大丈夫?赤ちゃんの歯と歯ぎしりの関係性

「赤ちゃんが歯ぎしりしている!ストレスを抱えているのかしら!?」
そんな心配をすることもあるかもしれませんが、とくに心配する必要はありません。
大人の歯ぎしりは、大きなストレスを抱えていたり顎の病気を誘発したりしますが、赤ちゃんの歯ぎしりは「赤ちゃんあるある」です。
放置していても、問題を起こさずそのうち治まることがほとんどです。
しかし、どうして赤ちゃんは歯ぎしりをするのでしょうか。
その原因を聞けば、親御さんも安心できるでしょう。
ただ、出血するほど強く歯ぎしりしていたり、3歳近くになっても歯ぎしりが続いていたりする場合は、やはり一度、今井歯科にかかったほうが良いかもしれません。

赤ちゃんが歯ぎしりをする時期

赤ちゃんが歯ぎしりをする時期

赤ちゃんの歯ぎしりは、早い子ですと生後6カ月ごろに現れ始めます。その後8~10カ月目に指しかかると、さらに増える傾向があります。
生後6カ月ごろは、最初の歯である下の前歯が見え始めるころで、8~10カ月は上下の前歯が出そろう時期です。

睡眠中に歯ぎしりをする赤ちゃんもいますし、日中、歯を食いしばっている子もいます。
歯ぎしりを心配しすぎている親御さんは、赤ちゃんがどのようなときに歯ぎしりをしているか、観察してみてください。きっと、赤ちゃんが機嫌よく遊んでいるときにも歯ぎしりをしているはずです。そのため、ストレスで歯ぎしりをしているわけではないと言えます。

歯ぎしりをする赤ちゃんは10~20%「もいる?」「しかいない?」

歯ぎしりをする赤ちゃんは10~20%ほどいるとされています。知り合いの赤ちゃんが20人いたら、2~4人の赤ちゃんが歯ぎしりをしている計算になるわけです。
10~20%は「珍しくない」といえる確率ですが、しかし「頻繁に見かけるケース」ともいえません。それで自分の赤ちゃんが歯ぎしりをしていると、心配が募ってしまうのは当然のことです。

大人の歯ぎしりがよくない理由

そもそも、歯ぎしりとは何なのでしょうか。
大人の歯ぎしりは良くない習慣です。大人の歯は永久歯なので、歯ぎしりで歯が欠けたり割れたりしたら取り返しがつきません。
また、歯ぎしりが顎関節症という顎の病気を起こすこともあります。これは無意識に100㎏近い力を歯に加えているからです。
そのため、大人の歯ぎしりは治療が必要と言えるでしょう。

そして、大人の歯ぎしりは、深刻なストレスから起きている場合が少なくありません。過剰なストレスは歯ぎしり以外にも健康被害をもたらすので、きちんと対策を取る必要があります。

赤ちゃんの歯ぎしりが心配ない理由

赤ちゃんの歯ぎしりが心配ない理由

一方、赤ちゃんの歯ぎしりは、ストレスとはまったく関係のない原因で起きています。しかも赤ちゃんの歯は乳歯なので、多少欠けてしまっても、じきに永久歯に生え変わるので問題ありません。では赤ちゃんが歯ぎしりをする原因を見てみましょう。

かゆみ

赤ちゃんが歯ぎしりをするのは、かゆみが原因であると考えられています。
赤ちゃんにとって歯は、初めて触る「超固いもの」です。そのため、気になって舌で歯を触ってしまうのです。そして、歯をいじっているうちにかゆみが生じ、歯ぎしりをして解消しようとしていると考えられます。
大人であれば無視できる小さな刺激でも、赤ちゃんには気になって仕方がないのです。

噛み合わせを調節している

赤ちゃんの歯ぎしりの原因その2は、噛み合わせの自己調節です。
歯が生える前の赤ちゃんの口の中は、舌、頬の内側、唇の裏の3つの要素しかありませんでした。その3要素で噛んでいたわけです。
そこに4番目の要素である歯が加わったことで、赤ちゃんの「噛み」に異変が生じました。それで赤ちゃんは歯ぎしりをすることで、自分なりに噛み合わせを調節しているのです。

口の動き確認している

赤ちゃんの歯ぎしりの原因その3は、口の動きの確認です。
口の中は、歯以外はすべて軟らかい器官ばかりです。口を正しく動かさないと、軟らかい器官である舌や頬の裏などは歯にぶつかって傷ついてしまいます。
赤ちゃんは、歯が生える前の口の動かし方と、歯が生えてきた後の口の動かし方を変えなければなりません。歯ぎしりをすることで、口をどのように動かしたら良いか確認しているのです。

赤ちゃんの歯ぎしりによって起こりうるトラブル

歯並びへの影響はゼロではない

「赤ちゃんの歯ぎしりは心配しないで大丈夫」と申し上げましたが、歯ぎしりが歯並びに与える影響はゼロではない、と指摘する歯科医もいます。
「こんなに歯ぎしりをしていたら、歯並びが心配」という親御さんは、歯科クリニックにかかったほうがいいかもしれません。
ただ、歯並びを決定づける要因としては、離乳食や幼児食の内容、虫歯の有無、遺伝性のほうが大きいとされています。

歯が欠ける

「乳歯だから歯が欠けてもいい」という考え方は間違っていますが、歯ぎしりで乳歯が多少欠けても、神経質になる必要はありません。
しかし、歯ぎしりによる乳歯の欠けと、虫歯による乳歯の欠けは、まったく別物と考えてください。
虫歯で乳歯がダメージを受けると、その後に生えてくる永久歯にも影響を与えます。その意味では、乳歯も健康であるべきです。

赤ちゃんの歯ぎしりに対する対策

歯がためを与える

赤ちゃんの歯ぎしりは心配しなくても良いのですが、「歯ぎしりはあったほうがいいのか、ないほうがいいのか」と聞かれれば、やはり「ないほうがいい」となります。
そこで、赤ちゃんに自然に歯ぎしりをやめさせるために、歯がためを与えてください。
最近は、いろいろなタイプの歯がためが発売されているので、数種類を買って、赤ちゃんを楽しませてあげてもいいでしょう。

2~3歳まで続いたら相談を

赤ちゃんの歯ぎしりが心配要らないのは、2歳ぐらいまでとされています。
成長しても歯ぎしりが止まらない場合は、歯科クリニックにかかってください。

また、年齢に関係なく、歯ぎしりによって出血を起こす場合も、歯医者を受診してください。
歯ぎしりが心配で今井歯科に診てもらったら、別の口腔トラブルが見つかるかもしれませんので、歯科の定期受診も忘れないようにしましょう。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧