小児歯科
0歳からの小児歯科

妊娠中のお口の変化とリスク

妊娠中のお口の変化とリスク

現在妊娠中の方、および妊娠を望まれている方に、まず知っておいていただきたいのが、妊娠した時のお口の変化です。

妊娠とお口の変化とは、一般的には軽視されがちですが、実は非常に大きな身体的な変化が訪れます。

妊娠すると心も体も変化します。それは女性ホルモンの変化によるものです。
まずは、妊娠中のお口の中の変化と、それらにより引き起こされるリスクについてしっかり覚えておく必要がありますので、下記にご説明いたします。

歯肉炎

歯周病には様々な種類の菌が存在します。その中には、女性ホルモン(エストロゲン)が好きな細菌が含まれており、これが歯茎の炎症をより引き起こしやすくします。

さらに、つわりにより歯みがきがしにくくなることで、口の中が不衛生になることがそれらを悪化させていくのです。
歯肉炎は、妊娠初期から発症し、妊娠中期頃に最も多くみられ、妊婦さんの約半数以上が歯肉炎になると言われているほどです。

虫歯

虫歯

つわりにより歯みがきがしづらくなったり、(繰り返される嘔吐によって)胃酸が歯の表面を溶かしてしまうなど、より虫歯になりやすい環境になります。

早産

妊婦のお口の中に歯周病があると、その歯の周りに起きている炎症が血液によって運ばれ、サイトカイン(炎症に関連する物質)が増加します。

さらに、これによりプロスタグランジンが分泌しますので、これが子宮を収縮させ、早産になるリスクが高まると言われています。歯周病が重い人ほど、血中サイトカインの量が増え、サイトカインの数値が高い人ほど、出産時期が早くなっていることが分かっています。

早産

妊婦における歯科医院通院の重要性

妊婦における歯科医院通院の重要性

上記のように、女性は妊娠することにより、お口の環境が大きく変化します。
『妊娠により歯がボロボロになった….』という話を良く聞くことがありますが、妊娠における体のメカニズムを考えると、それは当たり前の事なのです。

歯周病は、成人の約8割の人が罹患していると言われる、いわば国民病です。
一見、歯周病が無いようにみえても、細かい検査をすることで、早期の歯周病に罹患している歯が多く見られるのが実情です。
妊娠前から歯医者さんに通うことで、これらを防ぐことが十分可能ですが、妊娠してからでも遅くはありません。

妊娠中期、つわりが落ち着いた頃に、必ず歯医者さんで歯周病や虫歯のチェックをしてもらいましょう。その時には、必ず「妊娠中」である旨を伝えるようにすると良いでしょう。

妊娠周期でみる歯医者さんに行くタイミング

妊娠初期(1~4ヶ月) 切迫流産を起こしやすい時期。歯科治療は控えたほうがよい。
妊娠中期(5~8か月) 安定期。通常の歯科治療を受診可能。
妊娠後期(9ヶ月~) 陣痛がくる時期。この時期の治療は避けたほうがよい。

ミュータンス菌の母子感染

ミュータンス菌の母子感染

虫歯の原因菌に『ミュータンス菌』という細菌があるのをご存知でしょうか?このミュータンス菌ですが、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、全く存在していません。いわば、子供たちの虫歯の原因となるミュータンス菌は、出生してから、お母さんやお父さんからの口移しで移る後天的なお口の病気なのです。

乳児期からの母親や父親、祖父母などの家族とのスキンシップは、赤ちゃんのその後の生育に大きな影響を与える大事な行為です。しかし、悲しいかな、この温かなふれあいにより、赤ちゃんには虫歯菌という細菌までも移してしまいます。

母親のミュータンス菌の数が多いと子供のミュータンス菌の数も多く、むし歯になるリスクが2倍以上高いというデータもあるほどです。つまり、子供のむし歯を減らすためには、まず周りの大人たちが自分のミュータンス菌を減らす努力を行う事以外に方法がないと言うわけです。

特に、生後19ヶ月~31ヶ月の間が、最も感染しやすい時期と言われています。キスや同じスプーンでの口移しなどの機会が増えるからです。よって、それまでに、周りの大人(特に母親)は、ご自身のお口の中のミュータンス菌を減らしておく必要があります。

ミュータンス菌の母子感染

妊婦の予防歯科プログラム

当院では、0歳からの予防歯科プログラムとして、妊産婦のお口の健康を守るための予防歯科治療を行なっています。
妊娠時期に注意しながら、お気軽にお問合せください。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

つわりの状況をみながら、小さめの歯ブラシによるブラッシングなど、より苦痛なく確実にお口の中を綺麗にできる歯みがき指導を行います。

まれに、歯磨き粉などでつわりを引き起こす場合もありますので、歯磨き粉を使用しないブラッシング指導なども行なっています。

どうしても歯みがきがつらい場合は、1日に数回の洗口だけでも行うように指導します。

お口の中のチェック

虫歯・歯周病の有無を始め、お口の中の状態をチェックします。
歯茎に炎症が起きていないか?歯石がたまっていないか?などを丁寧にチェックし、必要に応じて予防処置を行います。

レントゲン撮影

レントゲン撮影は、必要な場合のみ行います。
万が一、レントゲン撮影が必要な場合には、防護エプロンを着用し、被曝に気を付けて行いますのでご安心ください。
また、低被曝のデジタルレントゲンを使用します。

麻酔

万が一、麻酔が必要な治療の場合でも、一般的に歯科麻酔は局部麻酔なので、通常量の使用では母子ともに全く影響はありません。
妊娠中期以降であれば、問題がございませんので、お気軽にご相談ください。

投薬

原則として妊婦への投薬はいたしませんが、痛みがひどい場合などは、産婦人科医と相談の上、投薬する場合もございます。
痛みがひどくなり、投薬が必要になるまで、歯のケアをしないでおくことはお勧めできません。できるだけ早く、歯科医院で歯の検診を行っていただくことをお薦めします。