妊婦さんが虫歯になりやすい理由

「妊婦は虫歯になりやすい」とよく聞きませんか。その理由として、「胎児に送るため、ママはカルシウム不足になりやすい」と言いますが、本当のことなのでしょうか?
今回は、「妊婦は虫歯になりやすい」という説の本当のところをお伝えします。

妊婦が虫歯になりやすい理由1:つわりで歯磨きができない

つわりで歯磨きができない

妊娠中、つわりで気分が悪いとどうしても歯磨きがおろそかになります。特に、奥歯のほうの磨き残しが多くなる傾向があるようです。つわりが重い方だと、歯磨き粉の匂いが受け付けられないとか、歯ブラシを口に入れるのもダメという場合も。こうして、お口のケアができない状態だと、虫歯菌はどんどん増えて、虫歯になりやすくなります。

妊婦が虫歯になりやすい理由2:ホルモンバランスと唾液の関係

妊娠中にホルモンバランスが変化すると、唾液の量が減ってネバネバしてきます。こういうネバネバの唾液は細菌が活躍しやすくなるので、口の中が酸性に傾き、虫歯になりやすくなります。
また、つわりで胃が圧迫されて食事の量が減り、小分けにして食べるようにしたり、食べつわりで四六時中なにかを食べたりしているような状態になっていませんか。
こういう状態になると、口の中が酸性になっている時間が長くなり、虫歯になりやすくなります。

歯周病になると流産の確率が増える!

歯周病になると流産の確率が増える!

歯周病の妊婦は、通常の妊婦に比べて、早産のリスクが7倍、低体重児を出産するリスクが5倍になると言われています。また、虫歯菌が多いママから生まれた赤ちゃんは母子感染で虫歯になるリスクが高いそう。ベビーの健康のためにも、歯のケアはしっかりしておきたいですね。

妊娠中でもできるデンタルケア

妊娠中でもできるデンタルケア

つわりで歯磨きがつらいと言う場合は、食事後や寝る前などと時間を限定せずに、つわりがひどくない時間帯を狙って、こまめに歯磨きをしておきましょう。
歯磨き粉の匂いが受け付けないという場合は、歯磨き粉なしでブラッシングのみします。デンタルフロスや歯間ブラシで歯のスキマを掃除してもよいでしょう。歯ブラシも、のどが圧迫されないような小さ目のヘッドのものを選びます。
歯科治療については、つわりがひどい妊娠初期やお腹が大きくなる妊娠後期をのぞいて、安定期であれば問題ありません。レントゲン治療をしますが、歯にしか当たらないので、胎児への影響はないと言われています。ただし、抗生物質が処方されることもありますので、治療の際には妊娠中であることをきちんと歯科医に伝えるようにしてください。
LINEで送る

Pocket


今井歯科コラム バックナンバー一覧