歯の治療が終わってから始める予防歯科

虫歯の治療などは1回では終わらないことがほとんどで、治療が完了した時には「やっと終わったー!」と何だか解放されたような気になってしまいますね。
しかし、そこで「終わり」ではないのです。今や歯科治療は、早期発見・早期予防へと変わりつつあり、予防医療への関心が高まっています。
そこで、今回は歯の治療後から始める予防歯科のすすめについてご紹介します。

治療後の予防歯科、重要性とは?

治療後の予防歯科、重要性とは?

虫歯ができたり歯が痛いなどの症状が出てから歯医者さんに行く方が多いと思いますが、虫歯や歯周病、歯ぎしりなどによる歯のすりへりなどの悩みは、一度治療したら解決するものではないです。それらの症状の根本的な原因を解決しないと何度も歯医者さんに通うことになってしまいます。また、一度削ってしまった歯や進行した歯周病は、残念ながら現状の歯科治療では再生することはできません。解決するには、治療後の予防歯科で、歯科医師や歯科衛生士の指導の元、虫歯や歯周病、口臭などの再発防止が大切です。

具体的な内容とは

治療後の予防歯科は、まず、虫歯や歯周病などになった根本的な原因を探します。例えば、毎日の歯磨きの回数、やり方が間違っていないか、間食や食事の回数が多い、睡眠不足や栄養の偏り、運動不足などによって生活習慣が乱れていないかなど、様々な観点からカウンセリング行います。また、必要に応じて、歯並び、虫歯、歯周病菌の検査、唾液検査などを行います。
これは、患者さん1人1人にベストな指導をするためです。その後、歯科衛生士による正しいブラッシング方法やオーラスケアグッズの選び方などの細かな指導、訓練をします。また、歯の健康状態のチェック、歯石やステインの除去、フッ素塗布などを数ヶ月に1回行います。歯科医院によっては、マイクロスコープによる精密な検査による虫歯や歯周病の早期発見なども行います。

定期メンテナンスで変わる歯

定期メンテナンスで変わる歯

予防歯科は、定期メンテナンスが再発防止の近道です。口腔内、歯の状態によっては、長期間の指導、メンテナンスが必要ですが、きちんと向き合って努力すれば、健康的な歯を取り戻すことができます。また、定期メンテナンスは、治療した歯の詰め物の状態を確認したり、虫歯を早い段階で発見するなど、これ以上悪化しないよう歯を守ることもできます。
歯の治療を終了してからずっと歯医者さんに行ってない方やもう二度と歯の状態のことで悩みたくないという方は、最近では、予防歯科に力を入れる歯科医院が増えているので、探してみてはいかがでしょうか。
まずは、食生活を見直すなど自分でできることから始めるといいですね。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧