スタッフブログ

失った歯の数と動脈硬化は強く関連する―疫学調査で証明 京都大学

「失った歯の数と動脈硬化は強く関連する-疫学調査で証明」と題し、歯の健康に関する興味深い記事が、大学ジャーナルオンラインに掲載されていました。

大学ジャーナルオンラインに興味深い記事がありましたので、掲載いたします。

京都大学の浅井啓太助教らの研究グループは、疫学調査の情報を用いて、失った歯の数と動脈硬化度に有意な関連があることを証明した。

 動脈硬化が原因となって発症する病気で亡くなる人は非常に多い。助かっても脳梗塞や心筋梗塞などの後遺症によるリハビリや介護など、医療費の増大が大きな社会問題となっている。近年、歯周病をはじめとした口の中の炎症が動脈硬化と関係していることが報告されている。そのため、口の中の病気の予防が動脈硬化に関わる死亡のリスクを低下させる可能性があるが、現状では不明点が多い。

 2007年から2010年に滋賀県長浜市で「ながはま0次予防コホート事業」と呼ばれる、市民を対象とした大規模な疫学調査が行われた。今回の研究は、この第一期調査で得られた約1万人の情報を用いた横断研究だ。参加者全員は歯科検診を受けており、歯周病などの口の中の持続的な炎症で失った歯の数が指標とされた。動脈硬化は「心臓足首血管指数(CAVI)」を使って測定。失った歯の数とCAVIの関係を年齢、性別、体格指数(BMI)、喫煙の既往、ヘモグロビンA1c、インスリンまたは糖尿病治療薬使用の有無を調整して解析した。

 その結果、失った歯の数と動脈硬化度は有意に関連していた。また、女性より男性にその傾向が強いことも判明。口の中の病気は予防効果が非常に高く、歯科医院での定期的な診療により失う歯の数を減らせるだけでなく、動脈硬化症の予防にもよい影響があるとしている。

 口の中の病気は動脈硬化以外のさまざまな病気との関連が報告されている。現在、ながはま0次予防コホート事業は第2回目の調査を行っており、口腔内の疾患と全身疾患の関係を明らかにしたいとしている。

出典 2017年1月4日 大学ジャーナルオンライン

今井歯科では、歯石の除去を始めとした口腔内の定期的なメンテナンスをお勧めしています。お気軽にご連絡ください。

今井歯科事務局

第1回 頭蓋骨調整とは?

八潮市にお住まいの皆様、こんにちは。

今井歯科のベテラン衛生士&デンタルリフレクソロジストの市川圭子です。

昨年11月末に、勤務医の冨田先生と、大阪市にある「美と健康のサロン Esprit」にて開催された「頭蓋骨調整セミナー」に参加して参りました。

今回受講を決めたきっかけは、「頭蓋骨調整」は当院で行っているデンタルリフレクソロジーの効果をさらに高めることが出来る施術だからです。

頭蓋骨調整とは、頭蓋骨の位置を調整し、

①頭蓋骨の各パーツがスムーズに動けるようにする

②脳脊髄液の流れを正常にする

③自律神経のバランスを整えることを目的とした施術のことです。

 

頭蓋骨調整を受けることにより、全身を以下のような良い状態に近づけることができます。

・姿勢が良くなる

・呼吸が深い                              

・肩こり、頭痛などが無い

・体が軽い

・視野が明るく、良く見える

・気分爽快

頭蓋骨を触る施術ではありますが、効果は全身に及びます。

そのメカニズムについては、次回詳しくお話します。お楽しみに!

【今後の予定】

第2回 頭の仕組みについて

第3回 脳脊髄液について

第4回 リフレクソロジーとの関係性     

 

 

 第一回

 

八潮・柏・草加・三郷・越谷・足立区、インプラントなら今井歯科

スタレビ、県庁でメッセージソング完成を報告 県歯科医師会と制作

埼玉新聞によると、スタレビが歯みがきソングを作成したそうです。素敵な取り組みですね!!

以下12月21日埼玉新聞より

埼玉県出身のバンド「スターダスト☆レビュー」と県歯科医師会(島田篤会長)が協力して制作したメッセージソング「歯をみがこう!」が完成した。

スタレビのボーカル根本要さんと島田会長が20日、上田清司知事と関根郁夫県教育長を県庁に訪れ、報告を行った。同曲は、県教育委員会を通じて県内の小中学校と幼稚園に無料配布される。

 根本さんの兄が地元の行田市で歯科医院を営んでいる縁で、「埼玉の子どもたちのために楽曲を通して何かできないか」と考えた根本さんが楽曲制作を提案。子どもたちが口ずさみながら楽しく歯磨きできるよう、2012年に発表した「Magic―手をつなごう」という明るいメロディーの曲に、新しく覚えやすい歌詞を書いた。

 根本さんは「学校の給食後などに流し、リズムに乗って手を動かしてみて。お父さんお母さんと一緒に楽しく、1日3回歯磨きしてほしい」。島田会長は「自分の健康を自分で守るため、良い生活習慣を身に付けてもらえれば」と期待した。

 「歯をみがこう/むし歯に負けないように/朝昼晩」。知事室で流された曲の歌詞を口ずさみながら、上田知事は「幼稚園の運動会やお遊戯にも使えますね」と笑顔で話した。

 

2017年1月インプラント説明会のお知らせ

 

こんにちは。今井歯科事務局より、2017年1月のインプラント説明会のお知らせです。

場所:今井歯科分院

日時:1月21日(土)14:00~15:00

申込方法:電話=048-999-5020、若しくは来院いただき受付にて。

 

今井歯科ではインプラントに不安、疑問をお持ちの方向けに、「インプラント説明会」を行います。

インプラントにご興味をお持ちの方は、この機会にぜひ参加ください。

院長がしっかりと説明させていただくため、定員は5名(先着)とさせていただいます。

 

ご参加をお待ちしています。

 

八潮・柏・草加・三郷・越谷・足立区、インプラントなら今井歯科

ハロウィーン

皆さまこんにちは!気温の変化が続く秋深まるこの頃ですが体調は崩されておりませんか?
さて10月31日といえばハロウィーンですね!年々装飾が盛り上がりを見せ様々な装飾を見るようになりました。
そんな中今年今井歯科でもそのハロウィーンイベントを開催しています
 
治療で来院していただいた2歳から小学校低学年までのお子さんに【ハロウィーンカード】と【キシリトール100%チョコ】をプレゼントするイベントを開催いたします!
もちろん親子で来ている方でキッズルームに遊びに来てくれた子にもプレゼントしています!
赤ちゃんはまだ食べられないのでお渡しできません、、、ごめんなさい、、、)
 
ぜひこのハロウィーンの機会に当医院にお越しください♬トリックオアトリート♬
 

 

お口の中のご相談は、八潮市の今井歯科へお気軽にどうぞ。

 

今井歯科院内報11月号

若くたって油断しないで!歯周病

★歯周病ってどんな病気?

 日本人が歯を失う原因の第1位は、歯周病です。歯周病とは、歯を支える歯ぐき(歯肉)や骨(歯槽骨)が壊されていき、放っておくとやがて歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。歯周病は、初期には自覚症状が少なく、気づきにくいことから「サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)」とも言われています。歯磨きの際に血が出たときには、すでに歯周病が進行しています。

歯周病の一番の原因は食べかすです。歯垢が歯と歯茎の間にたまると、その中にいる細菌が繁殖して歯周病を起こすのです。

★歯周病に年齢は関係あるの?

 皆さんは、歯周病に対して「年を取ったらなる病気」というイメージはありませんか?確かに、10代、20代の歯を失う原因の一位が虫歯なのに対し、30代以降は歯周病が急速に増えます。しかし「若いから歯周病とは無縁」という認識は、実は大きな間違いです!

厚生労働省が発表した、「平成23年歯科疾患実態調査」の中に「歯肉の所見の有無、年齢階級別」という項目があります。これを見ると、歯肉、つまり歯ぐきに所見がない=異常が見当たらない、という人の割合は、20~24歳で25.8%、25~29歳で31.1%しかありません。つまり、20代の人のうち約7割は、歯ぐきに何らかの異常が認められるという状態なのです。この方たちは、歯周病予備軍と言えるでしょう。

下記の項目は、歯周病になりやすい要因です。一つでも当てはまる方は気を付けましょう。

1.歯磨きをきちんとしていない人

2.喫煙している人

3.口呼吸の人・口を開けていることが多い人

3.かみ合わせや歯並びが悪い人

★まずは歯周病の予防から

歯周病の予防で一番大切なのは歯磨き。毎日の歯磨きを丁寧にするよう心がけましょう。また、歯ぐきに違和感を感じていたり、歯に歯石がついていたり、長い間歯医者にかかっていない人は、この機会にすぐに歯科検診へお越しください。

歯の汚れ(歯垢や歯石)は、どんなに頑張っても歯磨きだけで落としきることは困難です。すでに歯医者に通っている方は、3か月に一度、プロの手で徹底的にお口の中をクリーニングしましょう。

歯周病は歯を失うだけでなく、糖尿病や心疾患、認知症まで、全身の様々な疾患と関わりがあります。特に妊娠中は胎児に影響が出る可能性も。若いうちから予防の意識を持ち、長く健康な歯を保ちましょう。

 

八潮・柏・草加・三郷・越谷・足立区、インプラントなら今井歯科

 

8月20日(土)インプラント説明会

こんにちは。今井歯科事務局からのお知らせです。

今井歯科ではインプラントに不安、疑問をお持ちの方向けに、「インプラント説明会」を行います。

インプラントにご興味をお持ちの方は、この機会にぜひ参加ください。

院長がしっかりと説明させていただくため、定員は5名(先着)とさせていただいます。

場所:今井歯科分院

日時:8月20日(土)14:00~15:00

申込方法:電話=048-999-5020、若しくは来院いただき受付にて。

ご参加をお待ちしています。

 

8月20日(土)インプラント説明会

 

八潮・柏・草加・三郷・越谷・足立区、インプラントなら今井歯科

今井歯科院内報7月号

 

 

デンタルフロスを習慣化しよう! 

 

★使っていますか?デンタルフロス!

みなさんは毎日デンタルフロスを使用していますか?2014年に「ライオン株式会社」が行ったオーラルケアに関する意識調査によると、デンタルフロスを使用している割合は、アメリカが『60.2%』、スウェーデンでは『51.3%』だったのに対し、日本では、わずか『19.4%』の人しか使用した経験がないことがわかりました。約5人に1人しか使っていない計算になります。

普段デンタルフロスを使用しない人にとってはとても面倒に感じるかもしれませんが、毎日やることによって様々なメリットがあります。

1.歯垢除去率がアップする

実は、むし歯ができやすい場所は3ケ所あります。それは①かみ合わせる歯の上の面(咬合面)、②歯の根っこの部分(歯根部)、③歯と歯の間(隣接面)です。この隣接面のむし歯が問題で、見つけにくいため重症化しやすく、神経を取ることになるケースも多いのです。そして、歯ブラシのみでは歯間部の歯垢が『約60%』しか落とし切れません。でも、歯ブラシと一緒にデンタルフロスを併用すれば、除去率が『約80%』まで上昇するといわれています。歯と歯の間の歯垢は、むし歯だけでなく、歯周病の原因にもなります。デンタルフロスを使用することで、それらを予防できるのです。

2.むし歯の早期発見ができる

デンタルフロスはむし歯のセルフチェックにもつながります。たとえば、デンタルフロスを動かしたときに歯と歯の間にざらつきや引っかかりを感じる場合や、出し入れの際に糸がバラけるようなときには、むし歯ができている可能性があります。その場合はすぐに歯科医院でみてもらいましょう。むし歯は早期に発見できれば、治療も簡単で済みます。

3.口臭予防になる

歯垢1mgには、10億以上の細菌が含まれています。そして、排泄物のようなにおいを発します。それらを除去せずに放置したら、お口の中がどんな臭いになるか想像してみましょう…。すぐにフロスをかけたくなりますね。

★デンタルフロス使用の頻度や目安

デンタルフロスは、毎日1回は使用しましょう。寝る前の歯磨きの後にかけるのがお勧めです。寝ている間は唾液が少なくなり、お口の中に細菌が増殖しやすい環境になるからです。フロスを使うのが難しい方は、糸ようじがお勧めです。糸ようじはデンタルフロスが使いやすいように、ホルダーに巻かれていて、T型やI型など自分で使いやすものを選ぶことができます。当院でも販売していますので、気軽に相談してくださいね。いつまでも健康な歯でいるために、デンタルフロスを毎日の習慣にプラスしましょう!

 

医療法人社団大志会 今井歯科

 

お口の事でお困りでしたら、埼玉県八潮市の医療法人社団大志会 今井歯科、

048-999-5020までお気軽にご連絡ください。

 

 

 

 

 

「虫歯を治療しない」先に待つ怖すぎる事態

以下、東洋経済オンラインからの記事です。

東洋経済オンライン 5月22日(日)6時0分配信

あなたは虫歯になったことがありますか? 

 ごくごく軽度なら再石灰化という人間の治癒機能で修復したり、簡単な治療で済んだりしますが、進行して重度の虫歯になってしまうと歯の大部分を削って金属やセラミックなどで詰め物をしたり、最悪は歯を抜いたりなどという処置が必要になります。重度の虫歯は自然には治らないからです。

■ 最悪の場合、虫歯が原因で死に至る

 そもそも虫歯とはミュータンス菌という細胞がつくる酸によって、歯が溶かされてしまう病気です。もし、虫歯があることを自覚していても、痛みがなかったり、我慢していたら痛みが消えたりしたといって放置している人もいるかもしれません。虫歯の治療は痛いし、何度も歯医者に通わなければならず、面倒だからです。

筆者は歯科医師として歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、そこで訴えていることのひとつが、虫歯を放置することの危険性です。「虫歯を放置したところで大きな病気になるわけでもないし、命に関わりがない」と考えている人も少なくないでしょう。虫歯を病気として受け止めておらず、痛みや不具合が出てから歯医者に駆け込む人が多いと筆者は印象を持っています。 ところが、虫歯を放置しすぎると大変なことになります。最悪は虫歯が原因で死に至ることがあるぐらいです。2014年にイタリアのシチリアで18歳の女性が敗血症のために死亡しました。その原因が虫歯だったのです。

 虫歯は、放置し続けるとドンドン広がり歯を破壊します。その後、歯の根っこの先まで広がり、原因菌が顎の骨まで到達し、炎症を起こしてしまいます。その炎症の部分から、今度は原因菌が血管に入り込み、血液の流れに乗って体内を巡ります。最終的に、脳や心臓に到達してしまう場合もあります。

 脳や心臓など最も重要な場所に原因菌が到達してしまうと、最悪の場合は死に至ることもあります。体調が極端に悪かったり、糖尿病などのその他の病気を抱えていたりするのは要注意です。普通であれば免疫力で抑えられているものが、免疫力の低下で抑えきれなくなり、脳や心臓に到達してしまうのです。

■ 鎮痛剤が効かず、眠れないほどの激痛

 ここまでのケースは極端な例ですが、死に至らないまでも入院して手術しなければならないケースや耐え難いほどの激痛に襲われることもあります。そうでないまでも虫歯を放置すると歯が崩壊したり、顎の骨まで原因菌が広がったりすると薬も効かず、夜眠れないほどの激痛に襲われたりします。顎の骨に原因菌が広がり炎症がひどくなると入院して顎の骨を切除する手術をしなければならないこともあります。

 虫歯の菌が歯の根っこ先まで進行し、根の先で繁殖するときに出る顎の骨を圧迫するような圧力で激痛を引き起こすときがあります。この痛みは、ひどい時は鎮痛剤も効きにくく、一説では人が耐えられる痛みの中で2番目に痛いと言われています。女性の患者様に出産より痛かったと言われたことがあります。ちなみに、一番は狭心症の痛みのようです。(もちろん人によって痛みの閾値は違いますが)

 ほかにも、上顎の奥歯を放置したことによって副鼻腔炎(蓄膿症)になりひどい頭痛に悩まされることがあります。上顎の根っこの先は副鼻腔に近く、根の先まで進行した細菌が副鼻腔にまで流れ込んで副鼻腔炎になることがあります。この時に副鼻腔の内圧が高まり、周りの神経を圧迫して頭痛を引き起こします。

 このように虫歯を甘く見て放置してしまうと、かなりおおごとになってしまうこともあります。そうでなくても、本来1~2回で治療が終わるところが、放置してしまったために数カ月かかってしまうこともあります。

 平気だと思っていて、痛みがなくても、治療せずに虫歯菌がいなくなることはありえません。気がつかないうちに虫歯は体の中に入り込んでいるのです。脳の血管に入り込んだ場合、血栓を作って血液の循環を悪くして頭痛を引き起こしたり、最悪の場合、脳梗塞など命に関わる病気に発展したりすることもあるのです。

 歯科の基本は、「痛くなる前に」です。定期的に検診を行っていれば治療中の痛みもなく、歯も健康でいられます。

小林 保行

 

熊本の避難所へ

 

熊本市内にある東町グラン歯科様へ、歯ブラシ等歯材関連物資を配送しました。
近隣の避難所にて配布いただけるとのこと。
IMG_0664 (1)
 
微力ではありますが、歯科医院として被災された方々のお役に立てればと思います。
 
 

 

1 / 41234