差し歯と歯茎の境目にできる「ブラックマージン」って何?対処法は?

差し歯と歯茎の間に見える黒い線はブラックマージンと言います。人目に付きやすい前歯にブラックマージンが発生すると口を開けて話をするのも気を使ってしまいます。
見た目だけでなくブラックマージンが見られるということは歯茎が痩せ下がっている証拠でもあるのです。
歯茎が下がっていると歯の根っこに虫歯を作りやすく、知覚過敏も起こしやすいです。また治療法は歯医者へ通うしか方法がありません。
今回はブラックマージンの原因や対処法を今井歯科が紹介していきます。

歯茎の黒い線はブラックマージン

歯茎の黒い線はブラックマージン

ブラックマージンは歯茎と差し歯の間に見える黒い線のことです。差し歯を綺麗に作ってもらったはずなのになぜブラックマージンが見えるのでしょうか。
ブラックマージンの原因には次のようなことが考えられます。

金属の露出

差し歯を作る際に歯を削りますよね。その時、歯の根っこが薄くなっていると差し歯を作っても折れてしまうリスクがあります。
それなので根っこに厚みを作るためにも金属で補修するのが一般的です。
差し歯は本来金属部分を覆っていますが歯周病などで歯茎が痩せてくると金属が露出してきます。
露出した金属は線状に黒く見えブラックマージンになるのです。

歯茎が痩せて歯根の露出

歯周病だけでなく加齢でも歯茎が痩せ下がります。その結果歯根が露出します。歯茎は黄色がかった色をしていますが神経が死んでいる歯や虫歯になっていると黒く見えます。

境界が虫歯になっている

差し歯と天然歯(自分の歯)の間に隙間が空くとどうしても虫歯になりやすいです。虫歯は進行していくと黒色になり結果としてブラックマージンになります。

歯茎が下がると差し歯と歯茎の間が空いてしまい金属の露出や虫歯の発生などが起きてきます。その結果、ブラックマージンとして審美性を一気に落としてしまうのですね。

ブラックマージンが患者さんへ与える影響

ブラックマージンは歯茎が下がっただけで患者さんには何の影響もないと考えていませんか?ブラックマージンが患者さんにどのような影響を与えるのか紹介していきます。

審美性の低下

今まで綺麗に歯茎と接していた差し歯に黒い線ができると審美性を低下させます。審美性とは見た目のことで、前歯にブラックマージンが発生すると人目を気にし始め心理的負担につながることもあります。

歯根が虫歯になりやすい

歯茎が下がると歯根が露出してきます。歯根は人工物ではなく歯の一部です。磨き残しができれば虫歯になるリスクが高くなります。差し歯と歯根の間は非常に磨きにくくなるので虫歯ができやすくなるのです。
歯の根っこにできた虫歯が大きくなれば抜歯もあります。

知覚過敏

歯の根っこが露出すると知覚過敏が起きやすくなります。水や空気だけでも刺激となり痛みを感じてしまいます。

金属アレルギーを発症しやすい

ブラックマージンの原因には金属が関係していました。金属が原因となり金属アレルギーが起きる可能性があります。
いままで問題なかった人でも急に発症するのが金属アレルギーです。
ブラックマージンが見られるというのは歯茎が下がり金属が溶け出していることもあり、金属アレルギーが発現れる可能性も否定できません。

ブラックマージンの改善方法

ブラックマージンの改善方法

審美性も悪くなり、心理的にも悪影響なブラックマージンを改善するにはどのような方法があるでしょうか。
基本的には歯医者へ行かなければ改善できないことばかりなのでブラックマージンで悩んでいる人は早めに歯医者へ行くようにしましょう。

被せ物を作り直す

ブラックマージンは歯茎が当初の設計よりも痩せ下がってしまった状況が一番多いです。同じ被せ物をつけ続けても歯茎のラインに合わないので被せ物を作り直すようにしましょう。
歯茎と差し歯のラインを合わせるとブラックマージンが防止できるだけでなく歯の根っこが虫歯にもなりません。
被せ物を新しく作る前には歯周病の治療を行い歯茎がこれ以上下がらないようにします。

金属を使わない被せ物

もし歯茎が下がってしまっても金属が見えなければブラックマージンに見えません。歯の根っこに厚みを持たせるために金属を使用しない素材で根っこを補修してもらいましょう。
被せ物もセラミックなど金属を使用しなければ歯茎に金属が溶け出す心配もなく歯茎が変色しにくいです。

歯周病治療

ブラックマージンは歯茎が下がると発生しやすいです。歯茎が下がる原因は歯周病になっていることがほとんどなので歯周病治療も併せて行うようにしましょう。
定期的に歯医者へ通い歯のクリーニングや歯磨きの方法を勉強すればブラックマージンの予防・改善につながります。

まとめ

ブラックマージンは見た目に大きく影響を与えます。
ブラックマージンを治すには歯医者へ行き被せ物自体を新しく作り直すか、歯周病治療を始め歯茎が下がらないようにしなければいけません。
さらにブラックマージンは歯茎に金属が溶け出していることがあるので、歯茎への着色や金属アレルギーの発症などリスクが大きいです。

今井歯科コラム バックナンバー一覧