歯列矯正で小顔になれる?!歯並びとフェイスラインの意外な関係

「歯列矯正をすると小顔になる」と聞いたことはあっても、なぜ歯並びを治すことが小顔につながるのか知らない人がほとんどだと思います。
そこで、今回は歯列矯正をするとなぜ小顔になるのか説明します。

歯並びが悪いと大顔になる?

歯並びが悪いと大顔になる?

まず、歯並びが悪いとなぜ顔が大きくなってしまうのかを説明します。
歯並びが悪いということは、歯の噛み合わせが悪いということです。
歯の噛み合わせが悪いと、適切に顎を上下に動かすことができません。そのため、ご飯を噛むとき顎の筋肉に余計な力が入ってしまい緊張した状態になってしまいます。その結果、顎に必要以上の筋肉がついてしまい、エラが張ったような大きな輪郭になってしまうのです。
歯並びの悪い人のレントゲン写真を見ると、骨格に問題があるわけではないのに、顎の筋肉が不自然に大きくなっている人は少なくありません。
歯並びが悪いと、食事をするたびに必要以上に顎の筋肉を使ってしまいます。私たちが考えるよりも顎の筋肉に負担をかけていると考えられます。
当然ですが、食事は毎日とります。そのため、毎日顔を大きくするトレーニングをしていることになります。こんなトレーニングを毎日繰り返し行っているため、顎に不必要な筋肉がついてしまい顔が大きくなってしまうのです。

歯列矯正をすると小顔になる理由とは?

上述した「歯並びが悪いと大顔になる?」を読んでいただければ、なぜ歯列矯正をすれば小顔になるのかは、分かっていただけると思います。
歯並びが良くなれば、ご飯を食べる際、適切に顎を上下に動かすことができます。そのため、顎の筋肉を余計に使わなくてすみます。当然、使わない筋肉はしぼんでいくので、結果的に小顔になるのです。

また、親知らずを抜くことで小顔になることがあります。歯列矯正をする際、親知らずを抜く場合がほとんどです。歯を抜くと、その歯を支えていた周りの骨が役割を失うので徐々に痩せていきます。親知らずは一番奥にある歯です。親知らずの周りには頬骨や顎の骨などの骨が隣接しています。そのため、親知らずを抜くと頬骨や顎の骨が痩せるので、シュッとしたフェイスラインになっていくのです。
これが、歯列矯正をすると小顔になる理由の正体です。

歯列矯正をするとダイエット効果もある!?

歯列矯正をするとダイエット効果もある!?

歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなります。そのため、食事の際にご飯を噛む回数が減っってしまうことがあります。
噛む回数が少ないと脳の満腹中枢が満たされず、満腹感をなかなか得られません。その結果、必要以上に食べ過ぎてしまい、太ってしまう可能性があります。
太ってしまえば、お腹や腕だけでなく顔のラインにも脂肪がついてしまい大顔になってしまいます。

しかし、綺麗な歯並びになれば、よく噛んでご飯を食べることができ、満腹中枢を早く満たすことできます。そのため、食事の量を我慢することなく制限できるので、ストレスなく痩せることができます。もちろん、綺麗な歯並びを手に入れても、よく噛んで食べることを習慣づけなければダイエット効果は望めませんが……。

歯列矯正で小顔になるタイプの顔とは?

ここまで歯列矯正をすればなぜ小顔になるのかを中心に説明してきました。しかし、残念ながら全ての人が歯列矯正をすれば小顔になれるわけではありません。そこでここでは、歯列矯正をすれば小顔になりやすい顔のタイプを紹介します。

エラや顎が張っている人

エラや顎が張っている人は、噛み合わせが悪くなっていて、顎に余計な筋肉がついてしまっている場合が多いです。これは「歯並びが悪いと大顔になる?」で書いた内容のタイプを指します。
歯列矯正をして適切な噛み合わせになれば、顎の余計な筋肉がしぼみエラが無くなりシュッとしたフェイスラインになります。しかし、顎の骨が小さくなるわけではなく、筋肉がしぼむだけなので、劇的な変化は期待しない方が良いです。

頬の骨が角ばっている人

頬の骨が角ばっている人は、下の親知らずを抜くと丸みをおびたシュッとしたフェイスラインになります。「歯列矯正をすると小顔になる理由とは?」で書いたように、親知らずは一番奥にあるので、下の親知らずを抜くと顎の骨が痩せて角ばりをとることができます。

頬骨が出ている人

頬骨が出ている人は、上の親知らずを抜くと頬骨が引っ込みます。頬骨が引っ込むと顔の極端な凹凸が無くなり、全体的にスッキリした顔立ちになります。
頬が浮き上がっていると、老けた印象を与えてしまいます。もし、頬骨を引っ込ませられたら歯列矯正前よりも若々しい印象を与えることができます。

もし、ご自分の顔が上記のタイプに該当していなくても残念がらずに、今井歯科に相談してみるのが良いでしょう。まず、歯列矯正とはどういうものなのか、思ったことを今井歯科に直接質問してみましょう。
そうすれば、歯列矯正後に自分の顔がどういう変化をするのかイメージしやすくなります。


今井歯科コラム バックナンバー一覧