診療予約・お問い合わせ

facebook
今井歯科EAST
今井歯科WEST
今井歯科クリニック八潮
つくばエクスプレス「八潮」駅徒歩すぐ
診療科目

小児歯科

今井歯科は、子どもたちに「この歯医者さんなら大丈夫」と思ってもらえるような歯医者さんを目指しています。小さな頃に歯医者の苦手意識を植え付けず、抵抗なく通える習慣を身につけておくと、大人になっても健康な歯を維持しやすくなります。

歯医者は怖くないと知ってもらいたい

無理やり診療はいたしません

歯石クリーニング

子どもの頃に歯医者で怖い思いをしてしまうと、のちのちその恐怖感を取り除くのが難しくなります。お父さんやお母さんでも、小さい頃歯医者で怖い思いをし、今でも歯医者が苦手だ、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

歯医者が苦手になってしまうと、ギリギリまで歯の不調を我慢し、どうにもこうにも行かなくなってからやっと歯医者に行く、ということになりがちです。しかし、このようなことを繰り返していると、歯を長持ちさせられなくなり、歯を早く失ってしまいます。

当院では、お子さんをこのような負のサイクルから避けるために、お子さんが怖がっているのに無理やり治療を行う、というようなことはしません。お子さんの気持ちを和らげながら、できるだけ無理のない治療を行なっていきます。

お子様が歯医者さんを嫌いにならないためのお願い

治療前のお願い

お子さんに歯医者に対するネガティブなイメージを与えないためにも、「お利口にしていないと歯医者で注射してもらうよ」とか、「むし歯がひどくなったら歯医者で痛い思いをするよ」というような、歯医者に対する恐怖心を植え付けることを言わないようにお願いします。一度怖いイメージを持ってしまうと、治療をする前から必要以上に構えてしまって、お口を見せるのすら難しくなってしまいます。

治療前のお願い

まずは親御さんがリラックスしましょう。保護者の方が不安な様子だと、それがお子さんにも伝わってしまいます。
また、治療中にお子さんが怖がってなかなか思うように治療が進まなくても、怒ったりイライラしてる様子を見せないようにしてください。口の中を扱われるのは大人でも怖いものです。「何かあればお母さん(お父さん)がついてるよ」という感じで、お子さんの心を安心させてあげることが大事です。一つ一つのステップがちょっとでもできるようになったら、思い切り褒めてあげてください。ちょっとずつ自信をつけていくことで、自然に怖がらずに治療ができるようになっていきます。

治療前のお願い

歯石クリーニング
治療がうまくできなかったとしても、責めたり叱ったりしないようにしましょう。「次はもっとうまくできるよ」と励ましてあげることで、次につながっていきます。もし治療がうまくできたときは「よく頑張ったね」「強かったね」と、たくさん褒めてあげてください。褒められることで自信がつき、治療されるのがどんどん上手になっていきます。

乳歯のむし歯を放っておくとこんなリスクがあります

乳歯はいずれ生え替わるから・・と乳歯のむし歯は軽く見られがちです。でも、乳歯のむし歯を放置すると次のようなリスクがあるので、放置はしないようにしましょう。

1.お子さんが痛みに苦しんでしまう
乳歯は永久歯より薄く、歯の質も弱いため、一度むし歯になると、あっという間に神経に達して強い痛みを引き起こします。小さなお子さんが痛みに苦しむのは辛いものです。そうならないためにも、むし歯にかからないように予防していくことが大事です。
2.食べるのに支障が出る
痛い歯があると、そちら側では食べないようにしますが、あちこちむし歯があると、どこでも噛めなくなってしまい、食事がうまく摂れなくなってしまいます。
3.歯並びや顎の成長に悪影響が出る
乳歯のむし歯がひどく、生え変わりの時期よりも早い段階で抜歯になってしまうと、周囲の歯がずれて、その後に生えてくる永久歯の生える場所が足りずに、ずれた位置から生えてきてしまいます。また、むし歯でしっかり噛めなくなると、顎が健全に成長しなくなったり歪みが出たりする原因になります。
4.永久歯の質や色が悪くなることがある
乳歯のむし歯がひどくなり根の先に膿が溜まると、その下に控えている永久歯が変色してしまったり、歯の質が弱くなってしまったりすることがあります。
5.永久歯もむし歯になってしまう
乳歯のむし歯を放置すると、お口にむし歯菌が多い状態になるため、永久歯にむし歯ができるリスクが高くなります。

小児歯科って一般歯科とどう違うの?

健康なお口の状態に育てることが目標

子供の歯みがき
よく、「乳歯はどうせ生えかわるから、むし歯になっても放っておいて大丈夫でしょ」と考えているお母様がいらっしゃいます。
しかし、これは大きな間違いなのです。お子様の頃のむし歯をしっかり治さないと、丈夫な永久歯は生えてこないのです。また、永久歯が生えてきてからの歯並びにも大きく影響します。お子様の頃から、しっかりと歯を治すことはとても重要なことなのです。しかも、乳歯は永久歯に比べてむし歯になりやすいのです。それにはいくつか理由があります。

乳歯は永久歯に比べ、エナメル質も象牙質も半分の厚さです。再石灰化の力も弱い。

乳歯は弱い歯です

永久歯は一生使う歯ですが、乳歯は永久歯が萌えてくるまでの歯です。永久歯よりも歯の構造が簡単になります。そのために、むし歯になりやすいし、痛くもなりやすい歯です。

乳歯は交換します

乳歯は交換する歯なので、一生持たせるだけの治療はする必要がありません。すなわち、永久歯とは治療方法が違います。永久歯ほどしっかりと削らなくてもいいし、詰め物も永久歯とは違ってきます。

乳歯は永久歯がきれいに萌えるための隙間を確保してくれます

乳歯の奥歯は、その下から萌えてくる永久歯よりもサイズが大きいのです。なぜならば、その下から萌えてくる永久歯のための隙間を確保しているからです。乳歯を早くに喪失すると永久歯がきれいに並べることが出来なくなってしまいます。

乳児の頃から歯医者さんに慣れていく事が大事

赤ちゃんの治療

日々の歯磨きでむし歯が予防できていれば問題はありませんが、子供のむし歯は見えない所に発生し、進行が早いのが特徴です。
早い時期から歯医者さんに慣れさせる意味でも、1歳頃から歯医者さんに通う習慣をつけたほうが良いでしょう。

歯医者さんでは、お口の中のチェックはもちろん、歯磨きの仕方のアドバイスやフッ素やシーラントなどのむし歯予防処置から、食習慣のアドバイスなどをしてくれます。
乳児の頃から歯医者さんに慣れていくことで、『歯医者さんは怖くない』というイメージが根付きます。そうすることで、小学生になった頃でも抵抗なく歯医者さんに通うことができるのです。

今井歯科では、お子様に「歯医者さんは恐くない場所、それよりも楽しい場所」と思ってもらえるような医院作り・診療を心がけております。

小児歯科の治療メニュー

むし歯治療

子供のむし歯治療
穴が開いてしまったむし歯は治療が必要です。年齢やむし歯の状態などに応じ、お子さんに無理のないように治療を行います。まだ削るのが難しいお子さんに対しては、むし歯の進行を抑える進行止めを塗ることもあります。

フッ素塗布

フッ素塗布
お子さんのデリケートな歯を虫歯から守るために、定期的に高濃度のフッ素を塗布します。初期の虫歯ならフッ素塗布で治ることもあります。

シーラント

シーラント
6歳臼歯が生えてきたら、かみ合わせの溝の部分から虫歯にならないよう、溝にコーティングをするシーラントがオススメです。

定期検診

定期検診風景
定期的に歯医者に通っているお子さんは、虫歯にかかる確率が断然低くなります。通常3ヶ月ごとに検診に来ていただき、虫歯や生え変わりのチェック、フッ素塗布などの予防処置を行うことが、虫歯にかかりにくい健康的なお口、正常な歯並びや顎の成長につながります。

歯磨き指導

正しい歯磨き方法をレクチャー
歯の健康を維持するために最も大切なのは、お家での歯磨きです。正しい磨き方できちんと磨けるよう、歯科衛生士がお子さんと親御さんに丁寧に、わかりやすくアドバイスを行います。

食育指導

食育指導
食生活も虫歯のできやすさに関係しています。専門的な立場から、虫歯になりにくい食生活のアドバイスを行います。

お子様の歯を守ることが健康な体づくりにつながります

乳歯の歯の健康状態は永久歯の健康状態、歯並びやかみ合わせ、顎の骨の成長に直結し、やがて体の健康状態まで左右することになります。それゆえ、乳歯のうちから虫歯にならないよう、虫歯予防を積極的に行うことが大切です。
私たちは、乳歯のうちからお子さんの歯を守ることで、生涯にわたってお子さんが歯の問題で困ったり、健康を害したりしないよう、最大限の努力をしていきたいと思っています。そのためには、親御さんと二人三脚で、お子さんの歯を守るために共に力をあわせることが大事になってきます。当院ではお子さんが楽しく通えるよう、キッズルームもございます。お子さんを歯医者に連れて行くのを不安に感じていらっしゃる方も、まずは一度お気軽にご連絡ください。

医院併設のキッズルーム

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 
本院へのアクセス方法
分院へのアクセス方法
料金表

Facebook

お問い合わせ

採用情報

ホーム

本院

分院

ゆうき歯科

^