ザイゴマインプラント

ザイゴマインプラント

ザイゴマインプラントは頬骨に埋めるインプラントのことで、オールオン4が適応できない顎骨に対して、頬骨にインプラントを埋めて、即日に機能することが可能なインプラントシステムとなります。

1998年にブローネマルクが考えたコンセプトにより商品化され、Dr.モイやDr.マロが上顎洞の外側を通す考案をしております。

従来のインプラントは、歯茎がやせている方や歯がぐらぐらな方に対して骨に埋め込んで約3ヶ月~6ヶ月後、インプラントが骨と結合して後、人工歯をインプラントと固定する必要がありました。

また骨が少ない時のインプラントとしては、以下の方法がありました。

骨が少ない時のインプラント

ソケットリフト

上顎臼歯部の上部には上顎洞があるが、人により洞底線が下方まで伸びているため、インプラント体埋入に必要な量の骨が確保できない方がいらっしゃいます。ソケットリフトはその問題を解決するための骨増成法の一つである。

サイナスリフト

顎の骨が著しく足りない場合に行う方法です。
上顎洞粘膜を上顎洞から剥離して挙上、その挙上によってできたスペースに人工骨や他部位から採取した自家骨を移植する事により上顎洞底線の位置をあげ、インプラント埋入手術に必要な骨の厚みを獲得する方法です。

GBR(骨再生)

顎の厚みや幅が足りない場合に行う方法です。
骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に、骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。

ザイゴマインプラントのメリット

費用負担をおさえられて経済的

サイナスリフトの場合は、上顎洞の中に人工骨を入れた6ヶ月後にインプラントを埋めこみ、6ヶ月待つ必要があり、1年以上の経過が必要でした。

オールオン4により、当日に固定歯を装着することが可能になりましたが、前歯部の骨が少ない患者様は6ヶ月以上待たなければなりませんでした。

それを解消してくれたのが、ザイゴマインプラントで、頬骨にインプラントを埋入することにより、今まで期間を要したの患者様にも、手術をした当日に固定歯を装着することが可能となりました。

LINEで送る

Pocket