子供の矯正は子供の姿勢や呼吸を整える大事な治療のひとつ

歯並びは、外見だけでなく、子どもの心身の発達に大きく影響してきます。今回は、姿勢や呼吸への影響を見ていきましょう。

いつも口を開けているとドライマウスになる可能性も

いつも口を開けているとドライマウスになる可能性も

歯並びがずれていると、きちんと噛み合わせできなくなり、口をポカンと開けていることが多くなります。こうしたとき、気道が圧迫されて、正しい姿勢が取れなくなっています。例えば、猫背の場合、肩に力が入り過ぎて下あごの筋肉が圧迫されるため、下あごが下がり過ぎた状態、前歯のかみ合わせが深い状態、いわゆる「過蓋咬合」になります。お子さんの姿勢の悪さが気になる場合、もしかしたら歯並びのせいかもしれません。
口を開けていることが多いと、口の中が乾いてきます。すると、いわゆる「ドライマウス」という症状になります。口の中を清潔にする唾液が乾いてしまうので、菌が繁殖して口臭の原因になります。また、虫歯や歯周病といった口の病気にかかりやすくなります。口を常に開けていると、舌で上あごを押し出してしまい、上あごが出てしまうこともあります。
歯並びが悪いと噛み合わせが悪くなるので、きちんとものを噛むことができず、脳に血液がいきわたらなくなります。その結果、脳の活性化を阻害してしまいます。また、片方だけで噛むくせがついたりすると、顔の筋肉の発達が均一にならず、顔がゆがんでしまいます。

姿勢が悪いと成績にも悪影響が!

姿勢が悪いと、子どもの心身の発達にさまざまな悪影響があります。例えば、骨格が歪むことで骨の成長が阻害され、血管や内臓を圧迫することで体に栄養がうまく回らなくなります。結果、骨が成長せず、低身長になります。また、姿勢が悪いことで血管が圧迫されて身体がゆがみ、子どもなのに頭痛や肩こりに悩まされるようになります。
また、文字を書いたり本を読んだりするときに、目を近づけて見なくてはいけないので、視力も低下します。さらに正しくない姿勢を続けていると身体が疲れてくるので集中力が続かず、勉強が手につかなくなることもあります。

子どもの健やかな成長のために定期的に歯科チェックを

子どもの健やかな成長のために定期的に歯科チェックを

このように、姿勢や呼吸と子どもの心身の発達、健康状態には深いつながりがあります。全てが歯並びのせいとは言い切れませんが、歯並びが全身の健康につながっているという指摘はさまざまなところでなされており、明らかです。子供の矯正をすることで改善される症状もあります。
子どもの健やかな成長のためにも、早いうちから今井歯科に定期的に通い、今井歯科スタッフに歯並びや噛み合わせ、虫歯の有無などをチェックしてもらいましょう。

今井歯科コラム バックナンバー一覧