歯周病治療

歯周病治療

日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎または歯周炎)にかかっているといわれています。歯周病は歯の表面につくプラーク:歯垢(細菌の塊り)に含まれている歯周病菌に感染することによっておこる「歯の周りの病気」です。

歯の周りの組織が炎症を起こす「歯肉炎」と、それがさらに進行して炎症が深部にまでおよび歯を支えている歯槽骨が溶けだす「歯周炎」の2つに分けられます。

歯周病治療の必要性と症状

食べ物のカスなどから発生するプラーク(歯垢)の中に含まれる「歯周病菌」によって引き起こされる「歯周病」。
症状としては、まず歯茎が腫れてブラッシングの際などに血が出るようになり、進行すると膿が出るようになります。さらに進行すると歯槽骨(顎の骨)が溶かされて、結果として歯が抜けてしまうのです。
歯周病は初期の自覚症状がほとんどないことでも知られており、歯の痛みや違和感に気付いたときには重症になっていることも珍しくはありません。実際、日本において歯を失う原因のほとんどが歯周病によるものだと言われているのです。
口内には非常に多くの細菌が生息しており、その中には体の中に入り込むことで重篤な病気を引き起こすものも存在しています。その中の1つが歯周病菌で、何らかの原因により体内に入り込むことで、心臓病や肺炎、糖尿病、早産といった症状が引き起こされると言われています。
当院では、最先端歯周病治療の光力学療法のペリオウェィブ、細菌検査、マイクロスコープによる根管治療、3DS治療、歯肉形成外科、と患者様に応じた様々な治療をおこないます。
いつまでも健康な歯を保つためには、早めの治療をこころがけ、定期検診などでチェック・予防してもらうことをお勧めします。

最先端歯周病PDT治療ペリオウェイブ

ペリオウェイブ

世界中で、話題の最新バイオテクノロジ一治療。それが、光化学殺菌によるペリオウェイブ・システムです。
わずか2ステップの療法で、歯周ポケット内にある病原菌の細胞を破壊し、健康な歯周組織を回復します。インプラント周囲炎にも最適な治療法です。
歯周ポケット内にバイオジェルを注入し、レーザー光を照射するPhoto Disinfection(光殺菌)です。痛みや術後の腫れがありません。
悪玉バクテリアが無くなると、いつも健康な歯茎になリ口臭もなくなリます。

PDT治療とは?

PDT治療

PDT ( photo dynamic therapy)は光線力学療法と呼ばれる薬を使わない光による殺菌システムです。
人の口の中には約500種類以上の細菌が生息しています。その中の数種類の菌ガ歯周病を引き起こし炎症が起こり始めます。
従来、歯周病菌に対する処置万は抗生物資の投与が一般的でした。しかし、抗生物質は細菌に対し非常に有効ですが、長期使用により耐性薗が生産され、あまり効かなくなってしまうのです。

PDT治療の特徴

◆薬を一切使用しない
◆耐性菌が発生しない
◆副作用が起こりにくい
◆全く痛みを伴わない
◆手軽に何回でも処置できる

PDT治療の原理

PDT治療の原理は、バイオジェルと呼ばれる染色液て、歯周病菌を染めます。このバイオジェルは光感受性物質と言い、光を吸収すると化学反応が起こり活性酸素を大量に発生させる事が出来、この生体に安全な活性酸素(一重項酸素) は細菌を殺します。

インプラントのメンテナンス
◆インプラントのメンテナンス
自分の歯と同じようにインフラントにも歯周病菌は発生してしまいます。
せっかく埋めたインフラントもメインテナンスを怠ると周りの骨が溶けてしまい抜けてしまうことがあります。一生使い続けるため定期的|こPDT治療によるクリー二ングをしましょう。
矯正中の歯周病治療に
◆矯正中の歯周病治療に
自分の歯と同じようにインフラントにも歯周病菌は発生してしまいます。
せっかく埋めたインフラントもメインテナンスを怠ると周りの骨が溶けてしまい抜けてしまうことがあります。一生使い続けるため定期的|こPDT治療によるクリー二ングをしましょう。

PDT治療の流れ

当院ではPDT治療に「ペリオウェイブシステム」システムを使用しています。
ペリオウェイブは人体に安全で、熱による侵収も無く痛みを伴いません。

バイオジェルを歯周ポケットに注入
バイオジェルを歯周ポケットに注入
無熱レーザーを1分間照射
無熱レーザーを1分間照射
死滅した菌を洗浄
死滅した菌を洗浄

PDT治療の治療例

PDT治療の治療例

治療回数には個人差がありますが、ほとんどの場合、1回~3回の処置で改善します。
改善後も予防の為に6ヶ月おきの受診をお奨めします。
適応症:
歯肉炎、歯周炎、根管治療、インフラント周囲炎、ヘルペス、口内炎、力ンジダ症
禁忌症:
無力タラーゼ症の方、光感感受性発作のある方

保険適応外の為自費診療になります。
詳しくはスタッフまでおたずね下さい。

細菌検査

細菌検査で歯周炎からインプラントを守る

細菌検査で歯周炎からインプラントを守る

インプラント治療では、歯茎の健康維持が大切です。
インプラントは、現在の歯科診療では、歯の喪失時治療のひとつとして定着しています。80%~90%以上の成功例がある一方、インプラント周囲炎による失敗例も散見され、インプラントへの歯周病原細菌の影響やリスクに関する報告も多くなっています。
インプラン卜の術前・術後において、歯周病原細菌の検査をし、インプラント周囲炎のリスクをコントロールすることをお勧めします。

インプラント周囲炎とは

細菌感染や過重負担などにより、インプラント周囲の骨破壊を伴う炎症性病変が生じます。症状は、インプラント周囲の粘膜の発赤、膨張や出血、排濃、周囲組織の退縮などがあり、さらに進行すると歯槽骨が破壊され、歯の動揺も伴います。
これらは、歯周病と同様に歯周病原細菌の影響で発症します。通常の歯周病(炎)に比べ炎症が深部に及び、重症化しやすい特徴があります。
主な歯周病原細菌の種類は、A.actmomycetemcomitans、P.gingivalis、P.intermedia、T. forsythensis、T.denticolaなどが知られています。歯周病に羅患した歯周ポケットから口腔内で細菌が伝播することが明らかになっており、インプラント治療時には歯周組織の健康状態を良好に保つことが重要です。

症例と治療例

P.gが関与したと見られるインプラント周囲炎の治療症例

P.gが関与したと見られるインプラント周囲炎の治療症例

P.gingivalisの線毛遺伝子型(PCR法)はfimAtypeI (最も悪性度の高いタイプ)HAインプラン卜からのみ、歯周病原細菌が検出された。抗菌療法による除菌後、CISTの分類に基ついてインプラン卜周囲のデブライドメン卜とGBRを行い、1年後に骨のレントゲン的再生を確認後、上部構造を再装着した。

歯周病原細菌が関与した重度歯周炎患者に対し、除菌後に、全顎にインプラントを行った症例

歯周病原細菌が関与した重度歯周炎患者に対し、除菌後に、全顎にインプラントを行った症例

歯周ポケットからは80%近い歯周病原細菌が検出され、これまでの歯周治療に反応しない理由が推察された。全ての歯が保存不可能であるため、抜歯とGBRをしながらインプラン卜治療を行った。このような場合、天然歯からインプラントへ感染する可能性があるため、先行して除菌を行うことは重要である。

周病原細菌検査の導入例

インプラント術前検査
インプラント術前検査
定期検診(メインテナンス)
定期検診(メインテナンス)
インプラント周囲炎治療
インプラント周囲炎治療
インプラントの術前・術後において、歯周病原細菌の検査をし、インプラント周囲炎のリスクをコントロールします。

マイクロスコープによる根管治療

マイクロスコープによる根管治療
歯科治療のこれまでは、大部分を肉眼にたより、狭い口腔内のなかを手探りで治療をおこなうこと場合もあり、そのため見えないところは見えるまで削りとってしまうなど、健康な歯をどんどん削りすぎてしまったり、見えないために悪いところを残してしまい、虫歯の再発や根の神経痛みがでてしまう問題がありました。
歯科用マイクロスコープにより、狭くて暗い根管の奥まで光を照らすことがで可能になります。高倍率で歯を見ながらの治療が可能になったため、悪い所だけを削りすぎずに最少の削る量で治療でき、さらに拡大視できるので、きれいに治療部位の封鎖ができます。
マイクロスコープによって、より確実性のある精度の高い治療がおこなえます。
歯にとって最小限の侵襲で治療し、できるだけ削らずに歯を残すマイクロスコープを使った顕微鏡歯科治療は、最先端の歯科治療なのです。

根管治療について

根管治療について
歯の内部に侵入した感染源を取り除く事により細菌の影響で生じた歯の周りの炎症を抑え、再び使用可能な歯に再生する治療です。歯の内部の根管という神経血管が入った極細い空洞を治療し歯内治療とも言われています。

根管治療は…

既に根管内に細菌が侵入してる場合。
細菌は大きなむし歯になった時や、以前おこなった治療中に侵入し残存してしまったものなどです。
停滞したままの細菌であれば悪影響はありませんが、活動し増殖した場合は毒素が歯の回りに染み出し、骨や歯肉に炎症を起こさせるため、治療が必要となります。
治療を簡単に説明いたしますと、歯の内部に侵入した感染源を取り除歯洗浄しゴム状のお薬を詰めることです。

根管治療をできるかぎり無菌的に行うために…

当医院では、ラバーダム防湿法を行っています。
ラバーダム防湿法とは、口内の唾液やバクテリアから歯を隔離するために、ゴムの薄いシートを金属製の留め具のようなもので歯に装着いたします。

根管治療の流れ

根管長の測定
1.根管長の測定
神経を取り除き、根管の長さを正確に測定します。
根管の掃除
2.根管の掃除
神経を取り除いた部分を広げ、根管の中の汚れ、むし歯菌に侵された象牙質などを完全に取り除きます。
薬剤による消毒・殺菌
3.薬剤による消毒・殺菌
根管の汚れを完全に取り除いた後、細菌が残らないよう消毒します。
根管充填
4.根管充填
根管の消毒後、薬剤を根の先端まで隙間なく詰めて密閉します。
土台を入れる
5.土台を入れる
金属の土台を入れる。
治療完了
6.治療完了
クラウン(被せ物)をかぶせ治療が完了します。

3DS治療

3DS治療
3DS(Dental Drug Delivery System)は虫歯菌や歯周病菌を除菌する治療です。
専用のマウスピースに薬剤を注入して装着することで、虫歯菌や歯周病菌に直接作用させて除菌し、悪化させる要因である歯垢の定着を集中的に抑える治療です。
唾液に希釈されることな く、安全で確実に薬剤を塗布することができます。

3DS治療の特徴

3DS治療の特徴
バイオフィルムをPMTC(歯科衛生士による 専門技術と器具による徹底的な歯の清掃)などで破壊し、薬剤を注入した専用のマウスピースを装着することで、唾液に希釈されることなく、確実に薬剤を塗布します。
歯周病の関連菌の除去や口臭予防にもつながると考えられます。
歯周病菌の予防には毎日のブラッ シングと共に、歯科医院での定期的・専門的 なお口のクレンジングも大切です。
3DSや定期的・専門的なお口のクレンジング(PMTC)により歯面上に健全な口腔細菌叢が定着 し、口内環境を整えます。

3DS治療の流れ

唾液検査と診療方針説明
唾液検査と診療方針説明
歯石除去・専用マウスピース作成
歯石除去・専用マウスピース作成
バイオフィルムを歯科衛生士による専門技術と器具で徹底的に除去
バイオフィルムを歯科衛生士による専門技術と器具で徹底的に除去
専用マウスピースに薬剤を注入し装着
専用マウスピースに薬剤を注入し装着
ホームケア
ホームケア
次の3DS治療まで家庭でのケアを行います。
再感染防止のため歯ブラシを新しいものと交換し、3DS実施の直後は糖類を控えるようにします。
1日1回、寝る前のブラッシング後、専用マウスピースにホームケア用の除菌ペーストを入れて5分間装着し、歯の表面に作用させます。
再度3DS治療と唾液検査
再度3DS治療と唾液検査
メンテナンス
メンテナンス
約3ヶ月の間隔でPMTCなどによるメンテナンスを継続します。

歯肉形成外科プラスティックサージェリー

歯肉形成外科プラスティックサージェリー
プラスティック・サージェリー(歯周形成外科手術)は、審美歯科の治療です。
また、歯科治療の予後をより長期安定させるためには、周囲の歯肉の形態を生理的で審美的なものに改善する治療でもあります。
プラスティックサージェリーの治療で歯肉の形態や審美的再生、色調をより自然に美しくするためには、デリケートで繊細な外科手技、豊富な外科経験等が必要となる
審美歯科治療です。

歯肉形成外科プラスティックサージェリーの必要性

歯肉形成外科プラスティックサージェリーの必要性
歯肉が少なすぎて歯が長く見えてしまうような時に、歯肉を増大させて歯の見える部分を少なくして歯を短く見せる治療、歯肉が多くて歯が短く見えてしまう時に、歯肉を切って短くして歯を長く見せる、歯冠長延長術などの治療などがあります。
また、日常多く存在している審美障害や知覚過敏が治らないなど、歯肉組織に付随するさ症例があります。このような事例に対して、より安全で確実な対応ができるよう、遊離歯肉、上皮下結合組織の採取、移植、縫合法など外科的審美歯科治療として必要とされています。
歯肉の改善による審美性の獲得
◆歯肉の改善による審美性の獲得
プラスティックサージェリー治療では、歯肉の形態や色調をより自然に美しく見せ、被せ物では得ることができない審美性の獲得をします。
例えば、後退した歯肉を再建することやブリッジの見せかけの歯の部分を自然に見せることができます。
歯科治療後の長期安定
◆歯科治療後の長期安定
プラスティックサージェリー治療では、周囲歯肉組織の形態をより生理的に保ち、歯周組織再生のみならず、歯科治療後を長期安定させることができます。

歯肉形成外科プラスティックサージェリーはこんな方にオススメ!

◆歯肉が少なすぎて歯が長く見えてしまう方
◆歯肉が多すぎて歯が短く見えてしまう方
◆口腔前庭が浅くてブラッシングが困難な方
◆その他歯肉のトラブルをお持ちの方

歯肉形成外科プラスティックサージェリー治療の流れ

歯肉の形態や色調をより自然に美しくする審美歯科治療のひとつでもあるプラスティック・サージェリーの治療の流れをご案内いたします。

カウンセリング・検査
1.カウンセリング・検査
ご要望をお伺いし、治療方針および治療計画をご説明・ご相談させて頂きます。
術前(手術当日までの)処置
2.術前(手術当日までの)処置
感染予防のための殺菌や除菌など、必要に応じた口腔内術前の処置を行います。
手術当日
3.手術当日
術前に痛み止め・晴れ止めの薬を服用。
無痛麻酔によって施術いたします。
よって、術中の痛みはほとんどありません。
術後チェック・管理
4.術後チェック・管理
傷口の程度により消毒や処置、抜糸を行います。