歯茎の健康に大切な“歯周ポケット”に注目!

健康な歯を失ってしまう原因の第1位と言われているのが「歯周病」です。この歯周病は30歳以上の成人のおよそ80%以上の人が感染している可能性があるといわれていて、自覚症状がないまま進み続けていくという恐ろしい病気でもあります。普段から歯医者さんに通っている人であればご自身の歯や歯茎の変化に気づいてもらえるかもしれませんが、歯医者さんに通う習慣がまったくないという人は、気づいたときには手遅れになっているかもしれません。そういったことにならないためにも、今回は歯周病と深い関わりがある歯周ポケットについてお話していきたいと思っています。

歯周ポケットとはどんな状態のこと?

歯周ポケットとはどんな状態のこと?

歯と歯茎の間には、歯肉溝と呼ばれる溝のようなものが存在します。健康な人であれば溝の幅は狭く歯と歯茎はほぼぴったりとくっついていますが、歯肉炎などで歯茎が腫れたり、歯茎の溝に汚れがたまったりした状態が長く続くと、だんだんと溝の幅が広がっていくことになります。健康な人でだいたい1~3ミリ程度、それが4ミリ以上になると歯周ポケットと呼ばれる状態になるのです。
歯周ポケットができて進行が進んでもなかなか自覚症状は出てきません。しかし、歯周ポケットが広がっていくと、だんだんと痛みを感じたりや歯がぐらついていきます。痛みが出てくるころにはもう手遅れで、歯科治療でも治せずに、歯が抜け落ちるのを待つばかりという最悪な状態になることもあります。そのため、歯を失わないようにするためには、歯周ポケットを作らないようにすることが大切です。

歯周ポケットはどのくらいまでなら健康な状態なの?

歯周ポケットは歯医者さんで深さを測ることができます。1ミリごとにメモリがついた特殊な物差しを使い、歯茎の状態を見ていきます。そして、歯周ポケットの深さによって治療の有無も変わってきます。
深さが1、2ミリの状態は基本的に健康な状態を維持している形です。とはいえ、歯と歯の隙間や歯と歯茎の隙間に歯垢がたまらないように歯ブラシしたり、デンタルフロスを使用して歯磨きを続けたりすることで、隙間の広がりを防ぐようにしましょう。
深さが3~5ミリの状態になると、歯茎が腫れて炎症を起こす場合があります。こうなると、ご自身の歯磨きやデンタルフロスでは清掃が難しくなってきます。出血がない場合もありますが、出血がある場合には、歯茎が炎症を起こしているサインになり、歯を支えている歯槽骨の吸収が始まっている場合もあります。歯槽骨の吸収が少ない場合には初期の歯周病となり、歯槽骨の吸収が5ミリ程度になると歯周病が中程度まで進んでしまっていることになります。
歯周ポケットの深さが、6ミリ以上になるとかなり重度の歯周病と呼ばれる状態ということになります。こうなってしまうと、歯を支える歯槽骨が溶けてしまい、歯を支える力がなくなって歯がグラグラしてきたり、症状によっては外科的な処置が必要になることもあります。また、よく噛めない、痛みが強いという場合には抜歯を進めることもあります。歯がグラグラする、グラグラはしてないけれど炎症があるという人は、歯周ポケットが広がってきているサインかもしれませんので、歯医者さんで歯周ポケットの深さをチェックしてもらったほうがいいでしょう。

歯周ポケットをしっかりケア!歯周病になるリスクを抑えて健康な歯をキープしよう!

歯周ポケットをしっかりケア!歯周病になるリスクを抑えて健康な歯をキープしよう!

歯周ポケットには歯垢や細菌がたまりやすくなるため、歯周ポケットが広がると歯周病になるリスクが高くなります。また、歯周ポケットに細菌がたまると、毒素を出しはじめるので、歯槽骨を溶かす以外にも悪臭を放ち、口臭の原因にもなります。お口の中や歯茎に異常が見えなくても、口臭が気になるという人は歯周ポケットができているかもしれないので要注意です。
歯周ポケットができないように、あるいはできている人でもご自身でケアする方法はあります。まずは普段の歯磨きから見直していきましょう。歯磨きでは歯の表面を磨く以外にも歯と歯茎の境目を念入りに磨く癖をつけるといいでしょう。歯周ポケットができる基本的な原因は、歯と歯茎の隙間にたまる歯垢です。歯ブラシで歯と歯茎の隙間を磨く習慣ができれば、歯周ポケットの広がりを抑えることができます。
また、歯茎にブラシが当たることで、歯茎のマッサージも行えます。歯茎が腫れあがっていると中に血がたまっていて出血する場合もありますが、マッサージを続けることで腫れが収まっていきますので、歯茎の周りを優しく磨くようにしましょう。また、歯磨きをしても歯周ポケットの奥には歯周病菌が残っている場合もあります。歯周病菌にとって殺菌効果の高い歯磨き粉を使用するとさらに菌を減らすことができます。ただし、歯磨き粉をつけすぎると爽快感でつい磨いた気になってしまいがちです。歯磨き粉をつけた場合でも隙間を磨くようにするやり方は変えず、磨く時間もそのままで磨くようにしましょう。

まとめ

歯周病の始まりである歯周ポケットは、なかなか自分で気づきにくいものです。歯周ポケットができたからといってすぐに歯科治療が必要というわけではありませんが、歯周ポケットが広がらないようにケアしなければいけないのも事実です。歯磨きの際には歯の表面だけを意識するのではなく、歯と歯の隙間や歯茎の間にもたまっている汚れを掻き出すようにブラッシングするよう心がけてみてください。結果として、歯周ポケットの予防ができ、健康的なお口を維持することができます。


今井歯科コラム バックナンバー一覧