子供の歯並び相談に行って「様子を見ましょう」はいつまで様子を見れば良い?

日本では八重歯がかわいいとされるなど、海外に比べて歯並びに無頓着だとされてきました。近年は国際化や歯並びによる健康への悪影響などの認識が高まったことで、子どものうちに歯並びを矯正してしまおうというケースもふえています。しかし、子どもの身体はまだ発達途中なので、診察に行った歯科医院で、歯医者さんに「様子を見ましょう」といわれるケースもあります。「様子見っていつまで様子見なの?」と不安になる親御さんもいるかもしれません。歯並び相談(子ども)のときに「様子を見ましょう」と言われた方のために、子供の歯科矯正の必要性や治療法などについてくわしく紹介します。

「様子見」は7歳前後が目安

「様子見」は7歳前後が目安

子どもの歯並びで、歯科矯正が必要かどうか判断する目安は、現在だいたい7歳くらいだと言われています。7歳になると、そろそろ乳歯から大人の歯(永久歯)に生え替わる頃。以前は、永久歯に完全に生え替わってから矯正を始めることも多かったのですが、最近では早い段階から矯正したほうが永久歯を抜かずに済むということで、早いうちの受診や矯正開始が推奨されています。7歳頃になって子どもの歯並びが気になったら、矯正歯科を受診しましょう。

子どもの歯並びで様子見となるケース

子どもの歯並びのパターンで、矯正が必要な場合と様子見になる場合があります。
様子見になるパターンは、「乳歯でのすきっ歯」です。すきっ歯とは、歯と歯のあいだに隙間が空いている状態ですが、乳歯の場合は心配ありません。永久歯に生え替わるときに必要な隙間を確保するために、一時的にすきっ歯になっているパターンが多いためです。こうしたパターンは「様子を見ましょう」となるでしょう。ただ、唇と歯茎をつなぐじん帯が前歯のほうまで出っ張っている場合は、大人になってもすきっ歯になる可能性があり、外科手術が必要になることがあるので、歯科受診をおすすめします。

子どもの歯並びで矯正が必要なパターン

このほか、子どもの歯並びで矯正が必要になるのは以下のような症例です。

1.叢生(乱ぐい歯・八重歯などガタガタの歯並び)
叢生とは複数の歯が覆い被さるように生えているパターンです。あごが未発達なため、歯がきちんと生えるスペースがなく、覆い被さるように生えてしまっているのです。見た目に影響しますし、発音やかみ合わせも悪くなります。きちんと歯磨きができないので虫歯や歯周病にもなりやすく、早急に矯正が必要です。

2.開咬(オープンバイト)
開咬(オープンバイト)とは、前歯がかみ合わずにひらいてしまっている状態です。前歯でものをかみ切れないので、奥歯に負担がかかり奥歯が壊れやすくなります。加えて、成人してからの虫歯や歯周病のリスクが高まります。

3.受け口
下の歯が上の歯の前に出てしまっていて、あごがつきだしているパターン。いわゆる「しゃくれ」になっている状態です。見た目に影響するほか、一部の発音が不明確になります。

4.出っ歯
前歯が出ている状態です。口が乾燥して虫歯や歯周病になりやすくなります。出っ歯を売りにしている芸人さんもいますが、一般的には矯正したほうが見た目がよくなります。

子どもの歯科矯正の方法

子どもの歯科矯正の方法

子どもの歯科矯正手段として一般的なのは、ワイヤーによる「ブラケット」を装着する方法や、透明なマウスピースを装着する方法です。マウスピースのほうが目立ちませんので、学校での見た目を心配する親御さんや見た目の変化をいやがるお子さんにも向いているといえますが、症状によってはマウスピースで治療できないこともあります。ブラケット矯正の場合も、目立ちにくいセラミック製のものや、裏側からの装着などのさまざまなやり方がありますので、一度歯医者さんに相談してみましょう。

矯正中の子どもをもつ親の役目

矯正中の子どもをもつ親のもっとも重要な役目は、毎日のお手入れを欠かさないということです。矯正装置をつけた歯の周辺は汚れやすいので、虫歯にならないようにお子さんといっしょに毎日きちんと磨きましょう。マウスピースなど取り外しができる矯正装置の場合は、定期的に洗浄して清潔に保ちます。

子どもの矯正はメリットがいっぱい

矯正は時間のかかる治療なので、お子さんが途中でいやがったり、痛いと言ったりするかもしれません。親としてはかわいそうになってしまうかもしれませんが、健康な歯や美しい歯並びは一生の財産になります。こんな小さいうちから、と歯列矯正になじみのない世代の方などから意見されるかもしれませんが、矯正治療は早ければ早いほど抜歯や外科的な治療が少なくなるので、お子さんの身体の負担が少なくて済み、かみ合わせの異常による健康への影響も少なくなります。また、費用も安く済むので親御さんにもやさしいといえます。親がいちばんの味方になって、治療をつづけるモチベーションを高めてあげましょう。もし、費用面や治療法について不安をお持ちの場合は、かかりつけの今井歯科相談してみましょう。


今井歯科コラム バックナンバー一覧