インプラント手術の流れ

1.診断と治療計画の提示

診断と治療計画の提示
失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。カウンセリングをはじめレントゲン、口腔内写真撮影などによる充分な診断の後、インプラント治療計画を立てます。

2.インプラント治療前の処置

インプラント治療前の処置
必要に応じて、歯周病治療やカリエス治療など、残存歯の治療を行います。また、骨造成なども行う場合があります。

3.インプラントの埋込手術

インプラントの埋込手術
インプラントを埋める部分の歯肉を開いて顎の骨にインプラント体(フィクスチャー)を埋め込み、開いた歯肉を閉じて縫い合わせます。局所麻酔のため痛みはほとんどありません。

4.インプラントと骨の結合安定期間

インプラントと骨の結合安定期間
一次手術後、インプラントが骨の中でしっかりと接合されるまでの安定期間を設けます(オッセオインテグレーション)。安定期間はインプラントを埋めた部位や骨の質などで個人差がありますが、約6~24週間です。この間は仮の義歯を使用することができますので、日常生活に支障はありません。

5.安定期間後の二次処置

安定期間後の二次処置
インプラントが完全に顎の骨と結合されたら、人工の歯を取り付ける準備をします。歯肉を小さく切開し、埋まっているインプラントの頭部を露出させ、人工の歯を接続するためのアバットメントという土台を取り付けます。この状態で、歯ぐきが治るまで6週間程度おきます。この段階で外科処置はすべて終りです。

6.人工歯の型取り、装着

人工歯の型取り、装着
歯ぐきが治った時点で口の中の型を取り、歯の型を取り、歯並びや形状、色をチェックしながら、インプラントに接続される冠せもの(セラミック)を作ります。冠せもの(セラミック)が完成したら、いよいよ装着。インプラント治療の完了です。

7.治療後のメインテナンス

治療後のメインテナンス
治療が終った後は、定期検査にお越しください。
※定期検査の期間は口腔内の状況などで異なります。

アフターケアについて詳しく見る