診療予約・お問い合わせ

facebook
今井歯科EAST
今井歯科WEST
今井歯科クリニック八潮
つくばエクスプレス「八潮」駅徒歩すぐ
診療科目

子どもの虫歯予防

子供の歯は大人の歯に比べてとてもデリケート。乳歯は永久歯よりも軟らかいので、虫歯に対する抵抗性が低く、すぐに虫歯が奥に行きやすいという弱点があります。また、生え変わって間もない永久歯も虫歯リスクが高いため、油断をするとあっという間に虫歯になってしまう、ということも珍しくありません。そんなお子さんの歯を効果的に虫歯から守ってくれるのが、フッ素塗布とシーラントです。

フッ素塗布

定期的に塗布して虫歯に負けない強い歯を作りましょう

歯科衛生士と女児
歯が生え始めたら定期的にフッ素塗布を

はじめての乳歯は生後6ヶ月頃からだんだんと生え始めます。この時期は離乳食も始まり、いろんな食べ物がお口に入るようになります。また、虫歯菌を周囲の方からもらってしまう可能性もあり、歯がある限り虫歯のリスクというものがつきまとうようになります。

そのため、歯が生えたら、強い歯を作るフッ素の定期的塗布をおすすめしています。

フッ素の効果

歯を強くする
歯を見せる女児

フッ素は歯の表側にあるエナメル質に結合し、強い結晶を作ります。これによって、虫歯菌が作り出す酸から歯を効果的に守ってくれます。

初期虫歯を治す(再石灰化作用)
再石灰化イメージ

歯は食事のたびに口の中が酸性になり、その都度歯の表面のカルシウム分が溶け出す「脱灰」と、唾液中のカルシウムやリン酸などのミネラル成分が歯に沈着する「再石灰化」を繰り返しています。このバランスが崩れると虫歯ができてしまいますが、フッ素はこの再石灰化を助ける働きがあり、初期の虫歯も修復してくれます。

抗菌作用がある
歯がきれいな様子

フッ素には抗菌作用があり、虫歯の原因菌に対しても効果があります。これにより、虫歯菌の働きを弱めてくれます。

フッ素は、定期的に塗布することにより、効果を持続させることができます。当院では通常3ヶ月ごとの定期的塗布をおすすめしています。また、ご家庭での歯磨きにはフッ素入りの歯磨き粉を使用すると、さらに虫歯予防効果が高まります。

シーラント

虫歯になりやすいお子さんの歯の溝を守ります

歯の溝

虫歯リスクの高い歯の溝をコーティングして効果的に虫歯予防

奥歯のかみ合わせの面には深い溝があります。この溝には汚れがたまりやすいので、虫歯のいちばんの好発部位になっています。そのため、この虫歯リスクの高い場所をあらかじめ材料で埋めることによって溝を浅くし、お掃除がしやすい形態にして虫歯リスクを低くする、これがシーラントです。

シーラントは、保険が適用されます。歯を削る必要もなく、痛みも全くありませんので麻酔なども必要ありません。また、歯の色に近い色をしていますので目立つこともありません。

シーラントに含まれるフッ素の働きで歯も強くなります

当院で使用しているシーラントには、フッ素が含まれています。そのため、シーラントをした後は、ただ溝を覆って汚れがたまるのを防ぐだけでなく、持続的にフッ素の歯質強化作用、再石灰化作用、抗菌作用の働きが発揮され、さらに虫歯予防効果が高くなります。

シーラントをおすすめする時期

個人個人のむし歯のなりやすさによってもシーラントの必要性は左右されますが、虫歯になる前にあらかじめシーラントを充填しておくことをおすすめします。具体的には次のような年齢です。 

乳歯の奥歯: 3~4歳頃
6歳臼歯が生える時期 : 5~6歳頃
12歳臼歯が生えてくる時期:12歳頃

シーラントの注意事項

歯磨きはしっかりと行いましょう
歯を磨く子供

シーラントは虫歯のリスクを減らすための予防処置です。シーラントをしたからといって、虫歯が絶対にできない、ということではありませんので、歯磨きはしっかりと行ってください。

シーラントは外れることがあります

シーラントは歯の溝にしっかりと接着しますが、削って詰めているわけではありませんので、毎日食事をしたりしているうちにだんだんと取れてくることがあります。そのため、シーラントをしたあとは定期的に外れていないかのチェック、必要に応じて再度充填が必要です。

ただし、シーラントは、乳歯や生えたての永久歯など、虫歯のリスクが高い時期に行う予防処置ですので、年齢が上がり、虫歯のリスクが低くなれば外れても問題はありません。

このページが気に入ったら是非共有して下さい
LINE  Google+  はてブ  pinterest 
本院へのアクセス方法
分院へのアクセス方法
料金表

Facebook

お問い合わせ

採用情報

ホーム

EAST

WEST

八潮

^