歯科嫌いでもオールオン4の施術の負担に耐えられる?!

歯医者さんは大人になってもやっぱり嫌い。歯医者さんってなんだか怖い。そう思っている方は多くいらっしゃいます。その理由は痛いから、削られているときの音が怖いからといったことがあるのではないでしょうか。もちろん、虫歯の治療などの場合、麻酔を使わなければ痛みを伴う場合はありますし、部分麻酔をかけても削るときの音は聞こえてきてしまいます。しかし、最近では痛みを伴わない歯の治療も研究され、無痛の歯科治療を紹介している歯医者さんもいるほどです。そして、インプラント治療においても同様で、そういった痛みや不安を和らげる治療法も今では存在します。今回は、歯医者さんが嫌いだという方にもおススメのインプラント治療についてご紹介したいと思います。

痛みや手術が怖い方も安心して行える

痛みや手術が怖い方も安心して行える

インプラントやオールオン4の手術。手術と聞くとやはり、怖いという感情が芽生えてしまう方もいらっしゃるかと思います。そんな不安を和らげる手術の方法として、静脈内鎮静法という方法があります。これは、手術前に静脈内に眠くなる薬を点滴で注入することで、眠ったような感覚で手術を受けられるため、痛みや恐怖を感じることなく行えるというメリットがあります。これは胃カメラなどのときにも行われており、安全性も証明された方法です。局所麻酔と違うので、音や処置中の痛みが怖いという方は、静脈内鎮静法を行える歯医者さんでの治療をおすすめいたします。

手術中ずっと顎をあけていられる器具を使うので顎関節症の方は事前に相談を

手術中ずっと顎をあけていられる器具を使うので顎関節症の方は事前に相談を

口腔内の手術なので、もちろん口はあけたままになります。顎関節症の方などで、口が開きにくい方がいらっしゃいますが、口が開きにくい状態のまま顎の関節の状態を確認せずに手術をしてしまうと、さらに症状を悪化させてしまうことがあります。顎関節症の方はもちろん、過去に顎関節症を患っていたという方は、治療に入る前に必ず歯医者さんに相談しておきましょう。口腔外科を伴う歯医者さんなどの場合、顎関節症の治療とインプラントと両方の治療を行っているところもありますので、調べてみるとよいでしょう。
歯医者さんは痛い、怖いというイメージをお持ちの方でも、不安の無い方法でインプラント治療が行えるということがお分かりいただけたのではないかと思います。歯医者さんは痛いと考えるのではなく、痛くない治療もできる!ということがわかれば、インプラント治療への不安も和らぐのではないでしょうか。


LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧