インプラント治療の流れ

十分なカウンセリングの上進めます

カウンセリング

あらゆる治療に言えることですが、インプラント治療は思い立ってすぐに取り掛かれる治療ではありません。

インプラントはあごの骨を削る治療も必要ですので、安全に治療を進めていく上でも、治療を開始するにあたって十分な検査や前準備が必要となります。インプラント治療についてあまりよく知らない、という方も多いと思います。

そのため、患者様がすでにインプラントをご希望されている場合でも、まずは十分なカウンセリングを行ない、ご理解を深めていただいた上で治療を進めていくことになります。

インプラント手術の前に

カウンセリング

カウンセリング

患者様の歯のお悩み、ご希望をお聞きした上で、インプラント治療についての説明を行います。インプラント治療の治療の進め方、どのような手術になるのか、リスク、期間、費用、またインプラント治療のメリットだけでなくデメリットに関しても詳しくお話しいたします。

当院では、患者様に十分にインプラント治療をご理解いただき、ご納得いただいた上でインプラント治療を開始するようにしています。不安な点、疑問な点などはどんなことでもためらわずにお話しください。

もちろんインプラント以外の可能な治療法に関しても、すべてメリット、デメリットも含めてご説明し、患者様ご自身に合った方法をお選びいただきます。

精密検査

精密検査

インプラントを行うためには、お口の状態の検査をしっかりと行う必要があります。それは他の治療に関しても同じことが言えるのですが、インプラントの場合には特に、あごの骨の適切な位置にインプラントを狂いなく埋め込む必要があります。

それゆえ、安全に手術を行うためには、通常のレントゲンだけでなく、CT撮影も行なった上で、骨の状態や神経や血管の位置まで詳しく診査を行う必要があります。また、インプラントをベストな状態で行うためにも、お口の健康状態、かみ合わせの状態などもチェックしておきます。

治療計画

治療計画

検査結果をもとに、治療計画を綿密に立てていきます。患者様にベストと思われる治療計画をわかりやすくご説明し、ご納得いただければ治療開始となります。ただし、場合によってはすぐにインプラント治療が開始できない場合もあります。

たとえば大きな虫歯や、重度の歯周病がある場合、体の健康状態に問題がある場合などです。このような場合には、まずインプラントが健全な状態で行えるよう、問題点を解決してからインプラント治療に移行していきます。

インプラント手術の流れ

手術の大まかな流れを説明します。手術の方法やインプラントの本数によって手術の計画は変更となります。

埋入手術

埋入手術

麻酔を行なった後、インプラントをあごの骨に埋め込んでいきます。多くの場合、抜歯程度の手術になりますので、通常の歯科の麻酔で問題なく手術が行えます。約3〜6ヶ月ほどの治癒期間を待ちます。

頭出し手術

頭出し手術

インプラント手術を二回法で行なった場合に行われる簡単な手術です。歯茎で覆われていたインプラントの上部を露出させ、1〜2週間以上経ってから被せ物の型取りを行います。

被せ物の装着

被せ物の装着

出来上がった被せ物を装着します。

メインテナンス

メインテナンス

長期的に良い状態でインプラントを保ち続けるために、定期的に通っていただきメインテナンスをお受けください。

治療の期間

インプラントは生体に埋め込む治療ですので、治癒期間などが必要となり、どうしても他の治療に比べて期間がかかってしまいます。そのため、インプラント手術を開始してから被せ物が最終的に入るまでに、3〜6ヶ月くらいはかかります。

この期間は骨の状態などによっても変わってきます。インプラントを埋め込む場所によっては、歯が数ヶ月もないと困る、ということもあります。そのような場合には仮歯を入れることも可能ですので、お気軽にご相談ください。

  1. ホーム
  2. 診療案内
  3. インプラント
  4. インプラント治療の流れ