スポーツをする上で必要不可欠な「歯の噛み合わせ」

人に見られることが職業である芸能人やアナンサー、接客業の人などは、人一倍見た目に気をつかっているでしょう。中でも第一印象をも左右させる人の歯は、お金をかけてメンテナンスをしている人が多いです。それと同じように、近年、スポーツのパフォーマンスと歯の噛み合わせについても注目されてきました。スポーツと噛み合わせというのがどの程度関係していて、どのように影響を与えているのでしょうか。

スポーツ時には歯に負担がかかる

スポーツ時には歯に負担がかかる

「歯を食いしばれ!」という言葉通り、力を入れるときに歯を食いしばるという経験はあるでしょうか。歯を食いしばる時に最も力がかかるのは、第一大臼歯と呼ばれる歯です。
また少し前にはプロゴルファーの石川遼プロがガムのCMで「ゴルフショットのときは約200キロの負荷がかかる」と言っていました。体重の何倍もの負荷がかかるのですから、スポーツをする際は歯に相当な負担がかかります。

噛み合わせが悪いというのは?

スポーツだけに限りませんが、噛み合わせは私たちの生活に大きく左右してきます。噛み合わせがずれると最初に噛むときに使用する咀嚼筋が痛み出します。これは無理に筋肉を使った時と同じ原理で、普段かからない負荷がかかることで痛みが発生します。
咀嚼筋の痛みの次は、顎関節に痛みが出ます。例えば右足が痛くなったときに左足でカバーをしていると左足も痛くなることがありますよね?これと同じように、噛む筋肉をカバーしていると大元である関節が痛くなってしまうのです。
そして顎関節のバランスが崩れ自然と痛みがなく噛める方法を探します。痛みなく噛むことができるところを見つけると、その頃には咀嚼筋を始め首回りの筋肉の血行が悪くなることでコリが出てきています。筋肉のコリが出ることで筋肉性の痛みが発生し、頭痛や肩こりが発生するのです。

歯の負担を減らすためには

歯の負担を減らすためには

歯に大きな負担がかかることで歯が削れてしまい、噛み合わせがずれることもあれば、噛み合わせがずれていることで歯に負担をかけていることもあります。では、歯に負担がかからないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。
それは、現在の噛み合わせや口の中に入っている被せ物が適切なものかを歯医者さんに見てもらうことが一番でしょう。虫歯治療の後などに「カチカチしてください」と言われ、紙のようなものをカチカチ噛んだことはありませんか?あれは治療をした時などに噛み合わせが高くなっているか低すぎるかを見ています。高すぎると高い歯へ噛む力が集中してしまい歯に負担がかかります。低過ぎても他の歯に負担がかかります。
被せ物も不適合なものを使用していると噛み合わせに影響が出ます。さらに、夜寝ている時に無意識のうちに歯ぎしりや食いしばりをしている人もいます。無意識のうちにしているので歯に負担がかかるだけでなく過度な力がかかるので顎関節にも影響を与えることになります。そんな時はマウスガードやナイトガードを作るのが良いです。マウスピースは普段から使用するものでナイトガードは寝ている時に使用するものです。
このマウスガードやナイトガードに使用される材料は、歯よりも柔らかい材料でできています。また、マウスガードはスポーツをする際に歯に外力が加わって歯が折れることや、歯にダメージが加わることを防止することもできます。

スポーツをするときにマウスガードの着用が義務つけられているもの

スポーツをする時にマウスガードの完全義務化となっているものが、アメリカンフットボール・キックボクシング・ボクシング・テコンドー・ラグビーです。これらは選手同士で接触する機会や外傷を受ける可能性が他のスポーツに比べ高いのでマウスガードの使用が義務付けられていると考えられます。このマウスガードは市販のものではなく今井歯科にて製作してもらうようにしましょう。

最大限のパフォーマンスをしよう!

ここまで説明してきましたが、噛み合わせが良いと筋肉疲労や顎関節に異常が見られることがないのでスポーツをする際に最大のパフォーマンスを引き立てることができます。歯並びが悪い人や歯の治療中の人はルールに違反しなければマウスガードやマウスピースを使用することで過度に歯に負担がかかることを防ぐことができます。
さらに歯並びを変えることは大変ですが、マウスピースを着用するだけで歯全体で噛むことができるので噛み合わせのバランスをとることができます。
本番だけでなく練習やトレーニングの段階からマウスガードやマウスピースを使用することで全体のバランスが良い状態を保つことができます。その結果普段から怪我をする危険性が少なくなるだけでなく、トレーニングをしたときもバランス良く鍛えることができるのでパフォーマンスを最大限に引き出すことができます。
日頃から競技のことを意識しているのであれば、マウスガードやマウスピースを着用しバランスの良い生活をするように心がけましょう。

今井歯科コラム バックナンバー一覧