診療予約・お問い合わせ

facebook
今井歯科EAST
今井歯科WEST
今井歯科クリニック八潮
つくばエクスプレス「八潮」駅徒歩すぐ
診療科目

親知らずの抜歯・トラブル

親知らずのお悩みもお任せください

親知らずの痛みでお悩みですか?でも、親知らずを抜くのはなんだか怖い、という方も多いと思います。親知らずを抜くのは「痛い」「腫れる」というようなイメージばかりが一人歩きしている傾向がありますが、適切に処置すればそのような症状を最小限に抑えて抜歯することが可能です。

親知らずとは

親知らずは一番最後に生えてくる、一番奥に生える奥歯で、ほとんどの方は思春期以降(18歳前後)くらいから生え始めます。ただし、全ての方に生えるとは限らず、もともと親知らずが全部備わっていない方や、顎の骨に埋もれたまま出てこない方もいます。親知らずは他の歯のようにまっすぐ問題なく生えることもありますが、歯ブラシが届きにくく、また、きちんと生えないことも多いため、痛みなどのトラブルを起こすことが少なくありません。

抜いた方が良い親知らずとは

虫歯になっている

虫歯イラスト

軽めの虫歯ならば治療することも可能ですが、一度虫歯になった親知らずは治療をしても、再発するケースが多いため、痛みのないうちに抜歯をするのがおすすめです。

歯茎がよく腫れて痛い

歯茎が腫れている女性

親知らず周囲は不潔になりやすく、歯茎の炎症を繰り返すこと少なくありません。炎症がひどいと強い痛みを起こし、お口が開きにくくなることもありますので、頻繁に腫れるようであれば抜歯をすることをおすすめします。

斜め、横向きに生えている

親知らずが隣の歯を押している様子
親知らずはまっすぐきちんと生えないことも多く、斜めに倒れていたり、横向きになっているケースも多くみられます。このような場合は、残していても噛む役割を果たすことはできず、いずれ虫歯や歯周病などのトラブルを起こすリスクが非常に高いため、できるだけ早い時点での抜歯が望まれます。

歯並びを乱す原因になっている

歯並びの悪い女性の口元
親知らずが生えてくる段階で手前の歯を押し、前歯の歯並びが重なってくることがあります。このような場合も、状況が悪化する前の、できるだけ早い段階での抜歯がおすすめです。

他の痛みの原因になっている

口内炎
親知らずが原因となり、顎関節症や口内炎などのトラブルを起こす場合には親知らずを抜歯することで問題を解決できます。

以上のようなケースに当てはまらず、きれいに生えていてトラブルを起こさない場合には、当然抜歯の必要はありません。

親知らずを抜くリスク

親知らずはかなり奥に位置していることから、次のようなトラブルを起こすリスクがあります。

神経・血管の損傷

歯ぐきの血管・神経
下あごの骨の中には、大きな神経と血管が走っており、親知らずの位置が近い場合には、親知らずを抜く際にそれらを傷つける、または接触する場合がごくまれにあります。

上顎洞への穿孔

鼻をかむ男性
上の親知らずが上顎洞(副鼻腔の一種)に近い場合、抜歯の際に抜いた穴と上顎洞が開通し、穴が塞がるまで鼻血が出たり、水が漏れたりすることがあります。

当院では、親知らずの位置をCTで確認することも可能で、事前にしっかりと診査・診断することで、そのようなリスクを通常よりも大幅に下げて抜歯を行うことができます。どうぞご安心ください。

親知らず抜歯の際の症状

抜歯中

抜歯の様子
抜歯を行う前には、歯茎にしっかりと麻酔を効かせます。麻酔が効いていれば特に痛みを感じることはありません。抜歯に対して不安感や恐怖感の強い方、嘔吐反射の強い方に関しては、リラックス麻酔と呼ばれる静脈内鎮静法を行いながらの施術も可能です。これを行うことで、麻酔の間、うとうとと半分眠ったような気持ち良い状態で施術を受けることができます。全身麻酔と比べて安全性が高く、日帰りが可能ですので、ご希望の方はご相談ください。

抜歯後

痛み
抜歯をした後は、麻酔が切れると痛みが出てきます。痛みの大小は抜歯の程度によって差がありますが、通常は上の抜歯よりも下の抜歯(特に埋もれている場合)に痛みが強くなる傾向があります。麻酔が切れる前に痛み止めをあらかじめ飲んでいただくことで、痛みをなるべく感じないようにすることができます。痛みは通常、2〜3日程度で落ち着いてきますが、まれに長引くことがありますので、必要に応じて痛み止めを追加します。

腫れ
抜歯後は2、3日後をピークに1週間くらいで徐々に引いてきます。これは抜いた後の傷口の反応ですので、心配いりませんが、念のために化膿止めのお薬を飲んでいただきます。

出血
抜歯後はしばらく血が滲みますが、お渡しする脱脂綿を噛むことで徐々に止血されますので、心配は要りません。抜歯当日は血の塊が剥がれないように、なるべくうがいはお控えください。

このほかに、施術中にお口を長く開けていることにより口角が切れて口内炎になったり、抜歯した周辺に内出血のあざができることがあります。ですが、いずれも徐々に軽快し、1週間〜10日ほどで治ってきますので、ご安心ください。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 
本院へのアクセス方法
分院へのアクセス方法
料金表

Facebook

お問い合わせ

採用情報
LINE予約
ネット予約

^