原点は歯だった!全身の健康寿命にまで影響を及ぼす理由

厚生労働省は国民の健康の増進の総合的な推進を図る基本的な方針として、健康寿命の延伸を大きな目的の一つに位置付けています。健康寿命とは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」とされています。

長生きしても健康だとは限らない?!

長生きしても健康だとは限らない?!

2013年の日本人の平均寿命は女性が86.61歳、男性が80.21歳で、間違いなく世界でも有数の長寿国です。しかし、全ての人が寿命まで健康でいられるかというとそうではなく、2010年のデータでは、平均寿命と健康寿命との間には、男性では約9年、女性では約13年ものギャップがあることがわかっています。
せっかく長生きできても、寝たきりになっては意味がありません。健康に長生きするためには、歯の健康を保つことが重要な要素となることがわかっています。

歯がある人とない人では認知症の発症リスクが最大1.9倍

愛知県知多半島の65歳以上の住民を3~4年間追跡した研究では、歯が多く残っている人や、歯が少なくても義歯等を入れている人は、歯が少ない人また義歯を入れていない人と比べて、痴呆症や転倒など健康を阻害するリスクが少ないことがわかっています。
歯が20本以上残っている人や、歯がほとんどなくても入れ歯で噛み合わせを保っている人と歯がまったくない人では、認知症の発症リスクが最大1.9倍もの差があるということです。

歯が健康寿命を左右する理由

歯が健康寿命を左右する理由

では、なぜ歯が健康寿命を左右する重要な要素になるのでしょうか。
食べ物は、歯で咀嚼することで栄養として体内に吸収されます。そのため、きちんと噛めていないと食べ物がきちんと消化されず、胃腸の働きが弱ってしまいます。
また、噛むという行為をすることで、脳への血流がよくなり脳が活性化します。噛む力が弱いと血液がうまく回らなくなり、脳の機能が低下する可能性も指摘されています。

こんなに怖い歯周病

歯を失う原因の一位は歯周病だといわれています。歯周病は、歯や歯肉についたプラーク(歯垢)によって歯を支える骨が溶けてグラグラになり、やがては抜けてしまうという病気です。
歯周病の恐ろしい点は、歯への影響にとどまらず、毒素が体内の血管に回って血液を詰まらせることで、心臓病や脳卒中などのリスクも高めるなど全身へ影響を及ぼすということです。
日本では、成人の80%近くが歯周病だというデータもあります。健康で長生きするためにもきちんと今井歯科に来て頂き、定期的に歯医者さんの診断を受けるようにしましょう。

今井歯科コラム バックナンバー一覧