顎の骨の弱い人や高齢者でもインプラント施術は可能?

歯を失って、インプラント治療で歯の機能を取り戻そう!と決断したものの、顎の骨が弱いのでインプラントは難しいと言われた方ことがある方はいませんか。しかし、最近ではインプラントの研究が進み、最先端の技術を使って様々な施術が可能になってきています。顎の骨が気になる方にもできるインプラント治療はないのか今井歯科と一緒にチェックしていきましょう。

インプラントとは

インプラントとは

ご存知の方も多いと思いますが、簡単に説明すると、歯のインプラント治療は顎の骨に歯を埋める治療です。顎の骨に人工歯根がしっかりと埋まっているので、差し歯のように抜けにくく、また顎の骨によって食べたときの歯触りなどを感じることもできます。ブリッジや部分入れ歯のように周囲の歯に影響が出ることもありません。逆にいうと、顎の骨に穴をあけて埋めて、噛むときには強い力がかかりますので、インプラント治療を行ううえで顎の骨の状態は大変重要な判断ポイントです。

なぜ顎の骨は弱くなるの?

そもそも、なぜ顎の骨は弱くなるのでしょうか。大きく分けて2つの原因が考えられます。まず一つ目の顎の骨が弱くなる原因として多いのが、歯周病です。歯周病は自覚なく進行することが多く、気づいた時には歯を支える骨がほとんどない、といったケースもあるほど、早期発見が難しい病気です。この場合にはインプラントを埋めるための土台そのものがないため、歯医者からインプラント治療をお断りされてしまうことがあります。

2つ目に上げられるのが、高齢者などによく見られる骨の退化です。歯を失ってから入れ歯で対応されていた場合には、歯があった場所の歯茎に刺激が伝わらなくなります。通常、物をかむ力が顎全体に作用し、その結果顎の骨や歯茎が活発に新陳代謝を行うことで、顎の骨の高さや幅が維持されています。入れ歯を使っていると、顎の骨は退化して次第に痩せていきます。また、合わない入れ歯を使うことで強すぎる力がかかっている場合、負担に耐え切れずに骨が減っていってしまう場合があります。ただし、顎の骨が薄い場合でも、インプラント治療が不可能というわけではありません。

顎の骨を再生する材料を入れる

顎の骨の少ない場所に、自分の骨と人工の骨補填物を混ぜたものを入れて土台にする治療方法があります。また、自分の骨は使わずに補填物だけで行う治療法も存在します。効果については個人差があるものの、数か月程度で骨が出来上がってきます。こうして骨が再生したら、人工の歯を装着して使用することができるようになります。

骨を移植して土台を作る

眼の下の頬の部分には、上顎洞という大きな空洞があります。ここは上の歯茎のすぐ上に存在していて、境界となる骨が薄い方がいます。この薄い部分に人工歯根を埋めると、上顎洞まで突き抜けてしまい、うまく固定することができません。
また口の中の細菌が上顎洞に入り込んで感染の原因となってしまいます。
このような顎の骨の状態であれば、顎の骨が薄い部分に骨を移植したり、人工の骨補填物を入れて土台を作る方法があります。また、上顎洞の中から土台となる物質を入れる方法もあります。
上の歯のインプラント治療を行う時には、この上顎洞をどう扱うかという方法がたくさんあるのです。

歯を支える骨を新たに作る

歯を支えられるだけのスペースを用意し、歯の周りの組織の再生を誘導する方法があります。歯槽骨と歯根膜を再生して、歯を支えるだけの強い骨を作ることで、本来存在していた状態に近づける治療です。

ドリルを使わないインプラント

ドリルを使わないインプラント

骨を再生してからインプラントを埋める方法をいくつかご紹介しましたが、骨は成長するのに時間がかかり、その間は未熟な組織を大事に育てる必要があります。感染や衝撃などがないように配慮しなくてはならないため、手間がかかるというのが現状です。こうした骨を育てるような方法ではなく、インプラントの手技そのものが異なるものもあります。
従来のインプラント手術では、顎に直径1.8mmの孔を空けた後、ドリルで骨を削ります。
インプラントを埋められるだけの大きさになるまで骨を削るために、骨は減ってしまいますし、最初からある程度の骨の量がないといけません。
しかし、近年のインプラント治療は、ドリルで削らずに細い針で穴を作り、ゆっくりと穴を広げていきます。こうして穴を広げていく過程で骨の厚みも増していきます。インプラントを埋められるだけの大きさになったら通常のインプラントと同様に人工歯根を入れていくことが可能です。

グラフトレス術式インプラント

骨を移植する方法や、ドリルを使わないインプラントも、いずれも顎の骨を何らかの方法で移植したり、造成したりする方法です。これだと、インプラント手術ができるまでに数か月かかることもあり、途中で失敗してしまうこともあります。

そこで、埋められそうな部分に短めのインプラントを採用したり、斜めに入れることで薄い骨に対応できる傾斜埋入を採用したりすることも選択肢の一つです。人工歯根を4本から6本入れて、そこから遠くにある歯を支えるような、グラフトレス(骨造成のない)術式も登場しています。このグラフトレス術式は高度な技術が必要で、メリットデメリットがそれぞれありますので、今井歯科の説明をよく聞いて判断してください。

今井歯科コラム バックナンバー一覧