オールセラミックが歯に合っていない場合はどうする?

虫歯の治療で歯をたくさん削ったり、歯が欠けてしまったりした時に金属を使って補うことはご存じでしょう。いわゆる銀歯ですね。では、金属を使わない被せ物や差し歯として「オールセラミック」というのがあるのをご存じでしょうか。オールセラミックは自分の歯の色にあわせることができるので審美性に優れていますが、自費診療になるので、銀歯より高くなります。「お金をだしてせっかくオールセラミックにしたのに、なんだか違和感がある…」そんなときはどうしたらいいと思いますか?今回は、オールセラミックの違和感についてお話しいたします。

違和感の原因は?

違和感の原因は?

オールセラミックによる治療後に違和感が出てしまうことがあります。しかしこの違和感は、通常であれば時間とともに減っていきます。口内はとても敏感なので、治療によって歯並びがいままでと変わったことによる、慣れない感覚に違和感がでてしまうのです。いままで歯が無かった所に歯を入れた場合などは、歯が触れ合うことでキツく感じることがあるかもしれません。歯医者さんできちんと治療を受けたのであれば、違和感はだんだん落ち着いてくるでしょう。最終的に歯を入れた後も通院しながら様子をみると安心ですね。

違和感を少なくするためには?

仮歯の段階での調整

最終的に装着するセラミックの歯は仮歯をもとに作ります。ですから、仮歯を装着した段階で違和感がある場合は歯医者さんに相談して調整しておくことが重要です。

調整は少しずつ

オールセラミックの被せ物をした後は高さの調整を行いないますが、この時に慣れない噛み合わせによって違和感が出ることがあります。この違和感がなくなるまで一気に削ってしまうと、結果的に高さが合わなくなってしまうこともあります。一度削ってしまうと元の高さに戻すことはできません。装着直後は圧迫感があるかもしれませんが、少しずつ調整してもらいましょう。

今井歯科に相談しよう

今井歯科に相談しよう

歯の違和感は自分にしかわかりません。装着したときの感覚を歯医者さんに正しく伝えることでその後の違和感をなくすことにもつながります。入れたときの違和感がずっと続いていたり、オールセラミックの歯を使用しているうちに違和感が出てきたようであれば、今井歯科にご連絡ください。セラミックは割れることがあるので、気づかないうちにかけているなどの可能性もあります。早期発見につなげるためにも、歯医者さんとのコミュニケーションが重要になってくるでしょう。

今井歯科コラム バックナンバー一覧