初めての被せ物。審美性で選ぶならセラミックがおすすめです

虫歯になってしまったら、どうしても被せ物に頼らなくてはいけません。でも、気になってしまうのは…やっぱり審美的な面ですよね。銀歯は、どうしても笑ったときなどに目立ってしまい、審美的な面では劣ると言えるでしょう。それだけではなく、銀歯というのには健康面や耐久性にも問題があります。そこで、ぜひお薦めしたいのがセラミックです。セラミックなら、審美面、健康面、耐久性において、とても優れているのです。

被せ物にはどんな役割がある?

被せ物にはどんな役割がある?

被せものには、虫歯になって治療した後にその歯を守ってくれるという役割があります。削ったままの歯をむき出しにしていては、食べ物が詰まるだけでなく、エナメル質がなくなっているので虫歯はどんどん進行してしまいます。それを防ぐために、被せものをするのはとても大切なことなのですね。

被せ物の種類

銀歯

銀歯は保険が効くために、被せ物の中で最も多く使用されています。奥歯など、目立たないところであれば、と思っている方は多いかもしれませんが、耐久性が短く数年で交換が必要になることと、収縮率が高く、被せものを作製しているうちに縮んでしまい歯にぴったりと合わないことがあるという難点があります。また、金属アレルギーを発症してしまうという可能性もあるでしょう。

金歯

金歯は、保険適応外ですが、収縮率が低く銀歯より歯にフィットしやすいというメリットがあります。また、耐久年数も銀歯より断然高く、金属アレルギーも発症しにくいでしょう。ただ、やはり銀歯より目立ちやすく、審美面にも大きな影響を与えてしまうのではないでしょうか。

セラミック

最近では、銀歯や金歯からセラミックに交換する方がとても多く見られます。保険適応外ですが、自然の歯と同じような、白い歯を手に入れることが出来るのです。また、金属を使っていないので、金属アレルギーを発症することもありません。非常に固い陶器で出来ているので、耐久性にも優れていると言えるでしょう。審美面でも、セラミックに勝るものはないでしょう。

セラミックを選ぶメリット

セラミックを選ぶメリット

上記でもお伝えしたように、セラミックというのは、審美面、健康面、耐久性にとても優れたものだと言えるでしょう。使用しているうちに被せものがガタついていけば、噛み合わせはもちろん、虫歯にもなりやすく、銀歯を外してみたら虫歯になっていたというのはよくあるケースです。セラミックなら、使用しているうちにガタつく可能性も低く、虫歯にもなりにくいのです。ただ、歯ぎしりをする方は、割れてしまう可能性もありますので、今井歯科へ相談してみましょう。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧