歯の着色汚れの原因になる!気を付けたい食べ物や生活習慣は?

歯の黄ばみの原因について考えたことはありますか?歯の黄ばみは、毎日鏡を見ていても中々気づかず、日々気をつけているつもりであっても、ある日を境に突然気になり始めるものですよね。もしかしたら、どんなに歯磨きを毎日頑張って行っていてもある食生活や習慣が原因で黄ばみを引き起こしている可能性があるのです。今回は、そのような頑固な歯の黄ばみを引き起こす原因について今井歯科が詳しくご説明して行きたいと思います。

歯の着色汚れの主な原因とは

歯の着色汚れの主な原因とは

毎日歯磨きをしているのに気づいたら黄色や茶色がかった色になってしまっているのが歯の着色汚れです。着色は毎日の少しずつの積み重ねによって発生するものであり、その原因は色素を持った食べ物であればどんなものでも原因となりうるのです。
その中でも着色効果が高い食べ物としては、コーヒーや赤ワイン、チョコレートなどが挙げられます。コーヒーには好き嫌いがありますが、赤ワインやましてやチョコレートであれば好きで毎日食べている女性も多いかもしれませんね。
これらに含まれるポリフェノールやタンニンという成分が歯の表面と結合し、ステインと呼ばれる色素沈着となります。

歯の黄ばみに関する色素沈着以外の原因

歯の黄ばみが生じると、ついステインなどの色素沈着が原因と思いがちですが、実はステインなどのように歯の表面からではなく歯の内側の原因であることもあるのです。
それは、象牙質の色味が関係しています。歯の内側にある象牙質は、加齢とともに黄色味がかってゆく性質があります。その色味がエナメル質を通して表面に透けて見えてきてしまうのがこのパターンです。この場合、いくら歯の表面をステイン除去能力の高い歯磨き粉などで磨いたとしても黄ばみの原因を解消することはできません。

着色汚れの改善方法と予防方法とは

着色汚れの改善方法と予防方法とは

最近では、自宅でできるものから歯医者さんへ行っておこなうものまで様々な方法があります。ホワイトニング用のグッズもドラッグストアなどで様々売られているのを目にするでしょう。しかし、歯医者さんで行う高額な治療を除けば、やはり一番効果があるのは毎日続けられる継続的なケアでは無いでしょうか。黄ばみのもととなる色素の積み重ねをいかに日々除去できるかが鍵となってくるのです。これであれば、自分の意識次第でドラッグストアなどで数百円から始められるので金銭的にも長く続けることが可能です。意識を高く持ちチャレンジして見てはいかがでしょうか。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧