歯を白く保つための注意点と自宅で歯を白くする方法

歯はいつまでも白くきれいに保ちたいけれど、歯医者さんに行かなくても歯を白く保つことはできないのだろうか。歯医者さんでホワイトニングをする場合の相場はだいたい3万円ほど。お金をかけずに歯を白くする方法があれば、それに越したことはありませんよね。そこで今回は、ご自宅でもできる歯のホワイトニングについてご紹介したいと思います。

白い歯を保つ方法その1 食事に気をつけること

白い歯を保つ方法その1 食事に気をつけること

健康的な白い歯を保つためには、まずは食事から気をつけましょう。色素の強い飲み物や食べ物は歯の汚れの原因になります。特に、コーヒーやお茶、ワインなどの色の濃い飲み物には要注意。薄めて飲んだり、ストローを通じて飲むことで歯への付着をなるべく避けるようにしましょう。

白い歯を保つ方法その2 ホワイトニング効果のある食べ物を摂りましょう

白い歯を保つための方法にはもうひとつあります。ホワイトニング効果のある食べ物をとることで、歯の汚れを落とすことができます。リンゴや梨、葡萄に含まれるリンゴ酸には、歯の汚れやステインを取る働きがあるといわれています。また、ニンジンやセロリ、ブロッコリータマネギなど、繊維が多く含まれる野菜などには歯の研磨をしてくれる効果があります。

白い歯を保つ方法その3 研磨効果のある歯磨き粉を使う

白い歯を保つ方法その3 研磨効果のある歯磨き粉を使う

歯磨き粉には歯の表面の汚れを削り落とす研磨剤が含まれています。とはいえ、着色しやすい汚れやシミになってしまった深い汚れまでをきれい落とすことはなかなか難しいです。そこで、ホワイトニング専用歯磨きというさらに研磨力の強い歯磨き粉を使うことで、歯磨きでは落としにくい汚れをきれいに落とすことができます。しかし、ホワイトニング専用の歯磨き粉には、歯のエナメル質までも削ってしまい、歯そのものや歯茎を傷つけてしまう恐れもあります。そういったことにならないように、きちんと商品説明書を呼んでから使用するようにしましょう。

白い歯を保つ方法その4 歯のマニキュアなどで歯を白くコーティング

白い歯を保つための方法にはもうひとつあります。ホワイトニング効果のある食べ物をとることで、歯の汚れを落とすことができます。リンゴや梨、葡萄に含まれるリンゴ酸には、歯の汚れやステインを取る働きがあるといわれています。また、ニンジンやセロリ、ブロッコリータマネギなど、繊維が多く含まれる野菜などには歯の研磨をしてくれる効果があります。

まとめ

歯のホワイトニングには汚れを落とすことと汚れをつきにくくすることが大切です。これは、歯医者さんに通わなくともできることですが、ホワイトニング専用の歯磨き粉や薬剤など、使用方法を間違えると期待通りの白さを手に入れられないどころか、思わぬ歯のトラブルにつながることもありますので、ホワイトニング専用のものを使用する際には。使用方法を正しく使うようにしましょう。





今井歯科コラム バックナンバー一覧