ドライマウスって自覚症状があるものなの?”乾く”だけじゃない症状とは?

ドライマウスという言葉を聞くようになりましたが、ただ口が渇きやすい症状だと誤解されてはいませんか?お口の中の乾燥を直接的に感じていなくても、そのほかの様々な症状からドライマウスと判断できる場合はたくさんあります。ドライマウスは口が乾くだけのものだと思っていて自覚していない方も、ふたを開けてみれば最近の不快症状はドライマウスからくるものだった!なんてことがあるかもしれません。

ドライマウスの症状は「口が乾く」だけじゃない

ドライマウスの症状は「口が乾く」だけじゃない

ドライマウスの最もわかりやすい症状はお口の中の乾燥です。一時的な乾燥ではなく、3ヶ月以上といった長期にわたり口が乾いている状態をいいます。ここ数ヶ月口がずっと乾いている、すぐに乾燥するという方はドライマウスの可能性が極めて高いでしょう。しかし、口内の乾燥を直接的に自覚していなくても、ドライマウスの可能性は大いにあります。例えば、以下の症状がある方はドライマウスの可能性が高いです。

●口の中がねばねばしていて不快。その状態が長期にわたり続いている
●食べ物をうまく飲み込めない、または噛みづらさがある
●味がしないと感じるときがある
●のどが詰まったような感覚がある
●口呼吸をしていることが多い
●舌がからまり話がしづらいときがある

あてはまるものがあるという方は、口の乾きを自覚していなくともドライマウスの疑いがあります。他にも、歯磨きなど歯のケアを丁寧にしているのに虫歯になりやすい、舌に痛みを感じるといった場合もドライマウスの症状であることがあるので注意が必要です。

ドライマウスってそもそも何?

そもそもなぜドライマウスになってしまうのかというと、根本の原因は心因性のストレスであったり加齢であったり、薬の副作用であったりと様々です。ただ、口内が乾いてしまう原因は唾液量の低下と唾液の質の劣化によるものです。唾液を出す唾液腺に異常がある場合や、唾液を分泌してもすぐに蒸発してしまうなど理由は様々あります。唾液にはお口の中に棲みついている細菌を洗い流したり、口内環境を整える自浄作用があります。その唾液の分泌量や質が低下してしまうと、口内環境が悪くなり細菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。口の中に棲む細菌には、虫歯菌や歯周病菌はもちろん、肺炎球菌といった口だけでなくからだ全体に支障をきたすような細菌も存在します。その細菌が唾液と一緒に体内に入ってしまうことで誤嚥(ごえん)性肺炎など最悪の場合死に至る病気になってしまう場合もあります。たかが口の乾燥症状と考えていると、大変大きな病気に発展することもあるのです。

ドライマウスだと思っていたら、病気が隠れていたなんてことも

ドライマウスだと思っていたら、病気が隠れていたなんてことも

口が乾燥する状態が数か月も続いているからきっとドライマウスだろうなと思っていたら、実はその後ろに大きな病気が隠れていた、なんていうケースもあります。病気のひとつの症状として口の乾きがでることもあるのです。

●糖尿病や腎臓病
頻尿になりやすいので、体内の水分がどんどん奪われてしまい脱水状態になることがあります。その際は、口内もやはり水分が少なくなり乾燥してしまいます。
●精神的な疾患
人は緊張状態になると口が乾きやすくなります。抑うつなどの精神疾患がある場合は、緊張がずっと続いている状態になり口もずっと乾燥しているといったことが起きます。
●くも膜下出血や脳梗塞
脳の血管に異常が起こると、筋肉が麻痺してしまい唾液の分泌も少なくなります。口内の唾液の量が減ってしまうので、口が乾いた状態が続きます。
●シェーグレン症候群
免疫に異常が起きることで、唾液腺全体に生じる病気です。口はもちろん、目や皮膚なども乾いてしまいます。

この口の乾きがまさかこんなに大きな病気の症状のひとつとは……考えたくもありませんが、大病がひそんでいることがあるということだけは頭にいれておくようにしましょう。

ドライマウスは歯医者で相談できます

歯自体のトラブルではありませんが、ドライマウスは歯医者さんで相談することができます。口の乾きや舌の痛み、食べ物が食べづらいといったドライマウスのような症状があれば、歯科検診などの機会に歯科医師に相談してください。また、ドライマウスになっていると口内の細菌が繁殖して虫歯や歯周病にかかりやすくなります。ドライマウスの自覚がある方は、定期的な歯科検診がかかせません。歯を削ってつめものをしなければならないほど虫歯が進行していたり、初期段階での自覚症状がほとんどない歯周病では知らぬうちに病状が重くなっている場合があります。特に歯周病は最悪の場合、該当部分の歯を抜かなければいけなかったり、自然に抜け落ちたりする可能性があるので注意が必要です。

歯医者さんでドライマウスの治療をはじめたら、自宅では口内細菌が繁殖しないよう念入りに歯磨きをしたり、いつものデンタルケアにプラスしてデンタルフロスやデンタルリンスといった細菌を取り除きさらに殺菌までできるようなセルフケアを心がけると良いでしょう。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧