定期的な歯のクリーニングが最良のオーラルケア!

虫歯が痛み出したり、銀歯がとれたなど、急を要する事態でない限り歯医者さんに行かないという人は多いかもしれません。歯医者さんは、「治療するところ」であるのはよく知られていますが、「歯のクリーニングを行うところ」でもあるのです。歯のクリーニングは最良のオーラルケアと言えるでしょう。

歯科医院でのクリーニングを受けましょう

歯科医院でのクリーニングを受けましょう

みなさんは、歯の定期検診に通っていますか?はい、と答える人は少ないかもしれません。ある調査で、歯の定期検診やクリーニングを受けているという日本人はわずか2%しかいないということがわかりました。この割合はとても低いといえるでしょう。最も多いスエーデンは90%という結果となりました。また、スエーデンでは、80歳になっても自分の歯が平均して20本残っているようです。この数字からわかるように、定期的にクリーニングを受けていると歯は多く残すことができます。歳をとっても入れ歯にする必要はなく、自分の歯で食事を楽しむことができます。さらに、歯の本数が少ない人ほど医療費が高くなるということも明らかになっています。

虫歯予防につながる

歯の定期検診は3カ月に1回程度行いましょう。このぐらいの頻度でクリーニングを行っていれば、虫歯になる心配はほとんどありません。どうしてかというと、虫歯の原因となる細菌の膜が再生するのに約3カ月かかるからです。その間に歯医者さんにチェックしてもらえば、虫歯予防につながりますね。タバコを吸っている場合や歯周病になっているという場合は、もっと短いスパンで歯医者さんに行った方がいいこともあるので、今井歯科に相談してみてくださいね。

クリーニングで爽快に!

クリーニングで爽快に!

歯のクリーニングは、保険診療と自費診療によって少し内容が異なります。歯石とりや歯の表面を磨くことは変わりませんが、塩のジェットパウダーというステイン除去は基本的に保険診療では行いません。自費診療のクリーニングは時間をかけて丁寧に行うので、痛みも少なく汚れもキレイに取り除くことができます。
歯のクリーニングは、歯磨きだけでは落としきれない硬くなった歯石や歯の表面の着色汚れにも効果的です。タバコのヤニやコーヒーによって歯が黒ずんでしまうと、自分で白い歯に戻すことはできません。クリーニングで歯が白くなるだけで、とても清潔的な印象になります。また、本来あるべきではない黄ばんだ歯石を取り除いたり、歯の表面がツルツルしたりすることで、スッキリするでしょう。さっぱりと爽快になった口内は気持ちいいものですね。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧