歯間ブラシのサイズの選び方

歯間ブラシを買いに行くと色々な種類の歯間ブラシがあるのでどれを買おうか迷うことがありますね。いざ買ってみたもの、合わないものを買ってしまった…なんてことはありませんか?中には面倒で歯間ブラシを使わないという方もいらっしゃいますね。歯ブラシのみの使用では歯垢が6割しか落ちないのに対し、歯ブラシと歯間ブラシを併用すると9割落ちます。歯垢は虫歯や歯周病の原因となりますし、口臭もきつくなって不快ですよね。いつまでも自分の歯で食べ物を食べるためにも正しく歯間ブラシを使用しましょう。

歯間ブラシのサイズ

歯間ブラシのサイズ

歯間ブラシにはSSSからLまで計5つのサイズがあります。一番小さいSSSで直径0.8mm、そこから一つサイズが上がることに約0.2mm大きくなります。初めて使う方はまず一番小さいSSSを使ってみて下さい。そこからあなたに合った歯間ブラシを選びましょう。万が一SSSサイズの歯間ブラシが入らないという方はデンタルフロスを使って下さい。

正しい歯間ブラシのサイズとは?

歯間ブラシが歯の隙間に無理なく入り、動かした時にきつく感じないものを使いましょう。歯の隙間は部位によって異なります。その部位にあったものを使い分けましょう。入らない歯間ブラシを無理矢理入れたり大きい歯間ブラシを使うと、歯茎を傷めたり歯の隙間が大きくなってしまいます。

歯間ブラシの種類・形

初めて歯間ブラシを買いに行かれる方はどの形が使いやすいのか分からないですよね。歯間ブラシの形にはI型とL型があります。I型は前歯に、L型は奥歯に使いやすいです。メジャーな歯間ブラシは金属ワイヤーに毛が付いています。最近では金属ワイヤーを使わないゴムタイプのものも販売されています。

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシの使い方

歯ブラシで全体の汚れを落とした後に歯間ブラシを行いましょう。歯間ブラシは左右の歯に押し当てるイメージで小刻みに動かしましょう。頬側からだけではなく、舌側からも磨きましょう。そうすることでより清掃性が上がります。奥歯に歯間ブラシを入れるのが難しい方は、口を閉じ気味にして歯間ブラシの柄で頬の奥を伸ばして下さい。そうすることで歯間ブラシが曲がるのを防ぐことができます。

歯間ブラシを使用した後

歯間ブラシを使用した後のケアを怠ってしまうと雑菌が増えてしまい不衛生になってしまいます。歯間ブラシを使用した後は水で汚れをしっかり落として風通しの良い所で乾燥させましょう。そうすることで歯間ブラシの持ちが良くなります。
自分に合った歯間ブラシのサイズを歯医者さんに教えてもらいたいという方は是非行ってみましょう。教えてほしいけど歯医者さんへ行く予定がないという方は歯科検診へ行ってみてください。メンテナンスも同時に行ってもらえます!

今井歯科コラム バックナンバー一覧