歯医者にどうしても行きたくない!「歯科恐怖症」とは?

歯医者さんが怖い、行きたくないという方は多くいらっしゃいます。小さいころに歯医者さんに行って治療をしてもらったけれど、歯を削る音が怖かった、削られる時すごく痛くて我慢できなかった。そんな思いをされた方は特に、歯医者さんにはなるべく行きたくないという風に思ってしまうでしょう。怖くて歯医者さんに行けないという成人の方もいますが、中には、歯医者さんに行くと汗が出て止まらなくなったり、気分が悪くなってしまい治療ができなかったというような、歯科恐怖症と呼ばれる方もいます。今回は、この歯科恐怖症についてご紹介したいと思います。

歯科恐怖症とはどんな症状?

歯科恐怖症とはどんな症状?

歯科恐怖症は、高所恐怖症や閉所恐怖症、先端恐怖症、対人恐怖症など、様々な神経症状の中の一つとされています。症状がない人にとっては何でもないことでも、恐怖症の方にとっては、大きなストレスを抱える原因となり、時には身体に異常をきたしてしまうという方もいるほどです。歯科恐怖症の場合、歯科医院や歯医者さんに対して極度の恐怖心や不安な気持ちを抱えているという方が多いです。歯医者さんに行くことを想像しただけで気分が悪くなったり、極度の緊張で汗が大量に出てしまったり、動悸や震え、めまいが止まらないという方もいらっしゃいます。重い症状になると、歯科医院に行くことを想像しただけで過呼吸になったり、歯科医院に行ったとしても診察室に入ることができなかったり、パニック障害を起こす方もいるほどです。

歯科恐怖症になる原因とは?

歯科恐怖症の原因は、他の恐怖症と同様に様々な症状が起き、原因も一人ひとり異なります。はっきりした原因がわからないというケースもありますが、一般的な原因として挙げられるものとしては、幼少期や小児期の歯科医院での治療体験によるトラウマであることが多いとされています。歯を削るときのキーンという音が大きくて怖かった、麻酔が効かずにとても痛い思いをした、ずっと口を開けていて辛かったなど、小さな頃の歯科医院で受けた治療で恐怖や辛さを経験した方が、大人になって歯科恐怖症になってしまうケースが多いようです。また、痛いのに治療をやめてくれなかったというような場合や、無理やり治療を受けさせられたというような、歯医者さんに対する不信感を覚えてしまったり、痛くても我慢しなければならないというような勘違いなどをされている方も時にはいらっしゃいます。歯科医院では患者さんに対しての事前説明や対話を行ってから治療を行ってるところがほとんどで、治療前に納得してから治療を行うことが大前提ですが、中には歯医者さんに行くと何をされるか分からないし痛い思いをするのは嫌だという方もいるほど、歯科治療=痛いという考えの方は多くいらっしゃいます。

歯医者さんでの治療が怖い人は、どうしたらいいの?

歯医者さんでの治療が怖い人は、どうしたらいいの?

歯科恐怖症を克服することは難しく、安心して歯医者に来てくださいと言ってもなかなか足を踏み出せない方がほとんどです。しかし、最近では削るときのキーンという音を改善したドリルを導入して治療している歯科医院や、麻酔の痛みを軽減する工夫や注射による麻酔以外にも塗るタイプの麻酔薬を導入している歯科医院も多くあります。こうしたなるべく痛くない方法を採用したり、患者さんの緊張をほぐすために、すぐに治療するのではなく事前にしっかりとしたカウンセリングやコミュニケーションを取ることで、患者さんをリラックスさせてから治療に入る歯科医院も増えてきました。こうした歯科医院の中には、事前に歯科恐怖症であることを告げると、虫歯などの進行度合いによっては無痛治療をすすめてくれるところもありますので、歯科恐怖症の方は、無痛治療や事前のカウンセリングを希望してみるとよいでしょう。恐怖心を少なくしてから治療に臨むことができます。また、中には静脈内鎮静法や笑気ガスを導入している歯科医院もあります。まったく痛みがなく治療を済ませてしまいたいという方には、こうした設備が整っている歯科医院を選んで治療を行うこともできます。歯医者さんは痛くて怖いという風に思っている方であれば、こうした治療が行えるかどうかを調べてから相談してみるのもおすすめです。

どうしても歯科医院に行けないくらい怖い人はどうしたらいいの?

いろいろな方法を試してもやはり歯医者さんが怖いという方もいらっしゃいます。そういった場合には無理をして歯医者さんに行くことをすすめたりはしません。心理カウンセリングを受けて、不安や恐怖をちゃんと取り除いてから治療を行うこともできます。
また、一部の歯科大学附属病院などでは、心療歯科というものがあります。こちらでは、虫歯治療などの歯科的な治療と同時に、歯科恐怖症の精神的な症状をケアしていくことができるので、恐怖症だけれども歯が痛くてどうしようもないという方は、専門外来である心療歯科に通うという選択肢もあります。



今井歯科コラム バックナンバー一覧