矯正歯科

 矯正歯科

なぜ矯正治療が必要なのでしょうか

あなたは「矯正治療」について、どんなイメージを持っていますか?
ひょっとして単に「歯並びを治す治療」というふうに思っていませんか?
先ずはその誤解を解くところから、説明したいと思います。

そもそも歯並びが悪い事によって、どんな不都合が起こるのでしょうか。

1.虫歯や歯周病、口臭の原因になりやすい

歯並びが悪いと、歯ブラシの毛先が届きにくく、みがき残しができやすくなります。その為、むし歯や歯肉炎(歯ぐきの炎症のこと。歯肉炎にかかっていると、歯ぐきが赤くはれて、歯みがきのとき血が出たりする)になりやすいのです。
更に咬み合わせが悪くて、食べものがよくかめないと、だ液の量が減ってきて口の中の汚れがどんどんたまることになり、こうなると歯の病気だけではなく、口臭の原因になる事もあります。

2.あごの関節が痛くなりやすい

口を開けたとき耳のそばでカクカク音がしたり、口が大きく開かなかったり…。これが子供や女性に増えている顎関節症の症状です。悪い姿勢や精神的なストレス、歯ぎしりなど色々な原因がありますが、歯並びの悪さから起こる場合もあります。

3.消化が悪くなる

咬み合わせがよくないと、しっかりとかめないだけじゃなく、だ液の量が減って消化されないまま飲み込む事になります。消化されないまま食事をしている事は、お子様の成長を著しく阻害する原因にもなります。

4. 発音がしにくい

症状によってはサ行やタ行の発音がハッキリしなくなる事があります。特に外国語の発音に困る事が考えられます。今後はますますグローバル社会が加速化されます。そんな中で外国語の発音に困ってしまうと、お子様も外国語を学ぶ事に対して前向きになれないかも知れません。

5. 肩こりや頭痛が起こりやすい

咬み合わせが悪いと、なんとかうまく咬もうとして、あごが不自然な動きをするので、あごや筋肉にムリな力がかかってしまい、そのため頭痛や肩こりなどが起こることがあります。

歯磨き

いかがですか?
歯並びが悪い事によって、生活していく上で以上のような弊害が起きやすくなるのです。ですから「矯正治療」というのは、単に「歯並びをキレイにする」といったものではなく、快適に生活していく上で非常に大切な事なのです。

歯並びが悪い事によって、生活上起こりうる弊害はここまでお話した通りですが、あともう一点、歯並びが悪い事によって、今後のその人の性格形成を決定しかねない事があります。それは『笑顔を作りづらくする』という事です。

-『感情』は『行動』によって作られる-

このような言葉があります。この言葉を“笑顔”という考え方に当てはめると、

-嬉しい、楽しいという気持ち(感情)は、笑顔(行動)によって作られる-

上記のように言い換える事が出来ます。
笑う事によって、楽しい感情、嬉しい感情が湧き起こるという事です。
それだけ「笑う事」「笑顔」というのは重要なのです。

しかし歯並びが気になる人というのは、どうしても自然に笑顔を作りだす事が出来ません。

『歯並びが悪いのを人に見られたくないな…』

『人前で笑顔を作ると、歯並びが悪いのがバレちゃうな…』

『なるべく人前で笑顔にならないようにしょう』

このような気持ちの積み重ねによって、表情そのものが暗くなってしまったり、人前での笑顔が不自然になったり、必要以上に手を口元にあてて笑うようになるのです。

このような事態を矯正治療によって改善していきませんか?

矯正治療の流れ

1.矯正相談

まずはお悩みやご希望などを聴かせて頂きます。御質問頂きました内容に関しまして、当院資料を用いながら、丁寧にお話させて頂きます。

2.精密検査

最適な治療に必要なレントゲン写真を含めました、精密検査を実施させて頂きます。

3.コンサルティング

精密検査の結果を元に、患者様の現在の状態、治療方針、費用などのお話をさせて頂きます。このお話を聞かれた上で、正式に矯正治療を開始するかどうか、患者様に決めて頂きます。

4.矯正前治療・装置装着

虫歯などがある場合は、矯正装置を付ける前に治療させて頂きます。虫歯の治療の後、矯正装置を装着します。始めは違和感があるかも知れませんが、大体1週間位で装置にも慣れてきます。

5.ブラッシング指導

矯正治療の最中は、とにかく虫歯になりにくい歯を作っていく事が大切です。そのために、定期的なチェックと歯ブラシの仕方などをお伝えしていきます。

お子さまの矯正歯科

お子さまの矯正歯科

子供の時期に行う矯正治療が小児矯正です。
歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことにより、より理想的な治療を行うことが出来る場合があります。なぜなら、顎骨の成長が終わってしまっている大人は、歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供は成長段階にある為、ある程度アゴの成長をコントロールしながら矯正を行うことが出来るからです。また、子供には虫歯や歯周病の治療跡がほとんどないため、大人に比べて矯正装置がつけやすいのです。

有効な時期

アゴの骨が成長する6歳~14歳までの間に矯正を行うと有効だと言われています。
この時期に矯正を行うことによって、歯とアゴや上アゴと下アゴの大きさのバランスをある程度コントロールすることができるからです。

抜歯を避けるために

永久歯が生えそろってから治療を始めると歯を動かす空間作りに抜歯が必要になることがあります。
抜歯を避けるために永久歯の生え変わりの様子を見ながら矯正を行っていきます。
乳歯の時期から治療をはじめると万全な準備ができます。

治療期間

永久歯の生え変わりの様子を見ながら矯正を行って行くため、通常の矯正よりも長い治療期間・観察期間が必要になることが多くなります。(通常、歯の生え代わりが終わる15歳前後までは経過を観察する必要があります)
また、永久歯が生え揃ってから再度矯正が必要となる場合もあります。

お子様の矯正歯科が必要な理由

◆アゴの成長をある程度コントロールできる
◆矯正のために歯を抜く確率が低くなる
◆大人になって矯正治療が必要となる場合、矯正の治療期間が短く、良い結果が得られやすい
◆矯正期間中の通院で効率的に虫歯予防ができる
◆大人になってからの矯正を行う必要がなくなる場合がある

床矯正

床矯正

入れ歯のような装置を歯の裏側に入れてあごを広げ、歯が生えるスペースをつくる治療方法が床矯正(しょうきょうせい)治療です。歯をできるだけ抜かずに歯ならびを矯正できます。顎がきちんと育っていないと細くて狭い顎に歯がきれいに並びません。そうならないように、「顎を拡大する治療」が床矯正です。
また床矯正は咬合誘導の一種とも言えます。
咬合誘導は、生える時期が異なる永久歯が正しく生えるように誘導する治療です。
永久歯の生え具合いを診ながら“きれいな歯並び”と“適切な咬み合わせ”を目指します。

保定期間

人為的に動かした歯並びはそのままにしておくと元に戻ってしまう為、矯正治療では歯並びを定着させる保定期間が必要になります。床矯正も同様で治療期間の2~3倍程度の保定期間が必要です。保定を怠り、歯が動いてしまうと、最悪の場合“再矯正”が必要になることもあるため、保定期間はとても大切な期間です。

床矯正の特徴

◆歯を抜かずに矯正できる
◆アゴの成長を良い方向に促す
◆必要な時に矯正装置を外すことができる

床矯正治療時の注意

◆1日最低14時間以上(できれば20時間)、毎日装着してください
◆矯正装置は壊さないように大事に扱ってください
◆床拡大装置の使用時は2日に1回必ずネジを巻いてください
◆月に1~2回通院し、使用している状態で来院してください

顎顔面矯正

顎顔面矯正

顎顔面矯正治療は、顎骨と顔面の発育を正しく促し歯並びも良くする治療です。
このような治療は早期治療、予防矯正とも呼ばれてますが、まさに不正咬合を防ぎ正常な顎顔面と歯列を造る治療です。成長期の子供の噛み合わせの悪さの原因の多くは顎の成長が上顎で抑えられ、顎の発達が妨げられていることがほとんどです。歯を抜き、ワイヤーで歯を固定する治療方法では本当の原因は解決できていないのです。顎の成長は個人によって大差があるため、それぞれに合った装置と治療が必要です。

顎顔面矯正の治療

口腔内に急速拡大装置と呼ばれる特殊な器具を装着し、顎の骨全体を広げることで、骨の正常な成長を促し、「発育のコントロール」を行います。特に、急速拡大装置を用いた治療は、成長段階にあるお子様は非常に効果的です。そして、歯だけではなく、頭骨や歯を取り巻く軟組織までを考慮した治療です。根本から歯列を治療するには、顎の正しい発達が必要になります。顎の骨が広がれば、歯は自然と正しい位置へ収まり、美しい歯並びになります。

治療後に改善が期待される症状

◆鼻づまり
◆ぜんそく
◆いびき
◆舌運動機能
◆咀嚼機能
◆姿勢維持

顎顔面矯正治療をすると、歯並びが美しくなるだけでなく、その他多くの症状の改善が見られます。
上顎の骨が広がると、狭まっていた鼻腔や気道も広がり、鼻づまりやぜんそくの改善、いびきの軽減も期待できます。
下顎の場合は、舌が本来の位置に戻るため、舌運動機能や咀嚼機能の改善に効果があります。
顎全体のバランスを整えることで、体本来の正常な機能・正常な発育へとつながっていきます。