診療予約・お問い合わせ

facebook
今井歯科EAST
今井歯科WEST
今井歯科クリニック八潮
つくばエクスプレス「八潮」駅徒歩すぐ
診療科目

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療をお考えの方へ

インプラント治療の良いところは自然な見た目で天然歯のようによく噛めることです。この魅力に惹かれてインプラント治療を早く受けたい、と思われる方もいらっしゃることでしょう。ですが、どんな治療法にもデメリットはあります。ご自分にとって最善な治療法を選ぶために、インプラントについてもメリット、デメリットについて理解しておきましょう。

インプラント治療のメリット

1.しっかりと噛める

インプラントはあごの骨の中に埋め込まれ、しっかりと固定されますので、入れ歯とは違い、しっかりとした噛み心地が得られるのが大きな魅力です。しっかりと噛めるというのは、消化の面で良いのはもちろんですが、その他にも認知症の予防や、体の運動能力の向上にも役立つことがわかっており、若々しさを保つ上でも役立ちます。

2.見た目が自然

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上に被せ物をする治療ですが、実際に表から見える部分というのは被せ物の部分だけです。被せ物は主に周囲の歯に似せたセラミックを入れますので、まるでご自分の歯のように見えます。

3.違和感がなく快適

インプラントの人工歯根は骨と結合して一体化し、まるで体の一部のような感じになります。一方、取り外し式の入れ歯の場合、歯茎の上に乗っているため、違和感に悩まされる方も少なくありません。

4.残った歯を長持ちさせてくれる

インプラントは、単独で歯を立てられる治療法ですので、他の治療法と違い、周囲の歯にダメージを与えることがありません。例えばブリッジの場合、失った歯の両隣の歯をたくさん削って被せなければなりませんし、入れ歯の場合だと、残っている歯に金具をかけて入れ歯を支えなければなりません。
このような周囲の歯へのダメージが徐々に歯を弱らせてしまうことにつながっていき、最終的には歯の寿命を短くしてしまいます。単独で歯をおぎなうことのできるインプラントは、歯を全体的に健康に保ってくれる治療法だと言えるでしょう。

5.お手入れが楽

インプラントは、基本的にご自分の歯を磨くようにお手入れをします。一方、入れ歯の場合は取り外して入れ歯とご自分の歯を別々に磨く必要がありますし、ブリッジの場合には、つなぎの部分などの形が複雑で、隅々まで磨くのが大変です。

6.あごの骨がやせにくい

インプラントとあごの骨はしっかりと結合していますので、噛んだ刺激は直接骨に伝わります。あごの骨というのは噛む刺激を受けないとだんだんやせてしまいます。そのため、入れ歯やブリッジの場合には徐々に骨がやせていきます。
インプラントの場合には常に噛む刺激が伝わるため、骨の高さが維持されてお顔の張りも保たれることになり、若々しい見た目を維持することができます。

インプラント治療のデメリット

1.保険適用にならない

通常、インプラントは保険が適用されません。そのため、治療費は100%自己負担となりますので高額になってしまいます。

2.手術を受けなければならない

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋める手術が必要です。手術の侵襲の程度は抜歯程度です。

3.治療期間が長くかかる

インプラントは他の治療法に比べて治療期間が長くかかります。それはインプラントがあごの骨と結合するまでじっくりと待たなければならないためです。通常、下あごの場合3ヶ月程度、上あごの場合6ヶ月程度ほど治療期間がかかりますが、骨が少ない場合には骨を作る治療が必要となりますので、さらに数ヶ月かかることもあります。

4.全身状態、骨の状態などによっては受けられないことがある

糖尿病や高血圧がしっかりとコントロールされていない場合など、全身状態によっては手術が行えない場合があります。また、インプラントを埋める部分の骨の状態が良くない場合には行えない場合があります。

5.メインテナンスを怠ると抜け落ちることがある

メインテナンスは、どの治療法にとっても長く持たせるためには必要不可欠ですが、インプラントの場合、毎日のお手入れや、歯科医院での定期的なメインテナンスを怠ると細菌感染を起こし、ご自分の歯と同様、抜け落ちてしまうことがあります。特にタバコを吸う場合、インプラント周囲の組織が感染を起こしやすくなるため、より注意が必要です。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 
本院へのアクセス方法
分院へのアクセス方法
料金表

Facebook

お問い合わせ

採用情報

ホーム

本院

分院

ゆうき歯科

^