痛くない口内炎もあるって知ってた?

口内炎は一度できてしまうと、ジンジンと痛い状態が続いて治るまでいつも気になったり、食事がつらいという方もいるとか思います。
しかし、痛くない口内炎があるのをご存知でしょうか。え?それは、口内炎じゃないでしょ?と思った方に、今回は、痛くない口内炎についてお話しいたします。

痛くない口内炎って何?

痛くない口内炎って何?

一般的な口内炎は、免疫力の低下や疲労、ストレスなどより、口腔内の粘膜に細菌やウイルスが増殖して炎症を起こした状況です。見た目は、白色、赤色の状態で、ちょっとした刺激でしみたり痛みが出やすいです。
それに対して、痛くない口内炎は、口腔内に水ぶくれのような水泡(粘液のう胞)できます。この粘液の細胞により、外部からの刺激を防いでいるので、痛みやしみるなどの症状が出にくいのです。

粘液の嚢胞(のうほう)の特徴は?

粘液の嚢胞(のうほう)は、唾液の分泌する器官である小唾液腺と大きな関係があります。
正常に唾液の分泌がされている口腔内の組織には、余計な唾液や不純物がたまりづらいくなっています。しかし、この働きが悪くなると、唾液が出づらく、組織内に溜まってしまうので粘液の嚢胞(のうほう)ができます。一度できると、数日~数週間で治る可能性もありますが、中々治らなかったり再発を繰り返したりします。
治療方法は、できものを摘出する、溜まった唾液を取り除く、薬の使用などがあります。

放置すると危ない!

放置すると危ない!

痛くない口内炎には粘液の嚢胞(のうほう)以外に、放置しておくと危ないケースもあります。
もし、水ぶくれが治らずに、舌の感覚でしこりがある場合は、口腔がん(舌がん)の恐れがあります。口腔がんは、初期の症状が口内炎との判別が難しく、発見が遅れる可能性があるのです。痛くない口内炎が2、3週間経過しても治らない時は、すぐに今井歯科へ受信にお越しください。

口内炎ができない環境作りを

粘液の嚢胞(のうほう)は、一度できてしまうと、患部を刺激してしまい、袋が破れ、再発…と繰り返してしまうことがあるので、自然治癒は難しいです。何か水ほうがあるな、っと思ったら触ったりして刺激を与えないように気をつけましょう。
痛くない口内炎は、睡眠不足や栄養不足などの不規則な生活習慣や口腔内の不衛生な状態、噛み癖など様々な原因があります。そのため、口内炎ができない環境作りがとても大切です。毎日、きちんと歯磨き、規則正しい生活を送りましょう。
痛くない口内炎が何度もできると困っている方は、自分で考えこみすぎずに、今井歯科でお聞きください。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧