「八重歯が可愛い」は日本だけ!八重歯矯正をすすめる理由

八重歯って治療が必要なものだったの!?と驚かれる方もいるのではないでしょうか。「可愛い」とされることが多い八重歯ですが、実は歯並びや噛み合わせが悪いことの象徴でもあります。特に海外では、日本とは真逆で八重歯はマイナスイメージなもので、歯列矯正をする人が多いのです。八重歯の方には是非とも矯正歯科の治療をおすすめしたいのですが、その理由がこちらです。

八重歯は行き場を失った歯

八重歯は行き場を失った歯

八重歯は、ほかの歯よりも少し前に突き出ていて、ニッと笑うとちらっと見えてキュートだと思われがちですが、ほかの歯よりも突き出ているということは、生えるスペースが足りなかったということ。顎が小さいために、歯が全て並んで生えることができずに前にでてしまったというわけです。つまりは、歯並びと噛み合わせが悪いということになるのです。

八重歯を放っておくとトラブルの原因に

八重歯があるということは、歯がデコボコに並んで生えているということ。歯磨きをする際にとても磨きづらいので、しっかり磨いているつもりでも汚れが残りやすく、虫歯や歯周病になりやすいのです。また、八重歯だけが虫歯や歯周病になりやすいというわけでなく、ずれて生えているがために、周りの歯にまで影響してきます。結果、周辺の歯もトラブルを起こす可能性が高いのです。
さらに、噛み合わせが悪いことから、顎に負担がかかり「顎関節症」になってしまったり、胃腸にまで影響がでることもあります。噛む時の力の入り方が均等にならないため、他の歯に余計に負担がかかって、最悪の場合歯を失ってしまう可能性もあるほどです。
他にも、八重歯がでていることによって口や舌を噛んでしまったり、何か顔をぶつけた際に口の中を切ってしまうなど、ケガの原因にもなりかねないという問題もあります。

海外へ行かれる方は少し気を付けよう

海外へ行かれる方は少し気を付けよう

日本とは違い、海外では八重歯の印象は良くありません。「不潔」であったり「非常識」という印象を持つ人も多くいるのが海外事情です。海外の考え方では、保険適用外の歯列矯正ができるということは「裕福」であり、「歯並びがきれい」ということは裕福できちんとした家庭環境で育っているということ。歯並びが悪ければ、「歯医者さんで治療も受けられない家庭環境だ」と判断されかねないのです。ですから、海外では中学生くらいになると半数以上の子供たちが歯列矯正を始める、とまで言われています。日本の考えとは随分と異なりますね。海外で生活をされる方は、多少この点を気をつけられた方が良いでしょう。



LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧