歯の不快から開放!インプラントで食べる喜びをもう一度!

噛み合わせが悪くてしっかり噛めない、歯が抜けていて隙間にものが挟まる…など、歯のトラブルを抱えている方は多いでしょう。食事の際にしっかり噛めなかったり、ものがよく挟まったりするのは本当にストレスですよね。そんな歯の不快を解決してくれるかもしれないのが、最新技術であるインプラント。歯医者さんでインプラント治療をすれば、食べる楽しみ・喜びが蘇るかもしれません。

インプラントで、噛める歯を手に入れよう

インプラントで、噛める歯を手に入れよう

インプラント治療とは、骨にしっかりとネジを埋め込み、そこに歯を固定するという治療方法です。歯がしっかりと固定されるので、外れるといった心配はありません。入れ歯やブリッジだと、はめたものが合っていなければ、ぐらついたり外れたりといったアクシデントが起こってしまいます。また、装着したときの違和感や痛みを感じることがあり、食事の際に不快感があるということも。食事の際に違和感や痛みがあったら、とても食事を楽しめそうにありません。インプラントなら、ほとんど天然歯(自分の歯)と感覚は変わりません。つけているという違和感も、痛みもほぼありませんし、噛みにくい、力が入りにくいといった問題もありません。入れ歯やブリッジと異なり、噛む力が均等に入り、しっかりと噛むことができるので、硬いものでも美味しく食べることができます。入れ歯ですと、噛む力は天然歯に比べて1/2~1/3ほどしか伝わらないと言われています。一方で、インプラントなら天然歯とほぼ同じ力で噛むことができます。噛みづらい、噛めないといった不快から解放されるのはとても魅力的ですね。

インプラントなら、自分の歯そのものの感覚で食べられる

インプラントなら、自分の歯そのものの感覚で食べられる

入れ歯にすると、熱を感じにくくなるため、温かい食事などでも感じる美味しさが減少してしまうことがあります。また、力が入りにくいため硬いものが食べられず、好きなものが食べられないということも。部分入れ歯だと、留め具に食べ物が挟まったりして、不快ですよね。何かと不快に感じることが多い入れ歯ですが、インプラントにすると見事解決できます。自分の歯と同じ感覚でいられるインプラントなら、温かいものも冷たいものも、感じ方は変わりませんし、しっかりと力が入るので、硬い食べ物もよく噛んで食べることができます。留め具がなく、固定するネジは埋め込んであるので、食べ物がひっかかるということもありません。自分の歯そのものの感覚で、これまでと同じように食事を楽しむことが出来るのです。食事を楽しめる、美味しく感じる喜びは、はかり知れませんね。

今井歯科コラム バックナンバー一覧