実は関係あり!?治療に影響する場合がある“インプラント”と“骨密度”の関係

インプラント

顎の骨にチタン製の金属を埋め込む手術を行うインプラント治療。ということは、骨自体が弱っていたら手術できないのでは?と気にされる方も結構いらっしゃいます。事実、骨密度が低いと、顎の中の骨がスカスカで脆くなってしまっているという患者さんもいて、インプラント自体と骨がうまく結合できないため、インプラント手術に耐えられないということもあります。そういったことにならないためにも、普段から骨密度を上げておくということが大事です。では、骨密度を低くしてしまう原因と対策をご紹介しましょう。

骨密度を低下させてしまう原因とは

顎の骨の骨密度を低下させる原因として真っ先にあげられる理由としては、虫歯の長期間放置があります。通常、虫歯になると痛みが出るものと考えられている方がよくいらっしゃいますが、虫歯が歯の神経に達しないと痛みが出ないという場合も多いため、痛みが出てから歯科検診や治療の為に歯医者さんに行くという方がけっこう多くいらっしゃいます。ちなみに、虫歯は自然治癒ということがありませんので、痛みが出る前にも進行し続けています。痛みが出る前に治療すれば、神経の処置をせずに治療できますが、シミや痛みなどの症状が出始めてしまうと、歯の神経を抜く治療(根管治療)が必要になる場合がほとんど。また長期間にわたって虫歯をほうっておくと神経自体が死んでしまい、痛みすら感じなくなるということもあります。そうなってしまうと、顎の骨に細菌が入り、歯茎が腫れたり、顎が痛くなったりという症状に発展します。つまり、虫歯は初期症状である痛みが出る前に治療をした方がよいのです。痛んだときにはもう神経に達していて神経の治療が必要ということになりますので、ご自身の歯が欠けたり、穴があいたりといった歯があればすぐに歯医者さんに診てもらいましょう。もちろん、進行具合や痛み方は個人差がありますので、まだ大丈夫だろうと考えるのも分かりますが、気になるという時点で診てもらう方が、あとあとになって良かったというケースが多いのです。

骨密度を保つには

よく噛む

骨の密度が高くなり、丈夫になる要因として挙げられるのは、よく噛むということです。ものを噛むことで顎の大きさ自体は変化しませんが、顎の骨の骨密度が高くなるという研究成果も出ています。もちろん、むやみに強い力で噛み続けると、歯や歯茎、顎の関節に悪い影響が出る場合もありますので、ちゃんとした噛み合せを行ったうえで、噛む習慣をつけるということが大切です。歯医者さんによっては、噛みあわせの検査も行ってもらえますので、気になるという人は検診に行ってみるとよいでしょう。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧