インプラントとは

しっかりとした噛み心地を実現する治療

噛み心地

インプラント(implant)とは、“植え込む”という意味の英語です。インプラントの仕組みは、歯を失ってポッカリ穴が開いてしまった部分の顎骨へ穴を開け、インプラント体(フィクスチャー)と呼ばれる金属製の人工歯根(インプラント体)を埋め込み、その上に人工の歯を被せるしくみです。

顎の骨にしっかりとインプラント体を固定する事により、浮かない・ずれない・しっかりとした噛み心地を実現する事が出来ます。

歯を失ってお悩みの方へ

人は永久歯を失うと、残念ながら二度と生え変わってきません。 そのため、今までは『義歯(入れ歯)』『ブリッジ』などを用いて食事や会話を取り戻すといった方法でしか、その部分を補う事はできませんでした。

しかし、『義歯(入れ歯)』だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタガタする場合があります。

このように、歯を失ってお悩みの方にご提供することができる、最新歯科医療の治療方法『インプラント治療(人工歯根)』です。

歯が抜けた状態の影響

歯を抜けたままにして放置しておくと、お口の中には様々な影響が出てきます。奥歯の下の歯が1本抜けた場合、まずこれまでその歯と噛み合っていた上の歯が下に伸びてきます。

また、両隣の歯が抜けた歯の方向に倒れてきて、さらにはそこにプラークがたまりやすくなってしまいます。結果として、虫歯や歯周病などが誘発されることがあります。

歯はかなり緻密に全体のバランスの中で成り立っているものなので、例え1本の欠損の場合でも、そのままにしておくことはお勧めできません。

機能的な影響

  • 抜けた歯と噛み合っていた歯が伸びてきてしまう
  • 抜けた歯の両隣の歯が傾いてきてしまう
  • 咬み合わせが狂ってきてしまう
  • むし歯や歯周病のリスクが高くなる

見た目上の影響

  • 前歯の場合は、単純に見た目が悪くなってしまう
  • 歯ぐきの位置が下がってきてしまう
  • 顔の輪郭が変化してしまう

生活上の影響

  • ちゃんと噛むことが出来ない場合、胃腸等の消化器官に負担がかかってしまう
  • 発音がうまくいかなくなる
  • 噛むことによって発生していた脳への刺激が減少してしまう

インプラントが最適な方と利点・欠点

  • 取り外す入れ歯が嫌な方、取り外す入れ歯の清掃が面倒くさいと感じる方

    入れ歯は食事のたびにお口から取って清掃しなくてはなりません。清掃が不十分だと歯周病の原因となります。お悩みの方は一度、ご相談下さい。

    入れ歯が合わない方、何度も入れ歯をつくり直している方

    入れ歯は歯肉を圧迫するので、歯肉がやせていきます。歯肉がやせると入れ歯との間に隙間ができ、密着しにくくなりお食事中などに外れる場合があります。

    入れ歯で発音しにくい(話しにくい)方

    入れ歯を使い始めてすぐは、発音のしづらさを感じます。人前で話す機会の多い方や英語を話す方は入れ歯により発音が悪くなります。特に、楽器の演奏をされる方で前歯を失った場合には、インプラント治療が非常にお勧めです。

    思いっきり笑ったり、歯を見せて話ができない方、入れ歯のバネが気になっている方

    会話や食事の際など、お口をあけた時に入れ歯のバネが見えてしまう場合があります。入れ歯のバネが気になっている方は当院にご相談下さい。

    口臭が気になる方

    最近、口臭が原因で来院される患者様が増えています。実際に当院では口臭があると診断された患者様のほとんどの方が歯周病に侵されます。歯周病に侵され、残念ながら歯を失うことになった場合には、インプラント治療を勧められることがあります。

    昔食べられていたものが噛めない方、左右片方でしかものが噛めない方

    入れ歯は天然歯の1/3程度しか噛む力がありません。総入れ歯の場合は硬いものを噛むときに痛みを覚えます。昔の「歯」のようにしっかり噛んで食事をしたいとお考えの方は一度、ご相談下さい。

    自分の歯のように見た目をきれいにしたい方

    インプラントは、天然歯とほとんどかわらない「機能性」「審美性」をもっています。自分の歯のように見た目を綺麗にしたいとお考えの方は一度お問い合わせください。

    健康な歯は、これからもできる限り残したい方

    インプラント治療なら、隣の歯(まわりの健康な歯)を傷つけることなく欠損した歯だけを治療することが可能です。健康な歯を出来るだけ残したいとお考えの方は当院までお問い合わせください。

    旅行やスポーツを積極的に楽しみたい方

    旅行先での美味しいものを存分に味わいたい、スポーツをする際、歯に力を入れたい、積極的に楽しみたいとお考えの方には、インプラント治療がお勧めです。一度、当院にお問い合わせください。一つでもチェックした方はまず、当院へご相談下さい。

  • しっかりと噛める

    インプラントはあごの骨の中に埋め込まれ、しっかりと固定されますので、入れ歯とは違い、しっかりとした噛み心地が得られるのが大きな魅力です。

    しっかりと噛めるというのは、消化の面で良いのはもちろんですが、その他にも認知症の予防や、体の運動能力の向上にも役立つことがわかっており、若々しさを保つ上でも役立ちます。

    見た目が自然

    インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込み、その上に被せ物をする治療ですが、実際に表から見える部分というのは被せ物の部分だけです。

    被せ物は主に周囲の歯に似せたセラミックを入れますので、まるでご自分の歯のように見えます。

    このバランスが崩れると虫歯ができてしまいますが、フッ素はこの再石灰化を助ける働きがあり、初期の虫歯も修復してくれます。

    抗菌違和感がなく快適作用がある

    インプラントの人工歯根は骨と結合して一体化し、まるで体の一部のような感じになります。一方、取り外し式の入れ歯の場合、歯茎の上に乗っているため、違和感に悩まされる方も少なくありません。

    残った歯を長持ちさせてくれる

    インプラントは、単独で歯を立てられる治療法ですので、他の治療法と違い、周囲の歯にダメージを与えることがありません。

    例えばブリッジの場合、失った歯の両隣の歯をたくさん削って被せなければなりませんし、入れ歯の場合だと、残っている歯に金具をかけて入れ歯を支えなければなりません。

    このような周囲の歯へのダメージが徐々に歯を弱らせてしまうことにつながっていき、最終的には歯の寿命を短くしてしまいます。

    単独で歯をおぎなうことのできるインプラントは、歯を全体的に健康に保ってくれる治療法だと言えるでしょう。

    お手入れが楽

    インプラントは、基本的にご自分の歯を磨くようにお手入れをします。一方、入れ歯の場合は取り外して入れ歯とご自分の歯を別々に磨く必要がありますし、ブリッジの場合には、つなぎの部分などの形が複雑で、隅々まで磨くのが大変です。

    あごの骨がやせにくい

    インプラントとあごの骨はしっかりと結合していますので、噛んだ刺激は直接骨に伝わります。あごの骨というのは噛む刺激を受けないとだんだんやせてしまいます。

    そのため、入れ歯やブリッジの場合には徐々に骨がやせていきます。インプラントの場合には常に噛む刺激が伝わるため、骨の高さが維持されてお顔の張りも保たれることになり、若々しい見た目を維持することができます。

  • 保険適用にならない

    通常、インプラントは保険が適用されません。そのため、治療費は100%自己負担となりますので高額になってしまいます。

    手術を受けなければならない

    インプラントは人工歯根をあごの骨に埋める手術が必要です。手術の侵襲の程度は抜歯程度です。

    治療期間が長くかかる

    インプラントは他の治療法に比べて治療期間が長くかかります。それはインプラントがあごの骨と結合するまでじっくりと待たなければならないためです。

    通常、下あごの場合3ヶ月程度、上あごの場合6ヶ月程度ほど治療期間がかかりますが、骨が少ない場合には骨を作る治療が必要となりますので、さらに数ヶ月かかることもあります。

    全身状態、骨の状態などによっては治療不可

    糖尿病や高血圧がしっかりとコントロールされていない場合など、全身状態によっては手術が行えない場合があります。また、インプラントを埋める部分の骨の状態が良くない場合には行えない場合があります。

    全身状態、骨の状態などによっては治療不可

    糖尿病や高血圧がしっかりとコントロールされていない場合など、全身状態によっては手術が行えない場合があります。また、インプラントを埋める部分の骨の状態が良くない場合には行えない場合があります。

    メンテナンスを怠ると抜け落ちることがある

    メンテナンスは、どの治療法にとっても長く持たせるためには必要不可欠ですが、インプラントの場合、毎日のお手入れや、歯科医院での定期的なメンテナンスを怠ると細菌感染を起こし、ご自分の歯と同様、抜け落ちてしまうことがあります。

    特にタバコを吸う場合、インプラント周囲の組織が感染を起こしやすくなるため、より注意が必要です。

インプラントの治療法

1本欠損

1本欠損

失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を削ることなく治療を行うことが出来ます。

複数欠損

複数欠損

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感がなくなります。

全ての歯を欠損

全て欠損

従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と歯茎の間にはさまったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. インプラント
  4. インプラントとは