【唾液】マスクに付く嫌な臭いの原因ってなに?

マスクをしているときに話しをしていると、自分の口の臭いを感じることはありませんか?マスクをつけていると鼻や口とマスクの間にわずかな隙間ができるため、吐く息がたまります。そのたまった息の中には唾液が含まれており、マスクに唾液が付着することで臭いを感じるということになります。今回は、唾液の嫌な臭いの原因と、予防方法、歯医者による治療を受けることで改善される場合を今井歯科が紹介したいと思います。

唾液に嫌な臭いを感じたら、お口の中のトラブルサイン

唾液に嫌な臭いを感じたら、お口の中のトラブルサイン

唾液に嫌な臭いを感じたら、まず最初に疑われるのが歯や歯茎に問題がないかということです。本来唾液は嫌な臭いは強くなく、粘度は低い分泌物ですが、嫌な臭いが強い場合、口の中に何かしらの問題が起こっている可能性があります。
虫歯や歯周病になっていると、口の中で細菌が大量に増殖するため、臭いの原因となります。細菌は口の中のわずかな傷でも悪化させてしまい、口内炎や歯肉炎を引き起こしたりします。本来、口の中は唾液で常に流されているため細菌は過度に増殖しません。しかし、常に虫歯や歯周病があると細菌が増え出血や膿を発生させ、それが唾液に混ざるため、嫌な臭いを発生させてしまう原因となります。
また舌に白い汚れが見られた場合、舌に細菌の固まりができている状態であり、その白い汚れは舌苔(ぜったい)と呼ばれるもので、嫌な臭いの原因となります。
他にも唾液の分泌量がストレスにより少なくなり、口の中が乾燥してきている状態も嫌な臭いの原因となります。

唾液の嫌な臭いの予防方法

通常の唾液でも、乾燥すれば嫌な臭いを発する原因となります。そのため常に口を開けた口呼吸はしないように注意したほうがいいでしょう。こまめに水を飲み、唾液の分泌促進を図るとともに口の中の汚れもキレイに流すことも効果が期待できます。さらに、口の中の清潔を保つため丁寧な歯磨きを行い、細菌や食べかすを取り除くことで虫歯や歯周病の予防を図ることが臭いの予防にもつながってきます。

嫌な臭いが続くときは歯科医の治療を

嫌な臭いが続くときは歯科医の治療を

嫌な臭いの原因として、虫歯や歯周病になっている可能性があることを紹介しました。放置してしまえばさらなる悪化をまねいてしまい、臭いだけではなく歯そのものを失いかねません。
定期的に歯医者さんを受診しお口のお掃除を受けることで虫歯や歯周病予防だけでなく、臭い予防にもなります。また、早い段階で虫歯や歯周病の適切な治療を受けることで、お口全体のトラブルを回避できます。歯はしっかり磨いているけれど、マスクをすると嫌な臭いが強いと感じたら、まずは歯医者さんでお口のお掃除を受けてみてください。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧