歯が痛い時に最初にするべきことはなに?

歯が痛い!となると、食事も美味しくないし、仕事やスポーツや勉強にも身が入らず、つらいですよね。夜よく眠れないという方もいるのではないでしょうか。
すぐに歯科医院に駆け込めればよいですが、完全予約制の歯科医院も多く、痛いときにすぐ助けにならないことも。
今回は、歯が痛いときに最初にすべき対処法についてお知らせします。

歯が痛いときの対処法その1:患部を冷やす

患部を冷やす

歯が痛み始めたら、患部が腫れている可能性があります。湿布などで外側からゆっくりと冷やしましょう。この場合、痛んでいる歯を直接冷やすのはNGです。

歯が痛いときの対処法その2:歯間ブラシやフロスで食べかすを取り除く

歯が痛いときは、歯の間につまった食べかすや磨き残しの汚れが原因になっている場合があります。歯が痛いなと感じたら、歯間ブラシやフロスで食べカスを取り除くと、痛みがおさまることがあります。ただし、刺激しすぎないように注意が必要です。

歯が痛いときの対処法その3:ぬるま湯でうがいをする

ぬるま湯でうがいをする

手元に冷やせるものがないときは、ぬるま湯でうがいをします。冷えた水しかない場合は、常温に戻してから使います。食べかすなどを取り除き、口の中を清潔に保つことで、痛みがおさまることがあります。

歯が痛いときの対処法その4:ツボ押しをする

「歯痛点」と呼ばれるツボは、その名の通り歯が痛いときに効くツボとしてしられています。親指と人差し指のあいだ、ちょうど水かきのようになっている部分にあります。親指と人差し指で挟むようにつまみ、ちょっと痛いくらい刺激してみましょう。

歯が痛いときの対処法その5:鎮痛剤を飲む

鎮痛剤を飲む

バファリンやイブなどの鎮痛剤は、頭痛や生理痛だけでなく、歯痛にも効きます。あまりに痛みがひどいときは、これらの鎮痛剤を飲んでもよいでしょう。

歯が痛いときにやってはいけないこと

歯が痛いときにやってはいけないこと

逆に、歯が痛いときにやってはいけないことは以下の通りです

熱い飲み物・冷たい飲み物を飲む

患部が刺激され、余計に痛みがひどくなります。

患部を手で触る

手についたばい菌が患部に移り、よけいに症状を悪化させます。

アルコールを摂取する・たばこを吸う

体温が高くなると痛みが増すので、アルコールはNGです。また、気持ちを落ち着けようとたばこを吸うと血流がよくなり、歯を刺激して痛みがひどくなります。

熱い風呂に入らない

体温をあげて血流がよくなると痛みがひどくなるので、熱いお湯には浸からないようにします。ぬるめのシャワーをさっと浴びましょう。

LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧