歯の神経を治療すると歯が割れやすくなるってホント?

歯の痛みは人間の感じる痛みの中でも比較的強い痛みを感じる状況であると言われています。実際、歯が痛い時には仕事も集中できないことが多いですし、特に痛みが強い状況であれば、身体を動かすこともままならないほどの痛みです。

そんな痛みの中、やっと時間を作って歯医者に行くと「歯の神経を抜きましょう」と言われたことはないでしょうか。
歯の神経って抜いて良いの?神経って大事なものじゃないの?と気になることも多いかと思います。そこで、今回は歯の神経を治療すると歯が割れるという噂について解説します。

歯の神経はどこにあるのか

歯の神経はどこにあるのか

歯の奥に神経が通っていると言うのは何となくわかります。イメージとしては、歯医者さんによるある歯のキャラクター。あの歯の中心に一本の線があって、これがきっと神経なんだろうな、とイメージしている方がほとんどであると思います。
しかし、実際の神経はもっと複雑な形状をしているのです。
歯の表面はエナメル質という硬い層があります。その下には象牙質があり、象牙質で守られるように歯髄があります。口の中にある歯の下には根っこがあり、根っこからは血管や神経が出ています。意外にも歯の中には血液が流れているのです。
そして、歯の中心となる歯髄には大切な細胞がたくさんあって、血液によって栄養素や酸素が運ばれて循環しています。

虫歯になってしまった場合、歯の神経の治療が必要な場合があります。虫歯の進行状況がエナメル質や象牙質までで、歯髄はまだ無事であれば、歯の神経を活かしたままの治療になります。しかし、歯髄にまで虫歯が達してしまうと、細菌が全身に回って命の危険にさらされるリスクが出てきます。そこで歯医者さんは「神経まで到達しているので、神経をとる必要があります」と言う話をすることになるのです。

歯の神経の取り方

神経って線のようなもので、簡単に抜けるのでは?と言うイメージを持つ方がほとんどですが、実際には歯髄に神経線維が複雑に絡まるような構造になっています。歯科医の言う「神経を取る」というのは「歯髄を除去」することなのです。歯科では、歯に穴をあけて歯髄を丁寧に取り除きます。

その後に歯の根っこ、歯根管に薬剤を入れて消毒していきます。歯根管の形はまちまちなので、歯科医は穴の形を整えて、奥まで薬剤が入るようにしていきます。また、完全に殺菌することはほぼ不可能なので、時間が経ってから残っていた細菌がトラブルを起こす可能性があります。歯髄を除去した時点でほとんど痛みを感じなくなりますが、大事な血管も除去してしまうので、歯に栄養や酸素が届かなくなります。そのため「神経を取った」歯は枯れ木のような状態に陥ってしまうのです。

神経を取ったら痛くないんだから良いじゃない?

神経を取ったら痛くないんだから良いじゃない?

誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか。歯医者恐怖症の人であれば、全部の歯の神経を取っても良い、なんて思う人もいるかもしれません。しかし、神経を抜いた歯というのは一度治療して終わりではないのです。多くの場合、歯髄まで治療した歯は、「枯れ木」同様ですのでもろくなっています。

そこで歯医者さんがかぶせ物をして歯を補強してくれるわけですが、このかぶせ物は永久的なものではありません。かぶせ物と歯茎の間に隙間ができたり、歯根部にしぶとく残っていた細菌による影響などで、その歯が再度虫歯を引き起こすことも多いのです。この時、神経がないために痛みや症状を感じることがなく、気が付いたときには抜歯が必要なくらい深刻な状況に陥っていることもあります。

神経の治療をした歯は、このようにまた虫歯になるリスクが高いだけではなく、「歯が割れやすくなる」というリスクも抱えています。血液の供給がない歯は枯れ木のような状態なので、強い力がかかると折れたり割れたりしてしまいます。歯医者さんは、割れないように、そして上からかぶせるものの土台になるように、金属の芯を入れて歯を支える場合があります。ここで、芯となる金属が太すぎると、肝心の歯が薄すぎて割れやすくなってしまうことがあります。

強い衝撃がなくても、ただ普通に噛んでいるだけで割れてしまったりひびが入ることがあります。かぶせ物をして安心に見える歯も、根っこの部分にひびが入ってしまっている場合があるのです。しかも外から見てわからない。かぶせ物を外して、色を付けてひびがないか確認して、それでもわからないようなこともあると言われています。この場合、割れた部分が細菌の通り道となっていつまでも症状が残ってしまいます。

神経を抜いた歯が割れてしまった場合

このように割れてしまった歯の多くは、抜歯するしか方法がありません。そして、抜歯した後は、入れ歯かブリッジ、インプラントで対応する必要があります。実は、歯髄を残して治療した歯が割れた場合には、歯髄を残せることが多く、接着したり補強したりして使い続けることが可能です。さらに、歯髄から血液の供給があるために、象牙質が回復できます。エナメル質は再生しないといわれることが多いのですが、象牙質は育つのだそうです。
また、細菌感染が広がらないように歯髄を保護しつつ治療して様子を見るような治療法もあるといわれています。いずれにしても、歯髄まで細菌が広がらないようにすることが重要です。気になる方は今井歯科にご相談ください。



今井歯科コラム バックナンバー一覧