診療予約・お問い合わせ

facebook
今井歯科EAST
今井歯科WEST
今井歯科クリニック八潮
つくばエクスプレス「八潮」駅徒歩すぐ
診療科目

一般歯科

歯は他の体の器官と違って一度、虫歯や歯周病で傷ついた歯は、自然治癒することはありません。そのためむし歯ができたら治療すると言う考え方ではなく、できるだけむし歯にならないように気をつけることが重要になります。

少しでも長くご自分の歯を残すためのむし歯治療

歯というのは、一つ一つの歯が独立して機能しているように思えるかもしれませんが、実はお互いにバランスを保ちながら機能しています。そのため、たった1本の歯がダメになってしまうだけで、他の歯にも悪影響が及び、どんどん歯がダメになっていきます。当院では、大切な歯をできるだけ長く残すために、なるべく「削らない」「抜かない」ということを念頭に置いた治療を行なっています。また、治療で苦痛を感じないよう、痛みを感じさせないような様々な工夫をしておりますので、ご安心ください。

今井歯科が虫歯治療で大切にしている3つのこと

1.なるべく削らない、抜かない治療

治療風景

歯は、削れば削るほど弱くなり、長持ちしにくくなります。むし歯はもちろん全て取り除かなければなりませんが、それ以外の歯質はできるだけ多く残すようにすることが、歯を少しでも長持ちさせることにつながります。
当院では、むし歯の部分をマイクロスコープも使用しながら確認して的確に見極め、むし歯以外の部分を極力「削らない」ことで歯質を残し、歯を抜歯に至らせない、つまり「抜かない」治療を心がけています。

2.できるだけ痛みを感じさせない治療

歯の治療には痛いというイメージがあるかもしれません。でも、現在の歯科治療では、治療時の痛みを感じさせないようなテクニックを駆使することで、麻酔の時点からなるべく痛みを感じないようにすることが可能です。

注射針を刺す時の痛み
歯茎に麻酔の注射をチクッとする瞬間の痛みに対しては、歯茎の表面にあらかじめ表面麻酔を施す、極細の針を使用する、ということでなるべく感じないようにすることができます。

麻酔液を注入する際の痛み
麻酔時の痛みには、麻酔液が入ってくる圧によるもの、麻酔液と体温の温度差によるものもあります。このような痛みが起こらないよう、麻酔液はあらかじめ体温程度に温めておき、速度をコントロールして圧を抑えられる電動注射器にて麻酔を行なっています。

歯科用レーザーによる痛みの少ないむし歯治療
むし歯は歯科用レーザーによっても取り除くことが可能です。レーザーによるむし歯治療はキーンという嫌な音や振動もなく、痛みを最小限に抑えて治療することができます。興味のある方はご相談ください。

3.むし歯を再発させない治療

治療風景
むし歯治療が終わってホッと一安心した後も、油断はできません。むし歯治療というのは、むし歯を取り除き、失われた歯質を人工物で補っているに過ぎないので、様々な原因によりむし歯が再発することもあります。
当院では、むし歯を極力再発から防ぐために、歯と精密に合った技工物のみを入れること、治療後のメインテナンスに力を入れることを徹底しています。

むし歯になる原因

むし歯はいくつかの原因が絡み合って起こります

むし歯の原因は単に「甘いものを食べすぎたからなった」、とか「歯磨きをサボったからできた」、というような単純なものではありません。むし歯というのはむし歯菌が糖をエサにして、それを分解していく過程で酸を出し、その酸が時間をかけて歯質を溶かしていく、というメカニズムで起こります。
この、むし歯菌、糖、時間、歯質という条件が全て重なった時に初めてむし歯ができ始めますので、それぞれに対する対策をしっかりと行うことでむし歯を防ぐことができます。

むし歯を防ぐための対策

むし歯菌への対策

歯のイラスト
むし歯菌の数というのは人によって異なり、多い人、少ない人がいます。当然、むし歯菌がお口の中に多いほど、むし歯のリスクは高くなります。むし歯菌を増やさないようにするためには、毎日の歯磨きに加え、歯科医院での定期的なクリーニング、そしてむし歯菌の働きを弱めるフッ素を活用していくことが勧められます。

糖への対策

子供のイラスト
糖分の摂取量が多いほど、むし歯菌が活発に酸を作り出しますので、むし歯にかかりやすくなります。糖分を摂りすぎない、頻繁にダラダラと摂らない、ということが大切です。

時間への対策

歯みがきのイラスト
むし歯菌が酸を作り出し、その酸に歯がさらされる時間が長いほどむし歯になりやすくなります。そのため、食べた後には歯磨きをして、お口の中が酸性に傾いている時間を長引かせないことが大切です。

歯質への対策

歯のイラスト
歯の質は強い人と弱い人がいますが、特に一般的に乳歯や生えたばかりの永久歯は、歯の質が構造的に弱く、むし歯にかかりやすい傾向があります。
歯質が弱くても、フッ素をうまく活用することで、歯質を強化することができます。具体的には、毎日の歯磨きにフッ素配合のものを使用する、歯科医院で定期的に高濃度のフッ素を塗布する、という方法が効果的です。

虫歯の進み方と治療法

C0:最初期 脱灰

脱灰
歯の表面の不透明感や白く濁った状態、色素沈着などが見られますが、穴はあいていません。自覚症状はありません。
治療法
まだ本格的なむし歯ではなく、むし歯のグレーゾーンといった状態です。歯磨きの徹底、フッ素の使用で歯が再石灰化し、むし歯にならないようにすることが可能です。

C1:初期 エナメル質のむし歯

エナメル質のむし歯
歯の表面のエナメル質に穴があき始めた状態です。痛みなどの症状を感じることはほとんどありません。
治療法
穴があいてしまうと、むし歯を削って詰める治療が必要になります。歯科用プラスチックを詰める治療で、ほとんど痛みもなく、簡単に治療ができます。

C2:中期 象牙質のむし歯

象牙質のむし歯
エナメル質の奥にある象牙質に虫歯が達した状態です。主に甘いものや冷たいものでしみ始めます。
治療法
多くの場合麻酔をし、むし歯を削って歯科用プラスチックや銀歯、セラミックなどを詰める治療を行います。

C3:後期 神経に達する虫歯

神経に達する虫歯
歯の神経である歯髄に達したむし歯です。刺激をしなくてもズキズキとした堪え難い痛みが現れます。
治療法
麻酔をし、神経を取る治療を行います。神経の治療が終わったら、詰め物や被せものをします。

C4:末期 歯根まで崩壊した虫歯

歯根まで崩壊した虫歯
むし歯が歯根にまで達している状態です。神経は死んでしまっているので、痛みを感じないこともありますが、放置すると内部にバイ菌が溜まって強い痛みを引き起こします。
治療法
多くの場合抜歯になりますが、状態によっては何とか歯を残せる場合もあります。

歯科医院での定期的な検診をおすすめしています

歯石はブラッシングでは取れません

クリーニング
お口の中の細菌が食べかすなどをエサにして繁殖した、白っぽいものをプラークといいます。
歯ブラシの届きにくい、歯と歯の間や歯と歯ぐきのすき間などにつきます。
プラークが長い時間お口の中にとどまることにより固まると歯石になります。歯周病はプラークと歯石の毒素が歯を支えているあごの骨までも溶かし、ついには歯がごっそり抜けてしまう病気です。プラークが歯石になってしまうと、やはり通常のブラッシングでは取れません。
歯科医院での定期的な除去が必要になります。

歯科衛生士によるブラッシング指導

歯の仕組みの解説
生まれつき歯が強い人と弱い人があります。
弱い人は、歯と歯と間の歯肉の境目など歯垢が残りやすいので要注意です。普段からブラッシングをしていれば虫歯は防げますが、歯並びの悪い方は特に注意して下さい。今井歯科では、色々な歯ブラシの中から患者様の歯並びに合ったものをお選びし、歯科衛生士による正しいブラッシングの指導を行っておりますのでお気軽にお声をかけてください。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 
本院へのアクセス方法
分院へのアクセス方法
料金表

Facebook

お問い合わせ

採用情報

ホーム

EAST

WEST

八潮

^