歯並びを整えれば内面までポジティブになれる!

歯並びが悪いと、食事がしにくいだけでなく、人前で口を開けるのが恥ずかしくなって笑うことをためらってしまう方もいるでしょう。こうした悩みを抱えていると、普段から不機嫌な表情をしていると思われてしまいがちです。時には、実年齢よりも老けて見られてしまうこともあります。今回は、そんな歯並びに伴うコンプレックスを抱えている方に、歯並びと顔のゆがみの関係についてお話したいと思います。

人の表情に直結する歯並び 歯並びが悪いと顔の表情筋やほうれい線の原因にも

人の表情に直結する歯並び 歯並びが悪いと顔の表情筋やほうれい線の原因にも

人の表情を決めるのは顔の骨格と言われていますが、歯並びも同様に人の表情の形成に影響を与えています。というのも、歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなり、顎の関節や筋肉のバランスを崩す原因になります。そうなると、顎の位置に歪みが出てしまい、不満そうな表情や不機嫌な表情に見られてしまうことがあります。
人の表情を作る表情筋の中でも、特に歯並びと密接な関係がある筋肉が、口輪筋、大頬骨筋です。口輪筋は唇の周りにある表情筋で、前歯が出っ張っている出っ歯の人では、口輪筋が緩みがちになり、いつも口が開いているように見られます。大頬骨筋は、口の周りからこめかみ付近まで伸びる表情筋で、スマイル筋とも呼ばれています。歯並びが悪いと、大頬骨筋が固く動きにくくなるため、笑顔でいることを意識していても笑顔に見えにくくなってしまいます。
また、歯並びが悪いと物を食べるときに顎の関節をずらして食べる癖ができてしまう人がいます。この食べ方を続けていると、顎の関節が変形して顔の形が歪んでしまうことがあります。顎の関節が歪むと顎の周りの筋肉をうまく動かせなくなるため、表情筋が柔軟性を失って硬くなってしまうだけでなく、人の見た目年齢を上げる原因でもある、ほうれい線を作りやすくなってしまいます。
このように、歯並びが悪いことで笑顔が減るのと同時に、表情筋を動かすことが少なくなるため、ますます笑顔が少なくなっていくという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

歯並びの悪くなる原因は遺伝だけではない 幼少期の食習慣や癖に要注意!

歯並びや噛み合わせは、遺伝によるものと後天的なものがあります。後天的なものでは、幼少期の生活習慣や偏食などによるものが原因となり、乱杭歯や開咬などもこの頃の生活習慣が影響していると考えられています。
幼少期にあごがしっかり成長していないと、永久歯の歯並びが凸凹になってしまう乱杭歯になるケースがあります。原因は、柔らかい食べ物の食べ過ぎで、スナック菓子などの柔らかい食べ物ばかり食べていると、顎がしっかり成長せずに永久歯が凸凹に生えてくることがあります。
また、歯がうまく噛み合わない状態になる開咬も、遺伝的な要因だけでなく、幼少期に指しゃぶりが多かったり、舌を出したり前歯に押し付けたりする癖も原因の一つとされています。開咬は、常に口が空いた状態になりがちで、口呼吸を誘発します。その結果、口の中が乾燥しやすく唾液も出にくくなるので、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
こうした幼少期の歯並びの悪さは、歯医者さんでワイヤー矯正やマウスピース矯正などの歯科矯正によって早期に治すことができますが、矯正後も固いものを食べたりよく噛む癖をつけておかないとだんだんと元の状態に戻ってしまうことがあるので、歯科矯正だけではなく、生活習慣も見直していくことが大切です。

大人になってからでも大丈夫!歯科矯正できれいな歯並びを取り戻そう!

大人になってからでも大丈夫!歯科矯正できれいな歯並びを取り戻そう!

成長段階のお子様と比べると矯正の時間は比較的長くかかってしまいます。しかし、最近では成長しきった成人の方の歯並びも、歯科矯正の進歩によって矯正することができるようになってきました。矯正で使用する矯正器具も、金属の目立ちやすいものだけでなく、白や透明の非金属の目立ちにくい素材を使用したり、歯の裏に装着して行う方法もあるため、仕事などでいつも人前にでないといけない成人の方でも、人の目を気にせずに治療を続けることができます。
成人になってから、矯正で歯並びの改善をすることは、何も見た目の改善だけではなく、噛み合わせの改善によって、肩こりや頭痛、腰痛といった症状の改善にもつながることがあります。また、歯並びの悪さは、虫歯や歯周病といった口腔内のトラブルも引き起こしがちです。歯並びの悪さを治すことで、ご自身の自然歯をできるだけ長く保つことにもつながり、さらに年齢を重ねても健康的な食生活を楽しめることにもつながります。

綺麗な歯並びとポジティブな心を手に入れよう!

歯並びが悪いと見た目が悪くなるだけでなく、歯並びが悪いことを気にして笑顔が作れず、表情筋の動きを悪くして顔年齢を上昇させる原因にもなります。あまり全力で笑顔が作りにくいという人は、こうならないためにも顔の筋肉を動かすようなマッサージをしたり、歯科矯正によって歯並びを良くして、思いっきり笑えるようにするといいでしょう。歯並びがきれいになると、自分の笑顔に自信が持て、ポジティブな生活を送れるようになるのではないでしょうか。ぜひ一度今井歯科に相談してみてください。


今井歯科コラム バックナンバー一覧