歯周病におすすめの歯磨き粉選びのポイント!

歯周病の患者さんで最も気になるのは口のネバつきや口臭ではないでしょうか。
ネバつきは不快な気分になりますし、口臭は他人へ迷惑をかけるだけでなく不快な顔を見るのも嫌ですよね。
ドラッグストアで売っている歯磨き粉は近年めざましい進化を遂げていて歯周病予防や歯周病の進行を止めてくれる成分の入っている歯磨き粉が増えてきました。
一般の歯医者さんはあまり教えてくれない歯周病の人が使うべき歯磨き粉のポイントについて今井歯科が説明していきます。

炎症を抑える成分が入っているものを選ぶ

炎症を抑える成分が入っているものを選ぶ

歯周病の患者さんで一番厄介なことは歯茎に炎症が起きているということです。
歯茎の炎症は痛みを起こすこともあれば、出血の原因にもなります。炎症を抑えたり炎症が起きないようにするためには抗炎症効果が入っている歯磨き粉を選ぶ必要があります。
例えばグリチルリチン酸モノアンモニウム、トラネキサム酸、β-グリチルレチン酸に抗炎症効果があります。この成分が含まれている歯磨き粉を選ぶのが良いでしょう。

細菌が増えないようにする成分

歯周病では歯周病原因菌が歯と歯茎の間にある歯周ポケット内で増殖することで症状が重症化していきます。歯周ポケットの中は歯ブラシで奥まで磨くことができないので歯磨き粉に含まれる成分に頼るほかありません。
さらには細菌が歯に付着しにくい環境作りもしなければなりません。
歯科関係の専門用語で有名な「フッ素」は歯質を強化してくれます。歯質が強くなると虫歯になりにくく歯周病の原因菌も歯に付着しにくくなります。
またIPMP(イソプロピルメチルフェノール)という成分は歯の表面に付着するバイオフィルムウィ殺菌する効果があります。IPMP配合歯磨き粉は数少ないのでよく成分表を見てください。

他に見ておくべき成分とその効果

他に見ておくべき成分とその効果

他にも歯磨き粉のパッケージを確認しておくべき点はあります。
発泡剤や研磨剤はできればはいっていない歯磨き粉を選ぶ方が良いです。発泡剤は歯磨き粉の存在を感じることができますが口の中で泡が広がるので長時間歯磨きをすることができません。歯磨きは優しい力で10分程度磨き、歯茎をマッサージすることが大切です。
研磨剤は歯の表面に細かな傷を作りそこへ歯周病原因菌や虫歯菌が付着しやすくなってしまいます。
コフェロール酢酸エステルは血行促進効果があります。歯茎の毛細血管へ充分に血液が供給されなくなる歯周病では血行促進は非常に大切です。
歯茎を歯ブラシでマッサージするのと同じような効果を歯磨き粉を変えるだけで得られます。


今井歯科コラム バックナンバー一覧