小児矯正歯科
主な不正咬合の種類

叢生(乱くい歯、八重歯)

叢生(乱くい歯、八重歯)

不正咬合の一つに、叢生(乱くい歯、八重歯)があります。

顎のスペースに問題があり、歯が並ぶ隙間が足りない場合、歯は捻れたり、または重なったり、あるいは前に突出します。つまり、歯のサイズが大きすぎることや アゴが小さいことにより起こる不正咬合です。

歯が捻れたり重なったりした不正咬合を『叢生』と呼び、特に犬歯が飛び出した状態を『八重歯』と呼びます。このような状態になると、日々の歯磨きが行き届かず、虫歯や歯周病になりやすく、またその治療がしにくくなることが問題です。

主な原因

  1. ●遺伝的な要素
  2. ●顎の発育が不十分
  3. ●永久歯がうまく生え揃わなかった
  4. ●幼少期の指や舌を噛む悪癖

主な治療

八重歯になってしまうと、咀嚼の動きにはほとんど関与しません。この状態の矯正治療は、犬歯の後ろにある小臼歯を抜歯して、犬歯を綺麗に並べる治療などを行います。

きちんと歯が並ぶためには、十分なスペースを確保しなければなりません。そのため、顎の骨を広げる治療や、やむを得ず抜歯によってスペースを確保する治療などを行います。

不正咬合(すき歯)

不正咬合(すき歯)

歯と歯の間にすき間ができてしまう状態を空隙歯列弓・すきっ歯と呼びます。特に、中心の歯にすき間がある状態を正中離開(せいちゅうりかい)とも呼ばれます。

顎が大きく、歯が小さいなどの遺伝的要素が強いのが特徴です。

主な原因

  1. ●遺伝的な要素
  2. ●舌癖

主な治療

乳歯や小学低学年の場合は、軽度であれば自然に良くなることもあります。5歳以下のお子様の場合の空隙歯列は、悪習癖(指しゃぶり、舌をかむ癖、口呼吸、など)によって生じている場合が多くみられますので、そのまま、治療せず経過を観察する場合があります。すきっ歯の状態によっても、色々異なりますが、8歳〜11歳頃から治療することが多いです。

不正咬合(過蓋咬合)

不正咬合(過蓋咬合)

過蓋咬合とは噛み合わせが深い状態の事です。上の前歯が下の前歯を完全に覆ってしまうように、深くまで噛み合っている状態をいいます。なかなか、自分自身では気づかないことが多く、検診などで指摘される不正咬合の一つです。年齢が進むにつれて下の前歯が歯茎に当たって歯茎が傷つき、その場所の骨が吸収してしまうこともあります。

主な原因

  1. ●遺伝的な要素
  2. ●くちびるやほっぺの筋肉の緊張
  3. ●前歯の過剰な萌出、奥歯の萌出不足
  4. ●く指しゃぶり、舌癖、口呼吸
  5. ●鼻の病気など

主な治療

必要があれば抜歯し、ワイヤー矯正などで噛み合わせを治療していきます。

不正咬合(切端咬合)

不正咬合(切端咬合)

切端咬合とは上の歯が下の歯を覆わずに、犬歯より前側にある歯の上下の歯の先端どうしが、ぶつかるようにかみ合っている状態のことを言います。いわゆる、受け口のようなかみ合わせを呈しています。上下の歯の先端と先端がかみ合わさっているため、上下の前歯の先に負担が大きくかかります。前歯の先が摩耗したり、欠けたりしていきますので改善した方がよい咬み合わせです。

主な原因

  1. ●遺伝的な要素
  2. ●親不知
  3. ●上下の顎の発達のタイミングのズレ
  4. ●舌で下顎の前歯を押す癖など
  5. ●口呼吸
  6. ●食物を前歯で噛む癖など
  7. ●同じ方向を向いて眠る癖など

主な治療

ワイヤー矯正などで噛み合わせを治療していきます。

不正咬合(切端咬合)

不正咬合(切端咬合)

上顎前突とは、上の前歯や歯列全体が前に突き出ている状態です。非常に、日本人に多く見られる不正咬合です。

実際は、上顎の問題というよりも、下顎の生育が不十分であることや、上の歯が前に傾斜しているために起こるケースが多いのが現状です。

その他の原因としては、3歳を越えても指しゃぶりや口呼吸などがひどい場合に起こるともいわれていますので、お子様の癖に注意が必要です。

よって、このような癖が見られるケースにおいては、咬み合わせの治療と一緒に、指しゃぶりを治したり、口呼吸の改善が必要です。上の歯が出ていることにより、口を閉じにくいため、口呼吸になりやすいのです。また、猫背になりやすいともいわれています。

主な原因

  1. ●ゆびしゃぶり
  2. ●口呼吸

不正咬合(開咬)

不正咬合(開咬)

顎を閉じて歯と歯を噛みあわせても、(前歯の)上下のすき間ができてしまう不正咬合を開咬(かいこう)といいます。
奥歯でモノを噛んでいても、上下の前歯は当たらないほど開咬が激しいと、様々な問題や症状が起こりますので、早めの治療をおすすめします。

開咬という不正咬合の状態では、モノを噛むという機能的な問題のみならず、笑った時の笑顔に自信がもてなくなってしまったり、上手に発音ができないなどの、複雑な問題となって子どもの心身に影響を与えますので、親御さんは注意が必要です。

また、開咬があることで、上手に咀嚼できないことで咀嚼筋への負担が大きく、顎関節症になるリスクも高まります。

主な原因

  1. ●長期的な哺乳瓶の使用
  2. ●長期的なおしゃぶりの使用
  3. ●指しゃぶり

下顎前突(受け口・反対咬合)

下顎前突(受け口・反対咬合)

下顎前突(かがくぜんとつ)は、受け口や反対咬合とも呼ばれ、上顎よりも下顎の方が前に出ている状態を示します。
よく、「しゃくれ」などと言われることもあります。

下顎前突の状態は、顎がしゃくれているなどの見た目の問題があったり、下顎が出ていることにより、前歯でモノがかみ切れないなどの問題点がみられます。よって、お子様の場合、モノが上手く噛みきれないため、食物を丸ごと飲み込んでしまったり、上手く噛みきれないため、食べるのが遅くなったりします。
これらにより、消化管に負担がかかったりしますので、お子様は注意が必要です。

下顎前突は、見た目の問題だけでなく、口の機能(食べたり、話したりなど)にも問題を抱えている場合が多いです。さらには、長い目でみると、むし歯や歯周病などで歯を失うリスクが高いとも言われています。

主な原因

  1. ●遺伝的要素
  2. ●口呼吸