無痛治療

無痛治療とは、歯の治療を行う際はもちろん、治療前の麻酔の段階から、痛みを最小限に行う歯科治療を指します。

非常に多くの方が歯医者での治療に対して『痛いし、怖い』とのイメージをお持ちだと思います。
今井歯科では、全ての患者様に対し、極力痛みのない治療を受けていただけるよう努めております。

麻酔

表面麻酔剤

表面麻酔剤
針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させ、注射針を刺す痛みを減らします。

針・注射器

電動の麻酔注射器

電動の麻酔注射器
電動注射器を使用すると 従来より細い針が使え、刺した時の痛みがおさえられます。注入時の圧力が一定で、 手ぶれもなく、ゆっくりと痛くないように麻酔ができます。

静脈内鎮静法

治療に際して不安感・恐怖心を今まで経験されている方には静脈内鎮静法という治療方法があります。

腕に点滴をしながら鎮静剤を投与することで、少しぼーっととした眠くなる状態を作る方法です。
うつらうつらとした状態になりますが、全身麻酔とは違って、意識が完全に無くなる事はありません。治療中の記憶が無い場合もありますが、治療後にゆっくり体を休めることによって意識は徐々に明瞭に戻りますのでご安心ください。