アフターケア

インプラント治療後のきちんとしたメンテナンスが、インプラントを長持ちさせるための秘訣です。毎日の念入りなブラッシングを今まで以上に心がけてください。ブラッシングを怠るとインプラント周囲炎(インプラントの歯周病)になり、せっかく埋め込んだ人工歯根が抜け落ちてしまいます。また、ネジの締まり具合や各部の点検、噛み合わせの調整なども必要なので、半年から1年に1回は必ず定期検診を受けましょう。

インプラントの人工歯根は丈夫なチタン製なので、よほどのことがない限り口の中で長年にわたり正常に機能し続けます。しかし人工歯根を支える歯ぐきや顎の骨などの歯周組織はそうはいきません。ブラッシングが十分にされずプラークが付着した状態のまま放置するとインプラント周囲炎になり、人工歯根の周りの顎の骨が痩せて失われてしまいます。すると支えを失った人工歯根はグラつき、些細な力で折れたり抜け落ちたりしてしまうのです。

効果的なメンテナンスはPMTC

インプラントの保証

インプラントを長持ちさせるために高い効果を発揮するのがPMTCです。PMTCとは歯科医師や歯科衛生士による専用の機材を使った歯のクリーニングのことで、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略称です。毎日のブラッシングではどうしても取り除けない、歯の表面や歯周ポケットに付着したプラークをきれいに除去します。インプラントを長持ちさせるには、最初の原因であるプラークを歯や歯周組織に溜めないことが重要です。毎日の丁寧なブラッシングに加えて、プロによる定期的なクリーニングで確実なメインテナンスを続けましょう。