌えてくる永久歯よりもサイズが大きいのです。なぜならば、その下から萌えてくる永久歯のための隙間を確保しているからです。乳歯を早くに喪失すると永久歯がきれいに並べることが出来なくなってしまいます。

乳児の頃からの習慣化が大事

乳児

日々の歯磨きでむし歯が予防できていれば問題はありませんが、子供のむし歯は見えない所に発生し、進行が早いのが特徴です。早い時期から歯医者さんに慣れさせる意味でも、1歳頃から歯医者さんに通う習慣をつけたほうが良いでしょう。

歯医者さんでは、お口の中のチェックはもちろん、歯磨きの仕方のアドバイスやフッ素やシーラントなどのむし歯予防処置から、食習慣のアドバイスなどをしてくれます。

乳児の頃から歯医者さんに慣れていくことで、『歯医者さんは怖くない』というイメージが根付きます。そうすることで、小学生になった頃でも抵抗なく歯医者さんに通うことができるのです。

就学児の小児歯科(6〜12歳)

就学児の小児歯科

ママ・パパへのメッセージ

最近歯が生え変わってきたけど歯が大きい気がする・・なかなか歯が生え揃わない・・お子様が大きくなればなるほど悩みも増えてきます。小児矯正や噛み合わせなど将来のお子様の生活に重要な治療が必要になってきます。大切な時期だからこそ、専門性が高く質の高い治療を当院で受けてください!

6歳~12歳くらいまでの小児歯科

虫歯のチェック

年齢が上がるにつれママ・パパの仕上げ磨きが困難になり虫歯もでき やすくなります。しっかりとチェックしましょう。

定期検診

定期検診に来ていただく事で虫歯を未然に予防します。

強い歯をつくるフッ素塗布

フッ素を定期的に塗布する事で歯の表面に結晶を作り、虫歯に強い歯を作るのに役立ちます。

虫歯予防のシーラント

シーラントと呼ばれるフッ素入りの材料で奥歯の溝を塞ぎ虫歯を予防します。

咬み合わせのチェック

噛み合わせに異常があると口腔内の自浄作用が低下し虫歯になりやすくなったりするのでこの時期の咬み合わせチェックは重要です。

歯並びのチェック

出っ歯が気になる・前歯が噛み合わないなど歯並びの気になる点は小児矯正専門医がしっかりチェックします。

小児歯科も大人と一緒。多角的なチェック体制でお子さんの歯を大人になるまで健康に綺麗に守り抜きます

虫歯を見逃さない最新機材

虫歯を見逃さない

当院は小児歯科はもちろん、幅広い分野の治療を最新、最高レベルで提供しています。小児歯科での治療も顕微鏡等を使用し、目視では確認しづらい箇所の虫歯も見逃しません!

食育指導で基礎を築く

食育指導

「食育」とは食事の取り方の略語です。咀嚼の際に分泌される唾液には歯を守る効果があります。それ以外にもしっかり噛む事で顎に適切な刺激を与え顎の成長が促進され、歯が並ぶためのスペースができるように専門的にアドバイスします。

一生に一度の咬合育成を

咬合育成

歯が生え替わりはじめの時期のお子様を対象にした、悪い歯並びの予防の事です。この時期を逃すと正常な 口腔機能を獲得することが困難になります。適切な時期を逃さず、咬合育成をご提案します。

歯並びや姿勢・呼吸という専門領域

歯並びや姿勢・呼吸という専門領域

悪い歯並びは正しい咀嚼ができず脳への刺激が少なくなる事で記憶力に影響すると言われています

悪い歯並びは頭痛を引き起こし、
集中力が低下する

悪い歯並びや噛み合わせの不良は一部の歯根膜に強い衝撃を与える事があります。その結果頭痛や肩こりなどの症状が現れ、勉強に集中できなくなる場合があります。また最近のお子様に多いのが猫背の姿勢です。テレビ ゲームやスマホ鑑賞に夢中になって猫背姿勢になりがちです。その結果下 の位置が下がり、鼻呼吸がしづらくなり、口で呼吸をしてしまいます。口呼吸は百害あって一利なしです。集中力の低下だけでなく虫歯や口臭など 口腔内にさまざまな悪影響をもたらします。

瞬時の判断力や思考力が鈍くなる

スポーツ選手は歯並びが良いのは良く知られています。歯並びが良いと顎 を適切な位置に置く事ができ、安定した姿勢の調整ができるようになります。瞬時の判断力や思考力はスポーツに限らず勉強にも必ず必要ですから 歯並びの改善は必要不可欠になります。

脳全体の活性化されず、
勉強の効率が悪くなる

勉強は脳の働きのひとつです。記憶を含め脳全体が活性化が勉強の効率アップにつながります。

矯正をする前に「できること」をご用意しています

SHISEI BOXで正しく歯並び誘導

SHISEI BOXで正しく歯並び誘導

「正しい姿勢でいることが正しい歯並 びを作る」というコンセプトのもと、歯科医師・理学療法士・発達支援士・保育士という口腔と体の発達の専門家チームが作ったプログラムがテキストとして毎月ご自宅に届きます。おうちで楽しく姿勢改善をサポートし、矯正する前の取り組みとして活用していただけます。

小児矯正が必要な場合もご安心ください

小児矯正も対応

小児矯正専門医による矯正治療

歯並びの悪さは子どもの性格形成や言葉の発音、身体の成長、脳の発育にまで影響を及ぼすことが指摘されており、幼児の3~4人に1人は咀嚼(そしゃく)に問題があり、また高校生の3人に1人は顎に問題があるといわれています。つまりお子様の将来の歯並びや健康状態は形成期でしっかりと適正な治療を行う必要があるのです。当院ではお子さんのライフスタイルに合わせた矯正装置を複数用意し、「精神的・肉体的に負担の少ない方法」を第一選択にしています。しっかり続けられて、歯並び改善の目的を達成できるように一人ひとりに合わせたオーダーメイドの矯正をご案内しています。

豊富な矯正レパートリーでライフスタイルを重視します

子供の矯正の種類

LMG kids Club

キッズクラブ

当院のオリジナルプログラム満載
LMGキッズクラブに是非ご参加ください

大切なお子さまの歯を守るためには、乳歯のうちから虫歯の予防と治療を行うことが大切です。しかし『子どもが歯医者さん嫌いで、治療に行こうとしない』とお悩みのママ・パパがほとんどではないでしょうか?当院では、12歳までのお子様を対象とした歯医者さん嫌いなお子さまも、安心して虫歯の治療が受けられるようLMGキッズクラブを設立しました。お子様に、歯医者を楽しみながら虫歯のない健康的な歯で有り続けていただくことを目的として設立したプログラムです。入会費や年会費は一切かかりませんのでぜひご入会ください。

会員特典

成長記録のデンタルノート

デンタルノートに歯科医師や歯科衛生士が毎回お口のチェック内容を記載し、保護者の方にわかりやすく説明します。デンタルノートはお子様の成長の記録にもなります。

来院児には歯ブラシをプレゼント

がんばったらデンタルノートにシールをはります。4つたまったらプレゼントを差し上げます。

定期的な検診あり

3ヶ月に1回歯科衛生士による歯のお掃除、フッ素塗布を行います。

予防歯科グッズ10%オフ

院内で取り扱うお子さん向け予防歯科グッズが10%オフになります。

虫歯治療が終わったら表彰式

頑張って虫歯治療を終えたら表彰式で賞状とメダルをプレゼントします。

院内ツアー&お仕事体験

院内ツアーやお仕事体験ができます。歯医者さんの気分で歯科治療を身近に感じる事ができます。

シーズンごとのイベントを開催

ハロウィンやクリスマスなど、お子様の思い出に残るイベントを開催します。

小児歯科の治療メニュー

むし歯治療

むし歯治療

穴が開いてしまったむし歯は治療が必要です。年齢やむし歯の状態などに応じ、お子さんに無理のないように治療を行います。まだ削るのが難しいお子さんに対しては、むし歯の進行を抑える進行止めを塗ることもあります。

フッ素塗布

フッ素塗布

お子さんのデリケートな歯を虫歯から守るために、定期的に高濃度のフッ素を塗布します。初期の虫歯ならフッ素塗布で治ることもあります。

シーラント

シーラント

6歳臼歯が生えてきたら、かみ合わせの溝の部分から虫歯にならないよう、溝にコーティングをするシーラントがオススメです。

定期検診

定期検診

定期的に歯医者に通っているお子さんは、虫歯にかかる確率が断然低くなります。

通常3ヶ月ごとに検診に来ていただき、虫歯や生え変わりのチェック、フッ素塗布などの予防処置を行うことが、虫歯にかかりにくい健康的なお口、正常な歯並びや顎の成長につながります。

歯磨き指導

歯磨き指導

歯の健康を維持するために最も大切なのは、お家での歯磨きです。正しい磨き方できちんと磨けるよう、歯科衛生士がお子さんと親御さんに丁寧に、わかりやすくアドバイスを行います。

食育指導

食育指導

食生活も虫歯のできやすさに関係しています。専門的な立場から、虫歯になりにくい食生活のアドバイスを行います。

歯が生え始めたら定期的にフッ素塗布を

はじめての乳歯は生後6ヶ月頃からだんだんと生え始めます。この時期は離乳食も始まり、いろんな食べ物がお口に入るようになります。

また、虫歯菌を周囲の方からもらってしまう可能性もあり、歯がある限り虫歯のリスクというものがつきまとうようになります。そのため、歯が生えたら、強い歯を作るフッ素の定期的塗布をおすすめしています。

  • 歯を強くする

    フッ素は歯の表側にあるエナメル質に結合し、強い結晶を作ります。これによって、虫歯菌が作り出す酸から歯を効果的に守ってくれます。

    初期虫歯を治す(再石灰化作用)

    歯は食事のたびに口の中が酸性になり、その都度歯の表面のカルシウム分が溶け出す「脱灰」と、唾液中のカルシウムやリン酸などのミネラル成分が歯に沈着する「再石灰化」を繰り返しています。

    このバランスが崩れると虫歯ができてしまいますが、フッ素はこの再石灰化を助ける働きがあり、初期の虫歯も修復してくれます。

    抗菌作用がある

    フッ素には抗菌作用があり、虫歯の原因菌に対しても効果があります。これにより、虫歯菌の働きを弱めてくれます。フッ素は定期的に塗布することにより効果を持続させることができます。

    当院では通常3ヶ月ごとの定期的塗布をおすすめしています。また、ご家庭での歯磨きにはフッ素入りの歯磨き粉を使用すると、さらに虫歯予防効果が高まります。

虫歯になりやすい歯の溝を守るシーラント

虫歯リスクの高い歯の溝をコーティングして効果的に虫歯予防が可能です。奥歯のかみ合わせの面には深い溝があります。

この溝には汚れがたまりやすいので、虫歯のいちばんの好発部位になっています。そのため、この虫歯リスクの高い場所をあらかじめ材料で埋めることによって溝を浅くし、お掃除がしやすい形態にして虫歯リスクを低くする、これがシーラントです。

シーラントは、保険が適用されます。歯を削る必要もなく、痛みも全くありませんので麻酔なども必要ありません。また、歯の色に近い色をしていますので目立つこともありません。

シーラントの効果と最適な時期

当院で使用しているシーラントには、フッ素が含まれています。そのため、シーラントをした後は、ただ溝を覆って汚れがたまるのを防ぐだけでなく、持続的にフッ素の歯質強化作用、再石灰化作用、抗菌作用の働きが発揮され、さらに虫歯予防効果が高くなります。

個人個人のむし歯のなりやすさによってもシーラントの必要性は左右されますが、虫歯になる前にあらかじめシーラントを充填しておくことをおすすめします。具体的には次のような年齢です。 

  • 乳歯の奥歯:3~4歳頃
  • 6歳臼歯が生える時期:5~6歳頃
  • 12歳臼歯が生えてくる時期:12歳頃

注意事項

歯磨きはしっかりと行いましょう

シーラントは虫歯のリスクを減らすための予防処置です。シーラントをしたからといって、虫歯が絶対にできない、ということではありませんので、歯磨きはしっかりと行ってください。

シーラントは外れることがあります

シーラントは歯の溝にしっかりと接着しますが、削って詰めているわけではありませんので、毎日食事をしたりしているうちにだんだんと取れてくることがあります。

そのため、シーラントをしたあとは定期的に外れていないかのチェック、必要に応じて再度充填が必要です。ただし、シーラントは、乳歯や生えたての永久歯など、虫歯のリスクが高い時期に行う予防処置ですので、年齢が上がり、虫歯のリスクが低くなれば外れても問題はありません。

お子様の歯を守ることが健康な体づくりへ

乳歯の歯の健康状態は永久歯の健康状態、歯並びやかみ合わせ、顎の骨の成長に直結し、やがて体の健康状態まで左右することになります。それゆえ、乳歯のうちから虫歯にならないよう、虫歯予防を積極的に行うことが大切です。

私たちは、乳歯のうちからお子さんの歯を守ることで、生涯にわたってお子さんが歯の問題で困ったり、健康を害したりしないよう、最大限の努力をしていきたいと思っています。そのためには、親御さんと二人三脚で、お子さんの歯を守るために共に力をあわせることが大事になってきます。

当院ではお子さんが楽しく通えるよう、キッズルームもございます。お子さんを歯医者に連れて行くのを不安に感じていらっしゃる方も、まずは一度お気軽にご連絡ください。

  1. ホーム
  2. pediatric_test