インプラントにした場合は口臭の問題が生じる?

インプラント治療をすると口臭が気になる、そんな話を聞いたことはありませんか?「インプラントを検討しているけれど、口臭が気になるならやめておこうかな……。」このように考える人もいるかもしれません。最新技術として注目され、治療患者数や治療事例も増えてきているインプラント。本当に、インプラントをしただけで口臭の原因になるのでしょうか。実際、インプラントにして口臭の問題がでてしまった方はいます。しかし、それは誰しもが抱える問題ではありません。実は、インプラント治療をして口臭が生じるのは、あることが原因なのです。この原因を知って対策をしていれば、インプラント治療できれいで気持ちの良い口内環境が手に入りますよ。

インプラントの口臭の原因とは

インプラントの口臭の原因とは

インプラント治療をして口臭が気になりだした、という方には、大きく分けて2つの原因があります。一つは、インプラント自体の構造による問題、もう一つは、歯磨きなどの日々のオーラルケアの不足です。インプラントは専用の器具をあごの骨に埋め込んだり、そこに接続器機をつけて人工歯をつけたりする人工器具を使用した治療法です。人工器具ですから、治療から長い期間がたつと、多少は劣化したりゆるみがでてきてしまいます。こういった経年劣化でトラブルを起こしてしまうことがあるのです。一方、日々のオーラルケア不足は、歯磨きなどが十分に行われておらず、歯垢がたまってしまい細菌が繁殖するなどの原因につながります。口内が清潔に保たれていないがために、口臭の原因になってしまうんです。

インプラント自体が問題の場合

インプラントは、あごの骨にうめこむインプラント体、インプラントと人工歯を接続するアバットメントと人工歯の3つの構造になっています。インプラントを骨に埋め込む手術をして、セメントやねじなどを使って人工歯を固定していくのですが、固定した時からかみ合わせがずれていたり、治療完了から時間がたつにつれて劣化していくことで、きっちりと合わさっていた構造にひずみがでてきてしまいます。具体的にいうと、固定しているネジがゆるんだり、接着の役目を果たしているセメントが欠けてしまったり破損してしまったり、さらにはとれてしまうこともあります。そうすると、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間、器具と人工歯の間などにすき間ができてしまい、そこから食べかすや細菌が入り込みます。汚れや細菌が詰まったままで放っておくと、次第に腐敗していき、口臭のもとになってしまうのです。

日々のオーラルケアが問題の場合

日々のオーラルケアが問題の場合

インプラントの器具や人工歯とのかみ合わせなどに問題がない場合は、毎食後の歯磨きといった、日々の口内ケア(オーラルケア)のしかたが原因の場合があります。そもそも口臭というのは、口の中に残った、プラーク=歯垢が細菌によって発酵することで起こる腐敗臭のことです。プラークとは、歯から分泌される代謝物質と歯や歯ぐきなどに付着した細菌が合わさってできるもので、白っぽくねばねばとしています。そこに食べかすなどが付着すると、細菌によって発酵し臭いを発し始めるというわけです。プラークや食べかすをしっかりときれいにそうじしておけば、口臭が気になるということを防ぐことができます。天然歯も人工歯も、歯と歯の間や歯と歯ぐきのすき間に汚れがたまるのは同じです。毎日の歯磨きを丁寧にする、デンタルフロスをつかって歯と歯の間をそうじする、寝る前にはデンタルリンスで口内を除菌するなど対策をとりましょう。ただし、歯垢が溜まって再石灰化し、固いかたまりである歯石になってしまうと、毎日の歯磨きでは取り切れないので、その場合は早急に歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらいましょう。

こんな病気にも気を付けよう

インプラント特有の口内病が存在することも事実です。天然歯の歯周病にとても似ているのですが、この病気を「インプラント周囲炎」といいます。発症のしくみなどは歯周病とほとんど同じです。インプラントの人工歯や接続部分であるアバットメントと歯ぐきのすき間に歯周病菌が入り込み、歯ぐきの炎症を起こします。症状も歯周病とほとんど同じで、歯茎が腫れたり、血が出たり、最悪の場合は歯ぐきの奥深くまで細菌が入り込み、インプラントを埋めている部分の周辺組織に害を与えます。すると、せっかく埋め込んだインプラントを支える力がなくなり、インプラントごと抜けてしまうという事態におちいるのです。天然歯の歯周病と異なる点は、病気の進行が歯周病よりも速いということです。気づかないうちにどんどん進行していることがあるので、インプラント治療後は定期的な歯科検診は必須ですし、何か違和感を感じたらすぐに歯医者さんに相談するようにしてください。

インプラントと口臭の関係、ご理解いただけたでしょうか?インプラントをしたから口臭がするわけではなく、天然歯と同じように、しっかりとしたオーラルケアを行えていないから起こるものです。インプラント治療をしたからといって、誰しもが口臭の問題をかかえるということはありません。しっかりと定期的な歯科検診を受けていれば、ほとんど問題にするこもないことなので、ご安心を。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧